夢見るローズガーデン

ガーデニングとインテリアと日々の徒然・・・自由気ままに書いていきます

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

習い事

皆様 こんにちは。



私は子供の頃にちょっと変わった習い事というか、お稽古をしていました。
発表会やコンクールでは大きなホールで大勢の人の前で舞台にたたなければならなかったのですが、
ものすごく緊張して好きではありませんでした。
なぜそんなに好きではないお稽古をしていたかというと、同じ敷地内に住んでいる祖母がその先生だったからです
何を習っていたかは恥ずかしいからナイショ(笑)?!祖母からは他に茶道も習っていました。

祖母はとても厳しくて、話すときは敬語。
髪の毛をまとめていなければ出直していらっしゃいとなり、
爪がちょっとでも長いと、切っていらっしゃい、
歩き方ダメ、入り直し! 姿勢が反りすぎだめ、足は少し内又に、指先はそろえて・・・
というような具合です

決して楽しくはないけどなぜか小学校の2年生くらいから中学一年の春までやっていました。
もうやめる!と決めた春、なんと思いがけずに市のコンクールで準優勝してしまい、
県大会へ出場する権利を得てしまったんです
もうやめるなら今しかない!と、中学校のテストが忙しいからと言い訳をして、当時母からも言ってもらい、なんとか県大会は棄権させてもらえたのですが、
しばらくは祖母からなんで出ないの?、今度を最後にしたらいいじゃないのとか、ぶちぶちと言われた思い出があります。

でも・・・イヤイヤやっていたお稽古も少しは役に立つこともあったので、一概に悪いことばかりではなかったのですが・・・


あの厳しい祖母のお稽古と比べたら、娘のバイオリンの先生はすごく優しくて、
恐らく娘はあのような厳しい練習には耐えられないと思う・・・

今日はバイオリンの先生が来てくださる日でした。
レッスン中は私はキッチンにいるのですが、時々二人の笑い声が聞こえたり
娘が間違っても叱ることはなく、一緒に弾いて練習したり・・・
穏やかな感じが伝わってきます。
こういう先生だったら習い事が楽しいだろうなぁって、つくづく思ったのでした。

DSCF1147a300.jpg



☆最後まで読んでくださって、どうもありがとうございます☆

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

| 日々の徒然 | 07:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT