夢見るローズガーデン

ガーデニングとインテリアと日々の徒然・・・自由気ままに書いていきます

2013年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年02月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

バスルームDIY5 *配線の移動&排水パイプの作業*

皆様 こんにちは。

古いお風呂を破壊してしまったから、私たちはお風呂に入れません~!

という事はありません!大丈夫です♪

さすがにキッチンのシンクでお風呂は代用できませんから



新しいお風呂は届いていて、リビングで待機していました♪

24Jan14 080b 24Jan14 035abc
先日の写真ではわかりづらかったとおもいますが、
既にお風呂用のタップ(水栓)はここにできています。↑
(もちろんこれは先日破壊した古いお風呂↑)

この位置に新しいお風呂を仮置きして、もちろん排水パイプも仮止めして、現在はお風呂に入れる状態です♪
でもDIY作業のときにはシーツを被せたり、移動したり・・・新しいから汚したくなくてドキドキしちゃう(笑)



さて・・・
フェイクウォールを取り壊したときにプラスターボードの中にはいくつか電線が配線されていました。
これらを新たなプラスターボードの裏側に隠れるように移動させます。
床下と天井に穴をあけて、電線を移動・・・
天井からロフトにもって行った電線は彼がまたきちんと処置をしてくれました。
もちろんこの間は電気は止めて作業です。

彼はこういった電気とかも得意なんですよねぇ。(私なんて電球も怖いから電球の交換も彼の役目)
でも!!!得意といっても・・・所詮はド素人のDIYですから、間違っていたり、
知らぬが仏でテキトウなところもあるかもわかりません
あくまでも我が家のDIYの日記ですので、レクチャーではありませんよ~
こうやるんだー?なんて真似して失敗のないようにしてくださいね!

25Jan14 034a 25Jan14 046a


次にフェイクウォールの天井部分の残りを撤去。 (赤線の部分です↓)
25Jan14 042a 17Jan14 006abc

配線作業と、新しくシャワーが取り付けられるようにパイプの作業もしてからプラスターボードを設置しました。        (アフター↓)                  (ビフォー↓)
25Jan14 050a 21Jan14 064a

この水色のプラスターボードは水周り専用(ここにシャワーを設置したいので)のものです。
通常のプラスターボードよりもズッシリしています。運ぶのが大変そう・・・

我が家のバスルームはユニットバスではないので、このような特殊なプラスターボードが必要でした。
日本のお家も水周りはこのような水周り専用のプラスターボードがあるのでしょうか???
お家の造りも日本の規制とこちらでは違うでしょうから、いろんな資材の違いがありそうですよね!
こういうところはとても興味深いです♪
日本のお家は耐震性もあるので、参考にしたいことがたくさんあります!



イギリスのお家はレンガが二重に積まれて壁ができています。
最近は内側にはブロックを積んで、外側だけがレンガというのが普通のようですが
この時代(1950年代)は外側が赤レンガ、内側はベージュのレンガだったようです。
排水パイプを家の外側に通すために、内側のレンガと外側のレンガに穴を開けました。(黒い○で囲った部分)
もちろん、パイプを通して周りは隙間だらけでスカスカですから、
きちんと最後には壁の処置をしなくてはなりません。このままだと隙間風が入りすぎちゃいますからね(笑)
25Jan14 058ab 24Jan14 028a
↑赤のやじるしたちが今回新たに設置した排水パイプ。
ピカピカの銅管は先日設置した水道の供給パイプです。
新たなレイアウトに伴い、このような見えない部分の作業は本当に大変そうでした・・・

早く私が手がけられる内装の段階になって欲しいのですが、(電球に触れない私でも、タイルを切って貼ることはできるのです♪)
平日は彼も仕事があって、少ししか進んでいません・・・
でも、確実に一歩一歩完成に向かっているので待っていてくださいね♪



☆最後まで読んでくださって、どうもありがとうございます☆
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| Sweet Home | 08:01 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

バスルームDIY4 *重過ぎる鋳鉄のお風呂*

皆様 こんにちは。


我が家の古いお風呂は生きたアンティークといいますか、鋳鉄の足つきのお風呂です。
と、言っても、猫足ではありません。
外側にはホーロー加工はなく灰色の鋳鉄のままで、綺麗な加工は内側だけ。
なので、側面はお風呂用のパネルで覆っていました。
↓写真ではパネルは既に撤去してあります。     ↓古い足
21Jan14 063a 24Jan14 001a
 


鋳鉄にホーローが焼き付けてあるお風呂は最近はお値段がいいです。
新しく鋳鉄のお風呂を買うとなると、我が家は予算オーバーになってしまうほど・・・
そんなお風呂を捨てるのはもったいないような、
更にはかわいそうな気持ちにもなりましたが、
60年使われたであろうお風呂・・・そろそろ引退。
ホーローを再加工してリサイクルして使うほどのコンディションではありません・・・
24Jan14 035ab


問題は・・・この鋳鉄のお風呂は非常に重い!!!
ハズバンド君がネットで同じ年代のお風呂の重さを調べたら120キロくらいだって
彼一人では運べないし、私にはお手伝いできる重さではないし、
いくら彼のお友達が手伝ってくれるとオファーしてくれても、
120キロのお風呂を運ぶお手伝いなんて、申し訳なさすぎて頼めません・・・
ここは業者さんに頼むしかないかなって思っていました。



でも・・・結局彼は「ハンマーとツルハシで壊す!」って~
破壊中↓
24Jan14 039a

これが、ものすごいウルサイ~。
騒音のためのイヤーマフをつけて、セイフティーゴーグルも装着!

ガンガンたたいて・・・

思いのほかあっけなく、ガッターンと真っ二つに割れた

24Jan14 043a


そして、お風呂は3つに分けられました・・・
24Jan14 053a


シャワーヘッドとタップをもって、これで運べる~、やったねぇ~のシャワーダンス(笑)
24Jan14 076a
あ・・・ぜんぜん関係ないことですが、いつも同じTシャツですが
ちゃんと洗っていますからね(笑)このいらないTシャツは二枚あって作業着になっています。
(でも・・・ジーンズは洗ってませんもう、穴があいているヤツを一週間は着ているかも!?)


よし、キミよりは軽いから運べるよ・・・だって なぬ~?!その一言は余計だ
でもハズバンド君、ものすごく頑張ってくれていて、感謝感謝です。
休みも返上してDIYですから、かわいそうなくらい
それでも彼曰く、普段は会社で座っている仕事だから、こういうビルダーのような仕事は
エクササイズ代わりだってポジティブなんですよ♪
応援だけの私は、最近はあまり頑張らなくていいからねぇって声をかけてます・・・
24Jan14 079a




鋳鉄のホーローのお風呂には、今までどうもありがとう・・・と感謝の気持ちを伝えました。
良いものは何十年という長さで使えるということをこのお風呂が教えてくれた気がします・・・


☆最後まで読んでくださって、どうもありがとうございます☆

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| Sweet Home | 06:54 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

バスルームDIY3 *爆弾が投下されたかのような・・・*

皆様 こんにちは。


フェイクウォール(ブロックではない壁)の取り壊しです・・・


21Jan14 056a


たとえニセモノの壁とは言え、壁としての役割を果たし、
タイルもきちんと施工してあるので、壊す作業は力仕事です・・・


↓このおちゃらけたポーズ(笑)まるで、爆弾を投下されて、吹き飛ばされる瞬間のよう?!
                         この穴を開けたやじるしの部分がフェイクウォール↓
21Jan14 059a 21Jan14 054a

フェイクウォールを一部残して、撤去・・・それがこの写真↓ すごい散らかって、家の中ではないみたい
21Jan14 070a 21Jan14 061a

↓一番上の写真のタイルが貼ってあった面はこのように全面のプラスターボードも取りました。
21Jan14 075a

大きな頑丈なビニール袋に、タイルやプラスターの壁の残骸を入れて(←私が)
何十キロという重さの袋を二階のバスルームから運び出しました。(←彼が)

この大量のゴミは荷台に積んで車で牽引して専用のゴミ捨て場へもって行きます。
DIYはこのような廃棄の作業も大変です。(←彼が)


こうやって、ブログで報告していると、私って何をやってるんだろう??って思うでしょう?
今のところは(?!)お片付けを手伝うくらいしかできなくって
あとはお茶をいれたり応援~(笑)
普通のサラリーマンなのに、家に戻ってきてからも、週末もDIYで、かわいそう~ね~。


ところで、どうでもいいことなのですが、このバスルームの壁の色は
私が選んだ色ではありませんよ~。
前住人の方の趣味です~。

でも・・・この落書きは・・・以前に余ったペンキで私が描いちゃったもの。
そしたら娘まで色鉛筆で落書きして、にぎやかな壁になっています(笑)
バスルームが新しくなったら落書き禁止です!
21Jan14 077a


☆最後まで読んでくださってどうもありがとうございます☆

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村





| Sweet Home | 05:56 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

バスルームDIY2 *配管作業*

皆様 こんにちは。

今日は配管作業について・・・

配管作業はDIYオタクの粋というか、私の周りでもDIYする人は稀です。
単なる壁紙張りとは違って、かなり面倒だからかも
日本だと、おそらく資格をもった方がこのような配管作業をしなければならないかもしれません・・・
私のブログではあくまでもイギリスでのDIYですので、
配管作業は皆さんは専門家の方に相談してくださいね。

この青い道具は銅管を曲げる道具です。
イギリスでの水道管はこのような銅管が使われていて、普通にホームセンターのようなお店で購入できます。
21Jan14 001a

このように曲げたい位置にパイプをセットして・・・
押さえ込むようにしてから、むぎゅ~っと青いハンドル部分を引き寄せると曲がる仕組み!
21Jan14 006a 21Jan14 007b

曲げるとこんな感じ・・・
24Jan14 020a

このような作業をすることもあれば、市販の銅管を繋げるためのT型の管や
L型の管などを溶接してつなげたりもします。


溶接はこんな感じ・・・このワイヤーみたいなのを火であぶりながらくっつけていきます。
21Jan14 023a 21Jan14 027a

この作業は時間がかかりますが、きちんと溶接ができていないと水がもれて
大変なことになりますから、ダブルチェックです!





前回触れましたが、今回のバスルームはお風呂もシンクもトイレも
ぜんぶ位置を変えます・・・
たくさんの新しいパイプを通さなければなりません。

このように床板を持ち上げて、現在のお風呂に供給している水道栓からつなげていきます。
この作業は床板を持ち上げられないような場所では壁にそって銅管を取り付けて、
その後にプラスターボードなどで隠すという手段もあります・・・
今回はどこまで床下にパイプを隠せるかはまだ挑戦中です。
21Jan14 004a


水が流れるということは排水パイプも新たに作らなければなりません。
私の得意な(?)壁紙張りは、ぱっと張ってドラマティックな生まれ変わりが簡単にできますが、
このような目に見えない部分のDIYほど実は大変なんですよね。
ドラマティックさはないけれど、隠れた部分のDIYは縁の下の力持ちみたいな感じ・・・



まだまだ、先は長い道のりです・・・

バスルームのDIY日記はその日ごとではなく、
作業のメモ書きのように綴りたいと思っています。
できるだけ写真を載せようと思っているので、多少日にちの前後があります。
そして、築60年の古い家なので、床下や梁や壁にはクモの巣があったり
ものすごい古めかしい汚れもあって、見苦しいことも多いですがお許しください。

それと我が家のバスルームはリニューアルしても狭いです
でも、小さなスペースでもこんな事ができるんだ♪って思ってもらえるような
そんな空間にしていきたいと思っています♪


☆最後まで読んでくださって、どうもありがとうございます☆

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


| Sweet Home | 02:25 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

バスルームDIY1 *タイルはがし&洗面所がない生活に・・・*

皆様 こんにちは。


我が家のバスルームは壁の下半分にタイルが貼られています。

この古いタイルを剥がしていきます。
剥がす前に、ここにあった、セントラルヒーティングのラディエーターを
取り外すというちょっとした面倒な作業もありました・・・
(もちろん、彼が外して、私はいまのところ出番ナシ



この家のタイルはかなりシッカリ施工されていて
私の力では無理!頑張って~。
21Jan14 041a

ちなみに、床はタイルもどきのビニール床で、ただ剥がすだけ!
床がタイルだったら、果てしなく大変な作業になるところでした・・・


破壊作業はどうしても家の中にホコリや塵が舞って、
私たちの暮らしは当分は快適からは程遠い生活になります。
でも、こういうのにはだいぶ慣れました(笑)
そしてDIYの後はいつも大掃除!

この日は配管作業なども少し手をつけていたので、水の元栓をとめて
半日ほど水が使えませんでした。
なので、娘を連れて私はお出かけをしていました。

そして・・・
ビックリしたことは、予告なく洗面シンクが撤去されていたこと(汗)
仕方ありませんからしばらくはキッチンのシンクで顔を洗うということになります。
我が家にはバスルームは一つだけですから、不便ですが、頑張ります~。
いざとなったら車で10分ほどの義母のお家で
お風呂は貸して貰う予定♪

暮らしながらのDIYって、タフになりますよ(笑)

アフター↓                      ビフォー↓
21Jan14 046a 17Jan14 006ab


アフターの写真の右側の壁に、穴があるでしょう?
この壁はこの前お話したように、撤去する予定の壁です。
木の枠組みにプラスターボードが張られているだけのもので、
以前から私達はここがフェイクウォールだという事は知っていました。
それで、どのくらい簡単に壊せるのか、試しに穴を開けました。
普通でしたら、イギリスの家は家の中専用のブロックが積まれていて、
簡単には壁を移動したり撤去できません・・・壁の中が空洞ということはほとんどないです。
今回はとてもラッキー!!!

(どのようなブロックかは過去記事に写真がありますので、気になる方がいらしたら見てみてくださいね♪↓)
リフォーム二日目と宿題


ドアの木枠をはずしていきます。
21Jan14 047a

こんなふうに外して、壁の破壊の準備・・・
21Jan14 051a 21Jan14 053ab


文章にすると、なんとなく簡単にまとまってしまうのですが
とっても大変そうでした。

ビルダーさんに頼めばプロですからもっと早く作業も進んで、仕上がりも綺麗かもしれません。
でも、とってもお金がかかります・・・この国の消費税は20パーセントなので
材料費や工賃に税金がのってくると痛い出費になります。
なので、できるだけDIYをして、その分で好きなモノをそろえて行きたいと思っています。

今回のバスルームは、ただシンクやお風呂を新しくするというだけではなくて
レイアウトもすべて変えます。
なので予想どおり、配管作業が難しそうです・・・
次回は配管作業について触れたいと思います。

☆最後まで読んでくださって、どうもありがとうございます☆

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| Sweet Home | 06:33 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT