夢見るローズガーデン

ガーデニングとインテリアと日々の徒然・・・自由気ままに書いていきます

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

シンプルなアンティークチェスト


皆様 こんにちは。


今日は久々にSweet Homeカテゴリの日記です♪


金曜日の朝に例のアンティーク兼ハンドメイドショップへと行ってまいりました・・・
アンティークチェスト、残っていましたよ~♪

レーベルには ”マホガニー1800年代 ファロー&ボールのペンキで塗りました”
というようなことが書いてありましたが、ホントかな?!
確かに素材はマホガニーだと思いますが、年代的には私のボウフロントチェストよりは後期のものだと思います。



最近では表面だけは木材で、中身が木を砕いたスカスカした感じの家具ってありますよね?
でもアンティークではそういう素材では作られていなくて無垢材家具なので、そういうところが好き♪
多少傷があったりヒビなどが入っていても、それが一つのキャラクターとなって愛着がわきます

もちろん無垢材の新品の家具も良いものが売られているのですが、我が家は1950年代のボロかわいいお家なので、
良い意味でくたびれた感じや古い家具のほうがしっくりくるようです。


引き出しは軽いから問題なかったのですが、本体は私と娘では車から出すのがやっとでした 
ちょうどハズバンド君が会社から帰ってきて二階の娘のお部屋へ運んでくれました!
ここへ置く予定です↓
DSCF1306a400.jpg


早速娘と一緒にお洋服をしまうことに!
ついでに断捨離して、お洋服を分けたら・・・なんとゴミ袋一袋分は要らないお洋服ですって~。
小さくなってしまったお洋服や、もうこれはあまり好きではないというお洋服たちはチャリティショップへ寄付します。

残したお洋服がほんの少しだけだから、チェストはスカスカ。
そして、今度新しいお洋服を見にいこう~!ですって。(笑)



私が使っているボウフロントチェストは、ドッシリ素材のウォルナットだから動かすのも大変だけど
引き出しの開け閉めも結構ずっしりな感覚があるんです。
でも、娘に買ってあげた今回のチェストは開け閉めが軽く感じる!
娘には使いやすそうです♪

色はこのまま塗り替えずに使う予定です。
せっかくのアンティークをペイントしてしまうって、抵抗がないわけではないのですが
アンティーク家具を受け継ぐ人が自分のインテリアに合うように色を変えて家具を楽しむというのは
ただ捨ててしまうよりかはずっと良いですよね。

ちなみに私のボウフロントチェストも色を塗って生まれ変わって
今はスッカリ主寝室に溶け込んでいますよ

過去記事↓
アンティークのボウフロントチェスト

アンティークのボウフロントチェストが生まれ変わりました

築60年のボロかわいいお家・・・生まれ変わりました


☆最後まで読んでくださって、どうもありがとうございます☆

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




スポンサーサイト

| Sweet Home | 03:46 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT