夢見るローズガーデン

ガーデニングとインテリアと日々の徒然・・・自由気ままに書いていきます

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

暖炉の季節 と House to Home

皆様 こんにちは。


時間が過ぎて行くのが本当に早いと感じる今日この頃です・・・


先日暖炉に火を入れました。

20170915_191154a.jpg


今、マルウにはいろいろな事を経験させています。
暖炉の火も、ルンバや掃除機、ヘアドライヤーなど、
できるだけ私達との生活や生活音に慣れるように練習中です。

またそれだけでなく、できるだけ何をしても怒らない子になるように練習しています。
ご飯を食べているときに、私や娘がわざと隣で食べる真似をしたり(笑)
(兄弟一緒にご飯をシェアしてきたマルウなので、これは問題ナシ!)
ご飯中に尻尾や耳を触ったり・・・
小さな子が周りにいる訳ではありませんが、お友達の子が遊びに来てくれて
食事中のマルウを触っても大丈夫なようにと躾をしています。


ハズバンド君がマルウが来て、House から Home になったね。
まるでパズルの最後のワンピースが見つかったかのようだなぁ。
これでパズルが完成したような気がする・・・
と言うような事を言いました。

私もまさに同じような事を考えていたから、それを聞いてびっくりしました!

私達、時々同時に似たような事を考えていて、それをどちらかが口にして
また同じこと考えていたんだね~って笑う事が多いんです♪

20170925_114744a.jpg




お花が気になるマルウ(笑)↓

20170925_114208a.jpg


この後、抱っこしてバラの匂いを嗅がせました。
怖くないよ~。ほら、いい匂いでしょ?


20170925_122220a.jpg

皆さんがご存知のように
私はこのように暖炉前にお庭からのお花を飾ることが多いので
マルウはこれからイタズラなどしないように、これも躾の一環です♪

なんだかまた子育てをしているかのような気分にさえなります(笑)



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

| Sweet Home | 23:27 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ERアラン様とローズボウルの仕組み

皆様 こんにちは。


昨日から娘のお友達が泊りがけで遊びにきてくれているのですが、
女の子はおしゃべりが楽しそう~!
寝坊して下の部屋に降りてきても、ブランチは二人で楽しそうにトーストを焼いたり
好きにヘルプユアセルフでやってくれるからティーンエイジャーはラクですね♪



さて、アラン様が今日も綺麗です。これをローズボウルに活けたいとおもいます♪

20170825_114300.jpg


ローズボウルにはこんな風に取り外しのできる金具がついていて・・・

20170825_121221a500.jpg


金具をボウルに載せまして・・・お水をいれて・・・

20170825_122142.jpg


あとは適当にお花を活けていくだけです。

20170825_122451.jpg


とっても簡単にブーケのような雰囲気♪

20170825_123916.jpg

ちなみに、私のローズボウルはシルバーププレートされているので、
きちんと磨けばピッカピカになるのですが、今日はもうこんな感じ・・・
アンティークだからこれはこれで良しとします(笑)

20170825_132840.jpg

お部屋にお花がある生活って良いものですね。


今夜はお友達と外食♪
これから支度をして行ってきますね。



☆最後まで読んでくださって、どうもありがとうございます☆

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| Sweet Home | 01:47 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

お庭のバラをローズボウルに・・・

皆様 こんにちは。

昨日私が寒い~と、文句をブログに書いたからか?!

今日は晴れてお日様の光を浴びることができました

やっぱりこのくらいの方がお掃除もやる気がでるなぁ~って思いました♪


この数日の雨で花びらが少し痛んでしまっていますが、
今日はお庭のバラを切ってローズボウルに活けてみましたよ。

お部屋の中に贅沢な香りが漂っています
20170810_121118a500.jpg


ローズボウルがカラのときに写真を撮ろうとおもっていつも忘れてしまっているのですが
ボウルの上部に取り外せる金具があって、お花を挿していくだけで
まあるい雰囲気に全体を仕上げることができます♪

20170810_121426.jpg


白い実はシンフォリカルポスです。スノーベリーとも呼ぶそうです。

お花に実ものを少し添えるだけで、ちょっぴりお洒落になった気がする・・・自己満足(笑)

20170810_121508.jpg


こんなふうにピンク色のベリーの品種もあるのですね・・・



皆さんのお庭にはどんな実ものがあるのかな~♪


☆最後まで読んでくださって、どうもありがとうございます☆



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| Sweet Home | 04:53 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

夏の暖炉&床の間のお花の思い出

皆様 こんにちは。


先日の低木たちの大移動のなかに、紫陽花がありました。

移動前にバッサリと切ってお部屋に飾りました・・・

20170731_143112.jpg


まだまだお花は一杯あったのですが、飾り切れる分だけ・・・こんな感じ↓

20170731_143027.jpg


祖父母の家で茶道を習っていた小学生の頃・・・
床の間には季節のお花が週替わりで活けられていました。

お正月などには祖母の趣味で大きなアレンジメントになっていることもありましたが、
大抵は千利休の教えを反映させた、こじんまりとした野の花やお庭から切ってきた一枝でした。

20170731_143403.jpg


一番印象に残っているお花は、お庭から取ってきたというネジバナ。

自分の結婚式のお花やブーケよりも、たった一本のネジバナのほうが
強烈に脳裏に残っているように思います・・・

同じ敷地内で暮らしていて、祖父の持っている植木もお花も
どこに何が植わっていると、全て知り尽くしていたと思っていた私には
こんなに小さくて可愛らしいお花を見過ごしていたなんて・・・と思ったのでした。

そして祖母が、こうやってお茶のときに活けられるように祖父が大切にしていると教えてくれました。

20170731_144445 (1)b

例え小さなお花であっても、昔の思い出を引き出してくれたりする
不思議な力がお花にはありますね。


今回は移動のためにバッサリ切った紫陽花を活けましたが
普段はこじんまりとお花を飾ることのほうが多いです。
それはきっと私の中で床の間のお花の印象が強く残っているからかもしれません・・・・


20170731_191442.jpg

ネストテーブルの上へ移動したら夕日が当たって幻想的だったので、また写真撮ってみました(笑)



☆最後まで読んでくださって、どうもありがとうございます☆

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




| Sweet Home | 20:54 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

シンプルなアンティークチェスト


皆様 こんにちは。


今日は久々にSweet Homeカテゴリの日記です♪


金曜日の朝に例のアンティーク兼ハンドメイドショップへと行ってまいりました・・・
アンティークチェスト、残っていましたよ~♪

レーベルには ”マホガニー1800年代 ファロー&ボールのペンキで塗りました”
というようなことが書いてありましたが、ホントかな?!
確かに素材はマホガニーだと思いますが、年代的には私のボウフロントチェストよりは後期のものだと思います。



最近では表面だけは木材で、中身が木を砕いたスカスカした感じの家具ってありますよね?
でもアンティークではそういう素材では作られていなくて無垢材家具なので、そういうところが好き♪
多少傷があったりヒビなどが入っていても、それが一つのキャラクターとなって愛着がわきます

もちろん無垢材の新品の家具も良いものが売られているのですが、我が家は1950年代のボロかわいいお家なので、
良い意味でくたびれた感じや古い家具のほうがしっくりくるようです。


引き出しは軽いから問題なかったのですが、本体は私と娘では車から出すのがやっとでした 
ちょうどハズバンド君が会社から帰ってきて二階の娘のお部屋へ運んでくれました!
ここへ置く予定です↓
DSCF1306a400.jpg


早速娘と一緒にお洋服をしまうことに!
ついでに断捨離して、お洋服を分けたら・・・なんとゴミ袋一袋分は要らないお洋服ですって~。
小さくなってしまったお洋服や、もうこれはあまり好きではないというお洋服たちはチャリティショップへ寄付します。

残したお洋服がほんの少しだけだから、チェストはスカスカ。
そして、今度新しいお洋服を見にいこう~!ですって。(笑)



私が使っているボウフロントチェストは、ドッシリ素材のウォルナットだから動かすのも大変だけど
引き出しの開け閉めも結構ずっしりな感覚があるんです。
でも、娘に買ってあげた今回のチェストは開け閉めが軽く感じる!
娘には使いやすそうです♪

色はこのまま塗り替えずに使う予定です。
せっかくのアンティークをペイントしてしまうって、抵抗がないわけではないのですが
アンティーク家具を受け継ぐ人が自分のインテリアに合うように色を変えて家具を楽しむというのは
ただ捨ててしまうよりかはずっと良いですよね。

ちなみに私のボウフロントチェストも色を塗って生まれ変わって
今はスッカリ主寝室に溶け込んでいますよ

過去記事↓
アンティークのボウフロントチェスト

アンティークのボウフロントチェストが生まれ変わりました

築60年のボロかわいいお家・・・生まれ変わりました


☆最後まで読んでくださって、どうもありがとうございます☆

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




| Sweet Home | 03:46 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT