夢見るローズガーデン

ガーデニングとインテリアと日々の徒然・・・自由気ままに書いていきます

2013年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年12月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ささやかな日常・・・

皆様 お久しぶりです!


ブログを休んでいる間にもご訪問いただきまして、
どうもありがとうございました!


普段の日常に戻って、日ごろの何気ない生活にも
小さな幸せがちょこちょことあるものなんだなぁ~って、改めて思ってる今日この頃です。

そして、すっかり私の日常の一部となっているのがこのブログ。
これからも、ささやかな暮らしと、へんてこDIY、荒地のようなお庭の様子を
マイペースに綴っていきますよ~。

皆様のところへもお邪魔して、キャッチアップするのが楽しみです~!!!
この記事をアップしたら、早速遊びに行きますね!



クリスマスまで、ジェットコースターのようなスピードで
毎日が過ぎていきそうです(笑)
28Nov13 002a


今日からまたブログ村にも参加しようとおもっています。
こちらに参加することで、また多くの方との出会いのきっかけになることを願っています。
お気軽にコメントをくださいね!
もちろん、読み逃げもオッケー!

これからもどうぞ仲良くしてください♪

ゆー2010

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村














スポンサーサイト

| 日々の徒然 | 20:14 | comments:22 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

opportunity ~雛鳥との日々~

皆様 こんにちは。

先日のブログでは温かいコメントをどうもありがとうございました。
雛鳥が親鳥となって、またお庭に来てくれる日を夢見ている私です♪


まず、お知らせです・・・

しばらくの間、リフレッシュタイムを取ります。
そのため、ブログもお休みします。
元気ですから、心配しないでくださいね♪

それと、いつも皆様からブログ村の応援もいただいていますが、
こちらも不参加にいたしますので、
どうぞ、お気遣いなく。




今日は雛鳥との日々を書きまとめました。

お時間がありましたらどうぞ・・・

(今日も長文なので、BGMを用意してみました♪)





雛鳥を保護した日、とりあえず家にある紅茶の箱とワラの寝床をつくりました。

17Aug13 023a


インターネットで調べてみると、この、レン(Wren) という雛鳥は
種などを食べる鳥ではなく、虫を主食にするということだったので、
保護した日は急いでミミズをお庭から取ってきて与えました。
(ちなみに、日本語の名前はミソサザイというようです)

怖くて虫が触れないので、私はお箸をつかいました。
あとからハズバンド君がピンセットみたいなものを見つけてきてくれたので助かりました♪
それでつまんで雛鳥の口の近くに持っていくと、
ピーピーと大きな口を開けるので、一度に飲み込めるサイズに餌を切ってあげていました。
(実はこれが、私にとっては拷問のように怖い作業だったのですが、
これも雛鳥のためになんとかやりましたよ・・・)

親鳥は15分から20分おきに小さな雛に餌を与えるようなことがネットに書いてあったので
最初の数日間は15、20分おきに虫をあげていました。
こんなことが出来たのは私が専業主婦だったからかなと思います・・・
雛鳥を保護してから、雛鳥中心の生活がつづき、
私は買い物に行っても、気になって気になって、すっ飛んで帰ってきていました(笑)

野鳥は自分の巣を汚さない習性があるようです。
紅茶の箱にワラを入れただけでは、フンがしずらかったみたい。
なので、お尻が出しやすいように、娘の小さな靴下を丸めて座らせてみました(笑)
そしたら、このくぼみがお気に召した様子!
そして、ここからお尻を突き出すようにしてフンができて、満足だったみたいです♪
17Aug13 055a


でも、ずっと靴下の中ではすごせないので(笑)
大き目のダンボールに、お庭からの木を切っていれて、
ワラでできたような巣を買ってきて、箱にひっかけました♪

21Aug13 011a
最初の頃は、まだ足元がシッカリしていなくて、枝から落ちるということが度々ありました・・・

雛が足を痛めているのかと思ったほど、足の向きも変だったので心配していたのですが
次第に足の向きも定まり、枝につかまるという事を日々習得していきました。


餌はさすがにずっとミミズを取っているヒマはありませんから、
ミールワームという生きている幼虫を買って来ました。
でも、これも体長が5センチもない雛鳥には
大きかったので、半分に切って与えました。

私が雛鳥の口の近くまで毎回餌を持っていっては、雛鳥は自分で餌をとるということが
学べなくなってしまいます・・・

お母さん鳥だったら、どんなタイミングで教えるのか分からなかったのですが、
試しに小さなアブラムシを封筒に捕まえて、
お家の中の薪の上にまきました。
赤のやじるしはアブラムシ達です(笑)
(実はこれも私は大群が苦手で、勇気が要りました)
24Aug13 011ab

アブラムシが歩き回ると、雛鳥は自分でついばんで食べられるようになりました!
最初は下手でアブラムシが薪から脱走してしまうこともありましたが
後半は本当に上手に食べていました♪
24Aug13 015a


雨が降ったあとに、この生垣のところに連れて行って
葉っぱのしずくをくちばしにつけてやりました。

29Aug13 116a

すると、葉っぱからお水が飲めるんだ!って分かったみたいなんです♪
このとき、私は自分が雛鳥のお母さんにはなれないけど、
なんとか分からせてあげられることができた!って嬉しかったんです!

家の中の水も時々私がダンボールの上から、
水をパラパラとまいて、枝や葉っぱから飲めるようにしていました。



全く飛べなかった雛鳥も少しずつ飛べる距離と高さが増していきました。
22Aug13 032a


実は過去のブログの写真の中にも、この雛鳥ちゃん登場していたんです(笑)
この写真↓ 
22Aug13 023ab


お部屋の中のダンボールの枝が自分の居場所だと分かっていたようですが、
飛べるようになってからはドライのアジサイもお気に入りでした。
22Aug13 027a


クッションではボタンでくぼんでいるところが
お昼寝スポットでした(笑)体にくぼみがフィットして、丁度よかったみたい!
22Aug13 008a

虫を自分で取って食べるようになり、水も上手に飲めるようになり、
そして寝床を探し、ある程度飛ぶこともできるようになってから
外での暮らしが始まりました!

29Aug13 231a


こんなふうに池を眺めたり・・・
26Aug13 026a

お腹がすいたら虫を食べに来て・・・
2Sep13 029a


こんなふうに手のひらには夕方しか来なくなり、
次第に私たちから離れていく準備が、
雛鳥にもできていたようです。
26Aug13 139a


試行錯誤の日々でしたが、楽しい毎日でした♪

このレンという鳥は寒い冬は仲間と一緒に体を寄せ合って
厳しい冬の寒さを越えるのだそうです。
こんな小さな鳥でも、お互いに助け合って生きているのですね・・・
人間もそうでなくちゃいけないなって思いました。
動物や自然から大切なことをまた教えてもらった機会となりました。

そして、これからも野鳥が遊びに来れるようなお庭作りを目指して
頑張ろうと思います♪

今日も長い日記にお付き合いくださいまして、どうもありがとうございました!

ではでは、少しの間お休みしますが、
戻り次第みなさまのところへお邪魔しますね♪

ゆー2010









| 日々の徒然 | 09:40 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

I miss you...

皆様 こんにちは。


今日は私が以前に少しだけ触れたことがある
これでよかったんだ・・・・というお別れがあったときの話なんです・・・。

文中の 「私」 は私、本人で
「アナタ」 はハズバンド君ではありません。

とても長くなってしまったので、アップしようかどうか迷ったのですが・・・
どうぞ、興味のある方だけお読みくださいませ。

(あまりにも長文なのでBGMを用意してみました↓)
 







深い森の木々に、暖炉の灰をまぶしたような・・・

そのときの私の心の色を例えるならばそんな色。

でも、きっとこれで良かったんだと思う。






最後にアナタの後ろ姿を一瞬見たとき、隣にいたのは誰だったのだろうか。

もちろん、そんな事はどうでもいいことなんだけど・・・

アナタが幸せなら。
それでいいんだもの・・・

でもね・・・
あまりに突然の別れだったから、悲しくなったの。

本当は子供みたいに大声で泣いてみたい。
でも、私は大人だし、もちろんそんな大声で泣いたりはしないわ。

アナタはとってもとっても若いし、自由よ・・・
未来があるし、広い世界に羽ばたいたほうがいいに決まっているし、
そういう運命なのよね。

出会ったときから、この別れは予想していたわ・・・
覚悟を決めてアナタとの距離を縮めたのは
夏も終わりに近い、寒い雨の日だった。


早起きなアナタと寝坊しちゃう私。
目が覚めるとアナタはもう出かけていて、
庭で日が沈む頃にゆっくりと一緒に過ごせるのが楽しみだった。

美しい丸い月を見上げていたとき、アナタは何を思っていたんだろう。
アナタがいなかったら、月をゆっくりと眺めることもなかったと思うわ。
私は自然を楽しむことを忘れかけていた気がする・・・

眠そうにしているアナタの背中にそうっと指先で触れては
いつまでもこんなふうには過ごせないんだと切なくなった。
胸の内側から込み上げてくる感情を、何度隠したことだろう。

不意にアナタが私の首筋をくすぐることがあったでしょう、
あんなふうに年甲斐もなくキャッキャと笑ったのはいつ振りだったろう・・・
オバサンだってたまにははしゃぐものよ。


アナタは私の癒しの存在だった。
一緒に過ごした時間は宝物・・・

これで良かったんだ・・・って思うようにはしているの。
幸せならいいんだけど・・・

でもね、やっぱりアナタに会いたい気持ちは今も変わらない。

もしも疲れたら戻ってきて・・・
私の元でおもいっきり羽を伸ばすといいわ。

これからもずっと待ってる。

I miss you...



詳細は続きにて↓

≫ Read More

| 日々の徒然 | 06:38 | comments:32 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

あの便利アイテムをフル活用・・・

皆様 こんにちは。

これ↓ 私の思いと同じなんです・・・
2Nov13 025a

ハウスは壁と梁でできている
ホームは希望と夢でできている

というような意味なんですけど、日本語にすると、
どちらも「家」になってしまうので、カタカナで書きました・・・

私たちのボロかわいいお家はまさに希望と夢をかなえていくお家。
少しずつ生まれ変わっていくお家の様子を伝えられたらと思います♪


さて・・・
このようなキャンバスパネルや、鏡、壁用のオーナメントなどを飾るとき、
ほとんどの場合において、ネイルを壁に打たなければなりませんよね・・・

ただなんとなく適当に壁に穴を開けて、飾ってみたらバランスが悪い~!
なんて事がないように・・・

壁にかけるものと同じ大きさの型紙(新聞紙などで作る)を使って
飾る位置を確認する
といいですよ♪

お察しの通り・・・
そうです、「あの便利アイテム」とは、ブルタックのことです(笑)
2Nov13 015a2Nov13 016a
2Nov13 017a2Nov13 020a

ブルタックを適当に型紙にいくつかくっつけて、
壁にはって位置確認をしてから穴を開ける!!

こうすればむやみやたらに壁に穴を開けることを防げます。





もちろん、こういうのって、二人で作業すれば、
どちらかが持って、片方が少し離れたところから位置確認をして
「こっちこっち、もう少し上~!」なんて指示をすれば簡単なのですが、
この日は私一人だったので・・・

それと、鏡やシェルフのように重いものは
持つ側としては早く決めて~ってなっちゃうので、
そういうプレッシャーの中で確実な位置を決めるのも難しいですよね・・・
なので、特に重たいモノの場合はこの方法がラクでいいかな~って思います♪
機会がありましたらお試しください~。


2Nov13 029ab

(お返事が遅れてしまいそうですので、コメント欄は閉じますね)


☆最後まで読んでくださって、どうもありがとうございます☆


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| Sweet Home | 06:57 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

バラ チョッピリ・・・ お掃除のBGM

皆様 こんにちは。

今日は久しぶりにお庭のバラです。

でも、本当にチョッピリだけ・・・


ヘリテイジ
6Nov13 026a


グレハム・トーマス
6Nov13 027a


クイーン・エリザベス
6Nov13 031a



ここ最近は雨が毎日のように降っています・・・

それでお家の中で音楽を聴きながらお掃除などをしています。

いまのところは外の気温はそれほど寒くはないのですが
これから徐々にキリリと空気が張り詰めた朝がやってくるでしょう・・・

そんなヨーロッパの冬・・・

ヴィヴァルディ 冬 第一楽章 のドラマティックな曲を聴くと・・・
私は張り切ってお掃除ができるのです(笑)

↓音楽界のデイヴィッド・ベッカムと紹介されていたデイヴィッド・ギャレット
ニコッと余裕の笑顔がステキ




☆最後まで読んでくださって、どうもありがとうございます☆

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| garden | 07:16 | comments:17 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT