夢見るローズガーデン

ガーデニングとインテリアと日々の徒然・・・自由気ままに書いていきます

2017年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年08月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

バラ&低木の大移動・・・

皆様 こんにちは。


連日の雨で地面が柔らかくなっている時がチャンス!と、
今日は重い腰をあげてバラ&低木の大移動をしました。
ウッカリとビフォーの写真を撮りそびれて、これは途中の写真です↓
20170730_152326a500.jpg


ビフォーがないので少し前のお庭の写真↓
赤くしるしをつけた箇所のアジサイ1株、クイーンエリザベス5株
ヒマラヤンハニーサックル1株、ERのヘリテイジ1株を移動・・・
堀上げ作業はハズバンド君も手伝ってくれました。
私たち二人とも今は腰痛に悩まされているから、スロウペースで(笑)

20170709_150150ab.jpg



上手に土ごと取れずにこんなふうに根っこが裸になってしまったりして、
これを別の場所に植えなおしたのですけど、ちゃんと元気に根付いてくれるかどうか心配です。

20170730_121101.jpg


バラ&低木のお引越し先は私が決めたいから~と、
そこからは私一人の作業・・・・
穴を掘りまくって、休み休み植えなおしました。
ついでにポットに入っていたバラやラベンダー、サルビアなどを植えました♪

張り切りすぎて案の定腰にきてしまいましたが、
これでやっと、ロープを張った区間のプロジェクトが開始できます。


ここからは今日咲いているお花・・・

20170730_152249.jpg

20170730_152633.jpg

20170730_152427.jpg


紹介しそびれていたブドウちゃん。
この春ハズバンド君が植えつけました。ブドウの育て方は全く知りませんが
実が大きくなってきていますよ♪
20170730_152225.jpg

ハズバンド君が種から育てたパセリ。
20170730_152722.jpg

ハーブ類はちょっとお庭からとってきてお料理に使えるところが便利ですね♪


☆最後まで読んでくださって、どうもありがとうございます☆

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

| garden | 07:47 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

フランスの写真と身体に残る財産


皆様 こんにちは。


娘がフランスから戻ってきて心底ホッとして、ここしばらくはのんびり過ごしています♪


今日は娘が撮ってきたフランスでの写真をピックアップしていくつかのせますね。



20170720_094207.jpg


出発当日はチョッピリ緊張した面持ちでしたが、一言も弱音を吐かず
何とかなるとおもう!と言って出かけて行きました♪

20170720_113312.jpg


もしも私にプッシュされてなんとなく行く・・・というような状況だったら
不安オーラが全開に漂っていたのかもしれません(笑)
本人の意思で行くということがやっぱり大事ですね。


20170720_134430.jpg


行っている間は音信不通だったので、大丈夫かなぁ・・・と私は心配していたのですが
すぐにもお友達ができて楽しかったようです♪

20170718_093725a500.jpg


帰ってきたとき、かわいらしいダッチブレードのおさげをしていたので
きっと誰かがやってくれたんだ!って、心の中がじ~んと熱くなりました
これは、間違いなく楽しかった証拠だ!と確信しました。
20170718_095045a500.jpg


娘に聞いたら案の定、同じお部屋になった年上のお姉さんが髪の毛をやってくれたと嬉しそうでした
こんな風に良くしてくれるお友達ができて、感謝の気持ちでいっぱいになりました

20170718_162603.jpg


正直、今の時代は送り出す場所について親として悩みます・・・
英国を含め今のヨーロッパはテロがいつどこで起きるとも限らないという緊張感がありますから。

20170719_135048a500.jpg


でも、テロが危ないから、なんて言ってのばしのばしにしていたら、
いつまでたってもどこにも行けなさそうなので
思い切って良かったのでしょうね。
無事に帰ってきてくれたから、そのようにも思えるわけではありますが・・・

20170719_121354a500.jpg

親ばかですけど、勇気のある子だな~と、感心してしまいます(笑)

娘の行きたい!行ってもいい?という積極的な意欲や気持ちを、
これからもできるだけ大切にしてあげたいです。
若くて吸収できる年齢のうちに、たくさんの事を吸収させてあげたい。

私は20代後半から海外にでましたが、ジャパニーズ英語しか話せません
絶対音感と同じで、ある程度の年齢を過ぎると、ヒアリングはできても発音を身につけることは難しいのかもしれません。

ちなみに、私の日本にいる甥っ子君はプリスクールで英語を身につけて、完璧な発音で英語を話すんですよ。
耳で聞いた通りの英語を発音している甥っ子君を見て、あぁ、これはもう完璧な財産を親からもらったなぁって思いました。
身体に残るものをあげられるって、親としてできる最高のプレゼントですよね。

私も娘にはそのようにしてあげたいと思っています。
大人になったときに仕事も、暮らす場所も、たくさんある選択肢の中から選べるようになっていてほしい。
自分エリアから広い世界へどんどん羽ばたいてもらいたいです。




これはお土産~♪

20170728_102507.jpg

私にはラベンダーサシェとソープ、そして可愛らしい絵本。
フランス語で書いてあるから私にはわからないんですけど、
絵がかわいくて、ママが好きそうだとおもって!って、選んでくれたそうです♪
流石は娘!よくママの好きなものを分かってるね


☆最後まで読んでくださって、どうもありがとうございます☆


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


| 日々の徒然 | 21:40 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

無料のベビーシッター

皆様 こんにちは。


今日アクアサイズに行ったら、参加者がいつもよりも少なかったんです。

そしたらチェンジングルームでその話題をしている方がいました。

夏休みが始まって、殆どの方がおばあちゃん業に忙しくて来れないのよねぇ・・・・ということでした。

共働きが当たり前のような英国なので、夏休みは子供の世話をおじいちゃんおばあちゃんに頼んで
できるだけベビーシッター代を浮かせるということらしいです。
でもきっと、こういう事は万国共通なのでしょうね(笑)



私の場合は環境的に誰かに甘えたり、あてにしたリする子育てというのはあり得ず、
産後直後から動き回って育児がスタートしました。
少しでも産後に安静にしていられたら、後遺症に悩まされる事もなかったのかもしれません・・・


こちらは産婦人科のドクターがみてくれるわけではなく、
ミッドワイフという、助産師さんが出産を担当してくれるのですが、
私を担当してくださったミッドワイフは、日本人の骨格や体型での出産というのは
対応しきれなかったようなんです
(当時は日本に行って出産をするなんていうお金は私たちにはありませんでしたから、イギリスで産むしか選択肢はありませんでした。)

私も初めての出産だから、このような痛みが残っていても仕方がないんだろうとずーっと我慢していました。
あとあと日本の整骨院でレントゲンを撮ってもらったら、お医者さんが驚かれて、
よっぽど無理な力で脚を押さたんでしょうね?普通に暮らしていて折れる部分の骨ではないですよ!と言われました。

そんな事が自分の身におきているので、いつか娘が出産をするというときには、
例え自分がどんな状況であろうと、必ず娘の近くにいてお世話してあげたいなと思っています。
(こちらの病院は午前中の出産であれば、午後には退院です!!私のように出血多量で特別な場合はケースバイケース。)

床上げするまでの一カ月、せめて3週間くらいは安静にさせてあげたい。
私は本当に体も精神的にもボロッボロで、それで母乳も出なくなってしまったので、
娘には私が経験した産後の苦痛、苦労はさせたくないと思っています。
日本は産後は一週間くらいは病院で安静にしていられるから、やっぱりいいですよねぇ・・・




私もいつかは無料のベビーシッターになるのかな♪
そして、孫の面倒を見るのが忙しくてアクアサイズはお休みなのよ~なんて
お友達に話すのかもしれません(笑)

その頃にはもう少し大きなお家で暮らしていたいな・・・
娘家族が泊りがけで帰って来ても、全員お家の中で眠れるような環境でありたい。
お庭でテントというのも夏ならいいけれど~?!



昨日海辺をお散歩したら、夕日が綺麗でした・・・

20170725_205521a500.jpg




☆最後まで読んでくださって、どうもありがとうございます☆

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| 日々の徒然 | 07:28 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

皆様 こんにちは。

報告しようと思っていたのに、ウッカリわすれてしまっていました・・・

毎回思うのですが、私の畑の管理の仕方が悪いから、
写真をとっても絵にならないし、つまらない感じなんですよね
雑草をやっつけに通っている感じで、育てているという気持ちがあまりありません
それでついつい、アロットメントについて書くことが少なくなってしまいます。

数週間前は30度くらいまで気温があがって、
普段は放っておいても大丈夫なジャガイモもさすがに黄色くなりかけていたので
慌ててお水をまきました・・・

20170707_111324.jpg


インゲン
20170707_123018.jpg

赤カブ
20170707_120916.jpg


オレガノはお花がたくさん咲いてハチさんがいっぱいいましたよ。

20170707_114437.jpg


ラズベリーは地下茎からのびてきて、パッチが広がってきました♪

20170707_111350.jpg




畑には意地悪なアリンコがいて、前回はなぜかパンツのなかに入られてお尻をかまれてしまったのですよ
かがんで作業をしているときでも背中が開かないような恰好をしないとダメですね。

皆さんも虫刺されには気を付けてください。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| Allotment | 19:46 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

バースデイの主役から・・・

皆様 こんにちは。


英国では自分のバースデイに学校や職場に差し入れを持って行って
皆と一緒に食べてお祝いをしたりします。

それで会社の仲間とカップケーキを食べたいからということでオーダーを頂きました。

20170713_174849a300w.jpg

差し入れはもちろんケーキに限らず、スナックやキャンディー、チョコレートなど、なんでも良いんです♪


私はこのようなバースデイの主役からの差し入れの風習は日本では経験したことがありませんでした。

娘が幼稚園や小学生の頃に、バースデイの子からということで、
クラスメイト全員へキャンディなどが配られて、
持って帰ってくるようになって知ったんです。

なんだか粋な計らいだなぁって思います♪

これから英国へ留学される方、ご家族で駐在される方、
お誕生日の時にぜひ試してみてくださいね♪

あ!お近くだったら、ぜひともオーダーしてください!
宣伝でした~(笑)


☆最後まで読んでくださって、どうもありがとうございます☆

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村









| Sweet project | 05:57 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT