夢見るローズガーデン

ガーデニングとインテリアと日々の徒然・・・自由気ままに書いていきます

2013年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年10月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

キュートでオシャレな彼女のケーキは・・・

皆様 こんにちは。


ブログをお休みしている間に、また一つトシをとりました。

そして、おかげさまで少しずつ元気を取り戻している私です。
ご心配をおかけしました。
相変わらずマイペースな更新かもしれませんが、
ブログは細く長くつづけていけたらいいなと思っています・・・

今日はブログのお休みを取り戻すべく(?)長めの日記ですが、
ハッピーな日記ですので、読んでくださいね♪





私のスウィートキッチンでは、ここしばらく甘い香りが漂っておりました♪
キッチンを改装するまではオーブンどころかコンロもなく、
卓上コンロでの生活を一年もしていたので(笑)
ほんっとうに、新しいキッチンになって感謝!感謝!
特にお菓子を作るときは作業スペースが必要なので、ありがたさを実感します


今回の甘い香りは、自分用ではなく、お友達へのバースデイケーキ!
いつものように仲良しのお友達全員と一緒にレストランでご馳走を楽しんで、
そして、またホームメイドのケーキを持ち込ませてもらいました♪
イギリスではこのようにケーキを持ち込ませてもらえるので助かります~。
(日本も持ち込んでもいいのかな?!)

スペシャルなお友達へのバースデイケーキは、
その人に似合ったイメージや、趣味、好きなモノ、
一緒に過ごしてきた中でのエピソードなどをケーキに盛り込むようにしています♪

今回のお友達はキュートでいつも素敵なお洋服に身を包み、
美容やオシャレ心も満載な彼女・・・

そんな彼女のケーキは・・・
ラズベリー&ブルーベリーをトッピングしたチョコレートケーキに
私がデコったクッキーをプラス・・・。
28Sep13 024a28Sep13 033a
28Sep13 035a28Sep13 026a

クッキーは型を抜いてから、スティックを下に埋め込むように押し付けて・・・
そして普通どおりに焼くんですよ~。

お菓子作りが好きな方にはおなじみのロリポップスティックです・・・↓




これをチョコレートケーキにぷすっとさして立てるように飾るアイデアだったのですが、
先に立ててしまうと、私のケーキキャリア(ケーキを運ぶ為のプラスティックのケース)
に入らなくなってしまうので、レストランでバースデイガールからは見えない所で、
最終仕上げをすることにしました


お食事が終わる頃を見計らって・・・
粉砂糖を振りかけて、クッキーとキャンドルを並べて・・・Ready to go!!!

最後のこういった仕上げがいつもドキドキなんですよ~。手が震えちゃうくらい
一番緊張するのが、ケーキキャリアから、ケーキスタンドへと移動するときかな・・・
ここでケーキを落としてしまったら、大変ですから~。


レストランにはカメラを持っていかなかったので、携帯の写真ですが・・・
こんなふうに飾ったケーキをお友達の前へ運んでもらいました♪


               2013-09-27 20.54.51b


キュートな彼女のハッピースマイルをもらいましたよ♪
皆にも喜んでもらえて、嬉しかったです。


そして・・・
私までお祝いしてもらいました♪
お友達から頂いたカードはシェルフに飾りました。
バルーンとお花に囲まれて今日はちょっとゆっくり過ごそうかなと思います・・・


30sep13 023a30sep13 057a




ついでに・・・
来月からお菓子の習い事が始まる予定です。(定員に達したらスタートするらしいです
ずっと興味があったものの、自己流できてしまったので
きちんとお勉強をしようと思っています。
娘の習い事、自分の習い事、これからしばらくはバタバタしそうですが
コースが無事に始まったら、頑張ります~!



☆最後まで読んでくださってどうもありがとうございます☆

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
















スポンサーサイト

| Sweet Home | 19:46 | comments:23 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

チムチムニー・・・ ~秋の暖炉~


*赤字部分、追記させていただきました。

皆様 こんにちは。



ここ数日とても温かく、日本の秋を味わっているような
穏やかなお天気がつづいています・・・


あいにく私事では心穏やかではなく、気分はどんよりした雨雲が立ち込めて、時々雨なのです・・・
まだこの事に関しては、心に余裕がなくて文章にできません。
気持ちが少し晴れたら、皆さんにお話しようかなと思っています・・・
泣き言を書くつもりはなかったのですが、ブログのペースがスロウダウンして
ご心配をかけるよりも、先にお伝えしておいたほうがいいかなと思いました・・・

結論からすると、これでよかったんだ・・・というお別れがありました。
出会いの最初からお別れはわかっていたことだったのですが、
いざその日がきたら、思いのほか落ち込んでしまいました。
この事は後日皆様に思い出の写真とともにお伝えしたいと思っています・・・
ご心配をおかけして申し訳ありません・・・






22Sep13 167a



週末に煙突のお掃除をしました。

このお家に引っ越してきて間もなくに、煙突掃除屋さんに頼んで綺麗にしてもらったことがあります。

今回はお友達が煙突専用の掃除道具を貸してくれました♪

こんなブラシを使うんですよ!
22Sep13 071a


煙突から出てくる煤がお部屋に広がらないように
DIY用の古シーツをマスキングテープで留めて・・・
22Sep13 074a

そして、暖炉から上部の煙突を掃除していきます・・・

赤のやじるしの筒はつなげられるようになっています。
一番最初に先ほどのブラシをつけて、どんどんつなげて、煙突の頂上に届いたら
お掃除は終わり!

22Sep13 080a


ブラシがてっぺんまで届いたことをお庭から見上げて確認したら、
今度は、また一本ずつ筒を外していきます。
22Sep13 102a


暖炉を覗くと、煤が落ちています。
思ったよりも少なかったです・・・

22Sep13 105a
大きな掃除機を用意したけれど、使うほどではなく、ブラシで煤を掃いてすくってオシマイ!
煙突のお掃除って意外と簡単でした!



お庭のお花たち・・・秋を意識して活けてみました。

24sep13 018a



寒いのは苦手だけど、暖炉のパチパチという音を聞きながら
ゆらゆら揺れる炎を眺めて過ごす時間は格別で、寒いからこその楽しみ・・・

24sep13 019a


今年はどんな秋になるのかな・・・

(お返事が遅れがちなので、コメント欄は閉じさせていただきました。)

☆最後まで読んでくださってどうもありがとうございます☆


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| Sweet Home | 06:33 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ウォールシェルフ ラスト! ~フィニッシングタッチ~

皆様 こんにちは。

今日はやっと、完成の報告です~。

その前に、ウォールシェルフの仕上げ!

シャビー加工をしたシェルフに、ブライワックスをかけます。
私のはクリアで、ワックスをかけたあと、色は変わりません♪
私が施したシャビー加工で、ペンキともども剥げて、素材のパインが
むき出しになったところがありますね。
そういったところと、ペイント部分、せっかくシャビーな雰囲気を作ったので
このワックスで保護します。
そして、このワックス、優しい光沢を出してくれるんですよ。

17Sep13 030a
ブライワックスは英国生まれの優秀なワックスです♪

詳しい商品の説明や、使い方、色のバリエーション等、
こちらを参考になさってください↓




ワックスをかけて、これで完成!!!
(写真だとワックス後の質感がお伝えできないのが残念なのですが・・・)
17Sep13 035a

シャビー加工ビフォー・・・なんとなくキッチリしすぎてお堅い感じ・・・
17Sep13 004a

さらに、ペイントビフォー・・・うまれたてほやほやな感じ(笑)
15sep13 123a


このウォールシェルフの行き先は、キッチンです♪

なんとか順調に仕上がったなぁ♪なんて思っていたら・・・
取り付ける段階になって、問題が!!
このシェルフ、幅1メートル、高さが約74センチあります・・・
意外と重くて、予想していたよりも目立つ長いスクリューで設置しなければなりませんでした。

17Sep13 053a17Sep13 065a
17Sep13 062a17Sep13 061a

なので、残念なのが、そのスクリューがかわいくありません・・・
仕方がありませんが、ここは妥協(笑)あとでペンキを塗ってごまかします!




ここにはアンティークのキッチン小物をチョッピリ飾ったり・・・
18Se[13 010a

そのときの気分でスパイスやハーブなどを並べたりしようかな・・・
18Se[13 015a


とりあえずはこんな感じにしてみましたよ。
オリーブグリーンの壁に、グレイはピッタリかも。よかった♪
18Se[13 002a

皆さんに見守っていただいて、ようやくウォールシェルフの日記はおしまいです。

このウォールシェルフの完成後、オーダーが入りました!

え~???ってビックリでしょう???


注文者は・・・・

娘なんです~(笑)


なので、また似たようなウォールシェルフを作る予定でいます。
いつになるかなぁ~。



☆最後まで読んでくださって、どうもありがとうございます☆

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



| Sweet Home | 06:34 | comments:26 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ウォールシェルフ その3 ~シャビー加工~

皆様 こんにちは。


今日はシャビー加工について書きたいと思います。

シャビー加工って、意外と簡単なんですよ♪
しかも、下地の色と、トップコートの色を変えれば、いろんなバリエーションが楽しめます。


子供の頃にクレヨンでこんな絵を書いて遊びませんでしたか?
まずは画用紙に綺麗な色のクレヨンを塗って、その上から真っ黒のクレヨンで塗る。
次に上に塗った真っ黒のクレヨンをこそぐように絵を書いて、下地の色を活かした絵を書く・・・・
私のシャビー加工はまさにそういった感覚です(笑)
いつものごとく、自己流ですが、機会があったら、試してみてくださいね♪



先日の続きで、セカンドコートのペンキが乾いた状態からスタートします♪
17Sep13 004a



シャビー加工、エイジング加工で、何をするかといいますと・・・サンディングです♪

粗めのサンディングペーパーをそのまま使ってもいいのですが、
私は中に端材の木材を包むようにして、そしてサンディングしました。
こうすると、力が入れやすいです。
細かいところはサンディングペーパーを半分に折って、エッジをつかったり、工夫してみてください♪
17Sep13 006a17Sep13 007a


少しずつサンディングして・・・
私のやり方的には・・・
縦のラインの直線上を強めにかけて、さりげなく傷の位置に統一感を出したり・・・
17Sep13 021a


シェルフのエッジは何度もぶつかってペイントが剥げた・・・というような
イメージを思い描きながら強めに・・・

17Sep13 025a
その反面、内側は普段はペイントが剥げる衝撃は少ないでしょうから、
小物が当たって少し剥げた、もしくは、掃除を繰り返して、ペイントが少し薄くなった・・・
そんなイメージで、内側は軽めにサンディングしました。

このあたりは、皆さんのお好みの仕上げ方で♪
イマジネーションを最大限にいかして、ここにはこんな傷、ここは軽いスクラッチ・・・
こっちはペンキの色落ち・・・
などなど、あまりどこもかしこも同じようにサンディングするのではなくて、
ストーリー性を持たせてあげるときっとうまくいきますよ♪




ここで、私が下地に白を選んだ訳を説明しますと・・・

下地を白にしておくと、
軽いサンディング → 白
強いサンディング → 木
結果、明るく軽めの仕上がりになります。(もちろん、トップのペンキの色にもよります)

もっと汚れた感じや、もう少し重みのあるアンティーク風がお好みの場合は、
予め、一番最初のペイントをシッカリとダークなカラーで塗るといいです。
↓(先月の写真ですが)このようにダークな下地だとシャビー感というか、みすぼらしさがアップ!
13aug13 076abc

これはあえてサンディングしたわけではなく、
引越しや日常の生活の中で下地の色がでてきたものですが(笑)

もっと近くで見てみると、こんな感じ・・・
18Sep13 001a


以下のアンティーク品は私が加工したのではなく、
購入したときに、このようになっていました・・・

今はグリーンだけど、以前は赤だったみたい・・・
18Sep13 005a

白の前はセージグリーン。
18Sep13 006a

こんなふうに古いものは何度も色が塗り替えられてきて、
それでいて、下地やウッドが見えているのが魅力なんですよね・・・

色の組み合わせ次第で大胆なシャビーも演出できるし、その可能性は無限!
絵を描くのとはまた違った、引き算のような色の出し方をぜひ、楽しんでみてくださいね♪


さて・・・私の真新しいパインのウォールシェルフは
優しい古さで、シャビーになりましたよ♪
17Sep13 027a17Sep13 044a

次回はフィニッシングタッチ・・・完成を報告します!

☆最後まで読んでくださって、どうもありがとうございます☆

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| Sweet Home | 06:53 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ウォールシェルフ その2 ~下地とペンキ塗り~

皆様 こんにちは。


↓彼小屋と鳥小屋・・・どちらもDIY・・・
プロの方のような完璧さには欠けるけれど、
一生懸命に仕上げたところや、やり直した跡など・・・
ところどころに温かみが感じられる出来映えです♪
15sep13 088a15sep13 086a
15sep13 115a15sep13 114a

彼小屋の中で作ってもらった、私のウォールシェルフ・・・
これも同じように温かみのある存在となりそう♪



さて、今日はペンキ塗りについてです!


ここからは私が作業をします~。

寒かったので、お部屋の中に運んでもらいました。
サンディングをざっとして、これからペンキを塗ります。
15sep13 123a




今回の仕上がりのイメージは明るく清潔感のあるシャビーを目指します(笑)
本来、シャビーという意味はみすぼらしいとか、ボロい・・・というような意味なので、
清潔感があるシャビーというのも変な表現なのですが、
なんちゃってシャビーシックという事で~。


パイン材の木目や、作業中にできた小さな傷や凹み・・・
こういったものも意外とシャビー感がでていいものなんですよね!

もっと傷や凹み等をつけたい方は、金槌でガンガンしたり、
釘で線を描くように傷をつけたり、
道路や砂利の上でざらざら~と表面に傷をつけたり・・・
いろんな手段で、お好みで古さを演出してみてください♪
心配な場合は、少しずつ試しながら傷をつけることをお勧めします。

とはいえ、ムリにたくさんの傷や凹みをつけなくてもいいのですよ~。
私は、今回のシェルフはハードな古さよりも、
優しい古さに仕上げたいので、このまま作業に入りました。

まずは、白いペンキで下地をざっと塗り、乾かします。
この下地もお好みで・・・全部にべったり塗ってもいいですし、
私みたいにエッジはシッカリ、でも内側はさらっと少しだけというのでも大丈夫です。

この下地塗りが、後のシャビー加工に繋がっていくので、心に留めておいてください~。
(シャビー加工については次回に詳しくお話したいと思います♪)
15sep13 133a
ちなみに、このような立体的なものは刷毛のほうが塗りやすいです♪
(壁のペンキ塗りは平面なのでローラーやパッドを使うほうが早いし綺麗ですが・・・)



今回、私が選んだ色はグレイです~。
16Sep13 001a


家具をペイントするときに、色が心配な方は、
目立たないところ(家具の裏側など)で確かめてから全体を塗るようにしてくださいね・・・

16Sep13 006ab


ペイントのコツというか、私が思っていることは・・・
木の向きや家具のディテールにそって刷毛を動かしていくと綺麗に塗れます。
16Sep13 007ab


ワンコート終了!
16Sep13 013a



夜のうちにセカンドコートまで塗り、翌朝・・・完璧に乾きました。
(でも、写真だとあまり変わって見えませんね?!>)
17Sep13 004a


ペンキが乾いたら、いよいよシャビー加工をしていきますよ♪

17Sep13 006a17Sep13 007a

でも、長くなってしまったので・・・
次回へと続く~~~(笑)

お返事がおくれてしまいそうなので、今日はコメント欄を閉じさせていただきました・・・

☆最後まで読んでくださってどうもありがとうございます☆


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



| Sweet Home | 06:32 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT