夢見るローズガーデン

ガーデニングとインテリアと日々の徒然・・・自由気ままに書いていきます

2016年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年06月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

車窓紙芝居

皆様 こんにちは。

ここしばらく一方通行のブログになってしまっていてすみません・・・


この4日間、シュガーフラワーのディプロマコースの為Bath(バース)まで通っていました。
朝の6時半には駅のホームで朝日を浴びて、約一時間半電車の旅・・・


初日に車窓からの流れる風景の中に佇む一頭の鹿を見かけました。
そしてそのあとまたすぐにピョンピョンと跳ねていく二頭の鹿を見たのです。
読もうと思っていた本に目を落とす時間も惜しく、
連日イギリスの美しい朝の景色を楽しむことにしました。


野原には野生のウサギが群れていたり、キジがひょっこひょっこと歩いていたり・・・
ファームのフィールドにはこの春にうまれたらしき赤ちゃん羊がママにまとわりついていたり。

清清しい小川のほとりにはその水の美しさに比例した美しさを放つ白鳥がいて
レースのように薄くなった月が優しく空に残っている。

横に広がる風景を時々木々が遮り、全く広い景色が見えなくなることもある。
でもそれは、まるで子どもの頃に好きだった紙芝居の次のページが出てくるまでの
ワクワク感に似ていた。
その期待は裏切られず次に目に飛び込んでくるのが黄色い絨毯の菜の花畑だったりすると
ますます私はこの「車窓紙芝居」の虜となっていたのだけれど、
きっとそれは私だけではないはず・・・

雑木林みたいな薄暗いところを見下ろすと、湿地にたまった水を飲みにきたのか
ひっそりと小さな鹿がいた。
なんて神秘的なんだろう・・・
ずっと眺めていたいその光景は瞬く間にまた木々の中へ消えていった。


今朝だけ霧がかったフィールドもあったけれど、
それは神様が特別に見せてくれたイリュージョンだったのかもしれない。
気がついたら霧はどこにもなく朝日に照らされた家々が立ち並び、
電車はホームに停車していて現実に戻された気分になったのだけど、
発車すればまた郊外の風景へと繋がって、また夢のような光景が待っている・・・



どのシーンもまるでイギリスの美しい名場面をちりばめたかのような偶然のなす風景たちだった。
心のカメラに焼き付けたので、いつか私が見るであろう長い走馬灯の思い出のワンシーンに加えようと思う・・・




私にとってはたったの4日間の出来事だったのだけど
毎朝あの電車に乗っている人達はあんなに美しい風景を眺めながら職場や学校へ向かえるんだなぁと
チョッピリ羨ましくなったりしました。
現実的なことを言うと・・・電車を予約したときに往復で約30ポンドって高い~!
なんて思ってしまっていたけれど・・・こんな感動をくれる車窓ならこのお値段を払ってもまた乗りたい(笑)

生憎「車窓紙芝居」の美しい景色の写真は一枚もないのですが、
ディプロマコースの最後は生徒全員の作品を並べて
写真を撮ることができました♪
見てくださいネ♪

26May2016a1.jpg



(追加写真) これが私が作ったものです♪
26May2016 010a300


☆最後まで読んでくださって、どうもありがとうございます☆

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 日々の徒然 | 07:59 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

イギリスの教育

皆様 こんにちは。

昨夜はペアレントイブニングで娘の学校へ行きました。
日本語でいう三者面談のようなものです。

先生からは「良い結果が出せているし、真面目に宿題も持ってきているので
問題はないけれど、あえていうなら、シャイだからもっと自信を持って欲しい。
彼女には特別な課題を与えて次のターゲットへ進んでもらいます・・・」

というような感じでした・・・

親ばかになってしまうけれど、一体誰に似たんだろう~と思うほど
学校の成績に関してはいう事ナシ。
私は勉強しなさいって言わなくてもいいのです。

ただし、バイオリンの練習したら~とか、宿題はあるの?
たまには日本語の勉強してよ!という言葉はかけていますよ!親ですから(笑)

娘は家でガリガリ勉強をしているか?というと・・・
いえ、まったくしていません。
少ない宿題をたまにダイニングテーブルで終わらせるだけ。

でも、その代わりといってはなんですが、比較的本をよく読む子です。
欲しい本は買ってあげることもあるし、図書館にたまにいって借りてくることもします。
そして最近は自分でお話を書いていることが多いです。


前置きが親ばか話しで長くなってしまいましたが(笑)
イギリスの教育は(学校を選ぶ必用はありますが・・・)素晴らしいと思います。

まずは、塾に行く必用がない!
我が家のような庶民の子どもであっても、シッカリと学校のお勉強をしていれば
先生が能力分けしたグループや個人の目標に応じて、適切な教育をしてくれるのです。
飛び級制度はありませんが、ギフティッドやタレンティッドの子どもはどんどん伸ばしてもらえます。
平均についていけない子の場合も同様にフォローしてもらえます。

この国では日本のようにクラスメイト全員が同じ教科書を使って、
同じ事を学ばなくてもいいのです。
先生がレベル別に抜き出した数人の生徒を他のクラスに連れて行き
そこでスペシャリストの先生が特別な授業をする場合もあります。
先生と親がチームになって子どもをバックアップするので、
先生に任せっぱなしというわけではなく、家でフォローすべきことがあればもちろんフォローします。

学校での教育を先生にお任せしているからそれでオシマイというわけではなく
保護者は常に学校側に対してポジティブでなければなりませんが、
それは日本もきっと同じですよね。
以前にも言いましたが、こちらではPTAはありませんが、
常々保護者が子どもの為に進んで学校のお手伝いやボランティアをします。
そのような背景があるからこそ、先生方もエキストラ(に面倒そう)な、能力別指導をしてくださるのです。

少し話がそれてしまいますが・・・
日本の学校ではこの春にPTAの役員さんが決まり、お忙しく活動されている方もいらっしゃると思います。
でも、その大変さ、辛さといいますか、努力は決して無駄なことではないと思います。
学校と先生の為に保護者が動くということが、最終的には自分の子供へプラスとなって戻ってくるはずです♪
頑張ってくださいね!

↓久々に娘の写真。ハンモックでくつろぎ中・・・
16May2016 085a300

☆長文におつきあいくださいまして、どうもありがとうございます☆

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村

| 日々の徒然 | 19:59 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

週末と今日のお庭から・・・

皆様 こんにちは!

早くも5月半ばですね♪

ブログをお休みしている間に私はホームレスの動物の為のチャリティで
カップケーキを売りました。
お友達やハズバンド君の職場の方、クッキーを売らせてもらっているタイカフェさん、
そしてタイカフェさんの常連さん、フェイスブック等の案内を見て来てくださった方・・・・
皆さんからの温かいサポートをいただいて、無事に終わりました
寄付金が集められたことも嬉しいけど、何より嬉しいのは
私を応援してくださる親切な方たちのお気持ち
私ってこんなに周りに良くしてくれる人がいっぱ~いいて、本当に幸せ者です!
心にお日様を持っている人達から、キラキラパワーを沢山もらいました!


そして、お庭もキラキラなんですよ!
バラが少しずつ咲いて来ました!
16May2016 103a300


アリッサプリンセスオブフェニキアは今年も早くにお顔が見れました。
この子を見ているとネクタリンが食べたくなります(笑)おいしそうな色!
16May2016 105a300


こぼれ種で勝手にあちこちからでてくるオダマキちゃん。
16May2016 080a20016May2016 079a200

16May2016 113a300


時折、爽やかな風がライラックの香りを優しく運んでくれる・・・
16May2016 077a300

ひらひらと蝶が飛んできて・・・
こんな日は真面目に家事をしなくていいよ~、日向ぼっこした方がいいよ~と、
話しかけてくれた・・・
とおもったけど、実はそれって、私の心の声(笑)
16May2016 078a300



スズランも良い香り♪
16May2016 101a300



そして・・・
わかりづらい写真なのですが、ホリーの茂みの中の巣箱に
初めてブルーティットゥカップルが巣作りをして、どうやらもう雛が生まれているみたいなんです!!!
16May2016 092a300

親鳥が行ったり来たりするたびに、囁くようなピヨピヨ声が聞こえるんですよ~。
高い位置なのと、上手く茂みに隠れていて中が見えませんが、
雛ちゃんたち、そのうちお顔を出してくれるかしら。

巣作りしているのが分かった頃、怖がって逃げちゃったらイヤだから、芝刈りしないで~!って頼んでおいたら
もんのすごいモサモサになっちゃって

とうとう昨日、ハズバンド君が芝を刈りました↓
16May2016 122a300


長文にお付き合いくださって、どうもありがとうございます。
今回もコメントお休みさせていただきますね。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村




| garden | 04:45 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

先週末のドライブと今週末のお庭・・・

皆様 こんにちは。

先週の菜の花畑を見た週末から
少し写真をアップしますね。

小さな村はずれの教会。
このベンチで娘とハズバンド君が日向ぼっこしている間に私はあちらこちらの写真撮影(笑)
1May2016 026a300



先週末も今週末もお天気が良くて、イギリスはやっぱりこの時期からが
より美しさが増していきます。
1May2016 032a300


お天気が良い日はイギリスでの暮らしも悪くないかもねって思います(笑)
1May2016 028a400


カントリーサイドのドライブは道路が狭くなったり、木のトンネルを抜けたり・・・
丘を越えたら急に菜の花畑が広がっていたりとワクワクです♪

あてもないドライブ中、道路際にプランツセールを発見!
封筒が用意されていて、それぞれのポットのラベルに書かれた金額どおりお金をいれたら
売主さんの家のドアのレターボックスへ入れます・・・
1May2016 024a400


気になるお花と、トマトの苗を買いましたよ♪
6May2016 025a300




ここからは我が家のお庭です~。

菊枝垂れ桜が咲きました!
6May2016 002a300
(ずいぶんと芝&雑草がモサモサ



ポンポン咲きがなんともかわいらしいです♪
まだ若い木なので、お花の数は少ないけれど、咲いてくれてよかった・・・
枯れてしまったのかなって心配していたので。
6May2016 021a300
急に気温があがったからか、今日もまたポコポコとお花が開きました。


チューリップは毎回買う色に迷って、今回はどの色にしたんだっけ・・・と
すっかり忘れてしまいます。
でも咲いてからのお楽しみもいいものですね~(笑)
6May2016 007a300


勿忘草が沢山咲きました♪
6May2016 026a300

今日もとっても良いお天気で、お庭の雑草、畑の雑草をとって、
その後は海辺をお散歩してアイスクリームを食べました~。
楽しい週末でした♪
今日はコメントをお休みしますね。

☆最後まで読んでくださって、どうもありがとうございます☆

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村

| 日々の徒然 | 07:02 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

イギリスで暮らすようになってから・・・

皆様 こんにちは。

ブロ友さんから聞かれました・・・

イギリスで暮らすようになってから、
私のインテリアの趣味や好みなどがかわったかどうか・・・

といった内容です♪

1May2016 043a500



答えとしては・・・
実はあまり変わっていません♪

自分のお部屋をもらったのが確か8、9歳の頃なのですが、
そのときは母の好みのカーテンや壁紙でした。

お部屋に置いていた机は母の学生時代から使っていた古いもの、
ベッドは父が学生時代から使っていた古いもの・・・
中学だか高校の頃に自分でアイボリーのペンキを塗り、
それらを私はお嫁に行くまでずっと使っていました。

妹達は新品のものをそろえてもらっていたけど、
私は「お古」に特別感が味わえていて好きだったんです。
(たぶん、妹達は、お姉ちゃんがボロを持っていってくれてラッキーっておもっていたかも・笑)

中学生の頃から好きだった雑誌は「私の部屋」とか「私のカントリー」でした。
お友達が芸能人関係の雑誌とか買っている中、私はインテリア系(笑)


でも、私は和室のすっきりと何もない雰囲気も好きでした。
同じ敷地内で暮らしていた祖父母の家が和洋折衷で、
応接間は洋風で、その趣はクラシカルなものでした。
それも好きでした・・・

祖母は掃除が苦手な人で、汚部屋にしてしまう人だったから、応接間やキッチンとか
納戸みたいなスペースはすごいことになってましたが(笑)
さすがに和室はすっきりさせておかないと恥ずかしかったのか、
当時はまだ美しい和室だったのです。
(汚部屋は年末の大掃除で叔母、母、私、妹たちが総出で手伝っていました。)

そんな祖母から毎週私は茶道を習っていたのですけど、
床の間には季節のお花が活けられて、掛け軸も季節ごとに変わって・・・
今でも雪見障子からのお庭の風景を四季ごとに思い出せます。
何度もお茶をたてて、ふくさの決まりごとも覚えたはずなのに
もうそれは思い出せませんが(汗)

和室で過ごす四季が心地よく、夏は欄間があったせいもあり四方から風が抜けていたし、
冬は寒かったけれど、その分火鉢の中の炭が大切なものと思えました。
茶釜の湯気もまた静かな空気に似合っていました・・・
そして、色味のない静かなしつらえの中、襖の絵だけが雅やかでした。



こんな思い出などがあり、私は実は和の雰囲気も大好きなのです。

だからいつか日本で暮らせたら憧れの平屋で暮らしたいとずっと思っています。
その憧れの平屋は実は川崎市にあって、
時々帰国して、そのお宅を遠くから見てはまだある!良かった・・・とホッとしています(笑)


なので・・・
あまり回答にはなっていないかもしれませんが、
私の好きなインテリアや好みは
お部屋ごとに好きな雰囲気があって、それはずっと変わっていないのです。

イギリスではイギリスの暮らし、
日本にいたら日本の暮らしを楽しんでみたいです。
子供の頃は障子の張替えを家族みんなでしていました・・・
そういうお家を作る思い出が、きっと楽しかったのだと思います。

心に残っているお部屋の風景を作りなおせるなら
そんな空間で本当は暮らしてみたいのです♪

☆最後まで読んでくださって、どうもありがとうございます☆

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村

| 日々の徒然 | 04:36 | comments:20 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT