夢見るローズガーデン

ガーデニングとインテリアと日々の徒然・・・自由気ままに書いていきます

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

幸せの独り占め



幸せは独り占めするにつれて、減っていく・・・
といった内容の記事を読みました。


自分や自分の家族だけがアドバンテージを受け、
幸せを受け取れれば、得だし、ラクだし、独り占めしておきたい!となるのでしょう・・・・

でも幸せを独り占めしている人は、やがて不幸になるのだそうです。
そもそも幸せを独り占めしようと考えている時点で、不幸なのだとか。 


幸せを増やしたかったら、皆に分け与えるといいのだそうです。
自分の分は減るけれど、分け与えることで周りのみんなが喜んで、
人間関係が良くなり、幸せがもっと増えるのだとか。







幸せの独り占めをするとどうなるのか、
現実に不幸になる怖さを知っているので、
真似できない・・・


自分は独り占めしていないかな?とか、自分の生き方はこれで大丈夫かなって
時々見直したいものですね♪







☆最後まで読んでくださって、どうもありがとうございます☆

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村










スポンサーサイト

| spiritual | 18:01 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

足だけの霊


数日前の夜中の出来事です・・・。
苦手な方はスルーしてください。




幽霊にも足ってあるんですよね・・・・
というか、この前見たのは足だけしかありませんでした・・・・。


マルウが夜中すぎにもそもそしていたので
(来たばかりの頃はケージで寝かせていましたが、マルウが病気になったとき以来一緒に寝ています・・・)
オシッコかなと、お庭に出そうと起きた時の事・・・
主寝室のドアを開けたら・・・

二階の廊下に、小さな細い足が二本スッと立っているのが目に入りました
膝下からだけで、ぱっと見たときにすぐに子供だと分かりました。


常連さんでもないですが、知っている子です。
不思議だけどなぜかいつも同じくらいの年齢で現れます。
多分成人の年齢に達しているはずなのに。



いくら自分で幽霊は怖くないって言い聞かせていても、
正直こういう時にはぞっとします。




私には何もできないから、お母さんのところへ会いに行った方がいいよ・・・・
って思ったのですが、
もしかしたら日頃からお母さんやきょうだいたちのところへ会いに行っているのかな・・・





一言で簡単に言い表せない事など、少しずつこのカテゴリーで書いていきたいと思っています。



☆最後まで読んでくださって、どうもありがとうございます☆


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村








| spiritual | 20:48 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ランブラー達&水子ちゃん・・・


皆様 こんにちは。


や~っと、ランブラーのアデレードドルレアンと、ポールズヒマラヤンムスクの選定が終わりました。



アデレードドルレアンはバラ園で有名なモティスフォントアビーで美しく咲いていた姿を見て気に入ってお迎えしたバラです♪

今年はモサモサになっていた枝をバッサリと落としました。
これでいいのかなって、あまり自信はありません。
20180111_144145a.jpg


残した枝はあとからよくみたら芽がすくなかったり
切ってしまった枝の方に芽がいっぱいついていたり・・・
でももうバッサリとやってしまったので↓これで今年どうなるかまた様子を見たいと思います。

20180111_144402.jpg

剪定した枝はシュレッダーにかけます~。

そしてこれからこの二つのランブラーをミックスして誘引するつもりです。





ここからは霊の存在を信じられない方はスルーしてください・・・・


私が日本に居たころは成人式と言えば1月15日でしたが
2000年からは1月の第二月曜日となったのですね。

私には水子ちゃんはいませんが(ハズバンド君にもいません。あ、もちろん家の娘にもいません。)
以前に水子の霊が私のところへやってきたことがあり、
(私は物心ついた頃から金縛りや、見えてしまうという母親譲りの霊感体質なんです
そういえばあの子はもしもこの世に産んでもらえていたら
今年が成人式だったのかな・・・・と、感慨深いものを感じました。
きっとその男の子のお母さんになっていたはずの方がきちんとご供養されている事だと思いますが
私も知っている一件だったので、心の中で神様のもとで幸せでありますようにとお祈りして、
そして成人おめでとうと気持ちを込めました。

その水子の霊はお母さんになるはずだった人の事をすごく大切に思ってくれていて
見守ってくれているようなんですよ・・・
例え自分がこの世に存在したことになっていない秘密事とされていたとしても
だからと言って、恨んだり祟るなんてことはしていません。
自分の存在が秘密であることでお母さんの幸せが今成り立っているならそれでよい・・・そういった感情のようです・・・
とても健気だと思いました・・・・




☆最後まで読んでくださってどうもありがとうございます☆

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


| spiritual | 09:36 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |