夢見るローズガーデン

ガーデニングとインテリアと日々の徒然・・・自由気ままに書いていきます

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

読書の秋?

みなさま こんにちは。

読書の秋ですね!
みなさまにはお気に入りの本はありますか?


今日は私の本棚からいくつかアンティークの本を紹介しましょう♪

5nov10a.jpg

私が通っていた幼稚園から、毎月絵本をもらっていました。
「ゆうこのあさごはん」をもらったときに、
みんな自分の名前の本をもらったんだと勘違いをしておりました(笑)
主人公が私と同じ名前だったのと、かわいらしいお話が大好きで、
当時の幼稚園からもらったオリジナルの本ではありませんが、
高校生の頃に古本屋さんで見つけて、それからはずっと宝物です

表紙の右下の10という数字は10月号の意味で、
この冊子の絵本は1971年10月1日(多分初版かな?)に発行されたものです。
今では多分レアなものだと思い(込んでいるだけ?!)ます♪
娘も大好きな一冊ですが、この絵本は特別にママの本棚にしまって、
ママと一緒のときにしか開けません~。
9nov10a.jpg

左側の「This England」はこちらのアンティークショップの
古本コーナーで見つけました。1952年の本です。
表紙を開くと・・・メッセージが!
この本は誰かへのクリスマスプレゼントだったのです。
よくこちらの人は贈る本に、このようにメッセージを加えるんですが、
私はこういう風に温かみのある一言や、記念の言葉入りの古本に魅力を感じてしまうのです♪
9nov10b.jpg


こちらの赤い本は、ハズバンド君のお父様からいただきました!
お父様のおばあちゃんが大切にしていて、親子代々なんとなく手に渡ってきたそうです。
いろんなハーブの効用について書かれた本です。
10nov10bk1.jpg

かわいらしい絵のページもあります・・・
10nov10bk2.jpg

そして、赤線のところを見ていただくと「hath」なんて書いてあります!
今で言う「has」なのですが、古い書き方なのですね~(笑)
10nov10bk3.jpg

「Royal prince readers」は
1910年の学校で使われていた本のようです・・・
この本の中に、ちょっと面白いことが書いてあったので、
時間ができたら全部読んでみよう!なんて思って買ってきたのですが
まだ読み終えておりません~、ただの本棚の肥やし?

10nov10bk4.jpg

アンティークの本は、時代背景に想像をめぐらせて、
なんとなくページをめくっているだけで幸せな気分になれる私です・・・

ちょっと面白いことってどんな~?
と気になった方のために、moreに内容を載せますね。


☆今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました☆

にほんブログ村 インテリアブログ カントリーインテリアへ
にほんブログ村



私が読んで面白い!と思ったのですが、
皆さんが読んで面白くなかったら、ごめんなさい・・・
そして、もちろん英語です。

この本が書かれた1910年の英国を想像してみてください・・・
漠然と・・・タイムトリップして・・・
あくまで、1910年のとある学校の教室にいると思って
読んでみてくださいね!
(文中の「shillings」とは、当時の通貨です。
現在の英国ではもう使用しておりません・・・・)


Have you ever heard of the magical box which
can be carried in the pocket, and which has an eye
that not only sees, but carries away a picture of
what it sees? This magical box is not one of the
marvels of the "Arabian Nights;" it is one of the
real marvels of modern science. It can be bought
for a few shillings, and it can be used by any boy
who will take the trouble to learn its secrets. We
call it the camera.


いかがでしたか~?
最後のオチで、なるほど~、というお話ではありませんか?
きっと、この時代では、珍しいものだったのでしょうね。

スポンサーサイト

| Sweet Home | 08:02 | comments:19 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

本、カメラ

今日本の大河ドラマで龍馬伝をやっていまして
幕末のお話ですが、写真撮影のシーンがよく出てきます。
最後の将軍慶喜さんも明治になってからはカメラが趣味の趣味人として過ごされたとか。

アンティークの本素敵ですね。
たまたまオークションで見かけた本に惹かれたんですが、
お値段が高くて断念しました。
そう言えば、トールの古本をオークションで買ったりしても
こんなメッセージが描かれていることが有ります。

| フレデリック | 2010/11/11 11:33 | URL | ≫ EDIT

こんにちは~

「ゆうこのあさごはん」は山脇百合子さんの絵ですね。
「グリとグラ」の絵が反射的に浮かびました。
子供のために買ったグリとグラ・・・大好きでたぶんどこかにおいてるはずです。

好きな作家は塩野七生さんとか、亡くなったけど辻邦夫さんかな~歴史物がすきです。
読もうとしてストップ中なのが英語版の源氏物語、1000ページもある分厚い本を買って、300ページ読んだところでエンストして全然進みません。来年こそと思いつつ2年がたって、筋も忘れてしまった気がする・・・

カメラが魔法の箱だった時代のはなしですね。
動画だって一瞬で海外から飛んでくる時代をこの本の作者が知ったらびっくりでしょうね。

| dreamrose | 2010/11/11 13:36 | URL | ≫ EDIT

こんばんは~☆

私もやまわきゆりこさんの絵が大好きで持ってます。
ぐりとぐらやそらいろのたねなど 今でもちびと見ています☆

アンティークの本、とっても素敵ですね~
代々受け継がれているハーブの本、良いですね~
温かみを感じますね。

まさか魔法の箱がカメラだったとは・・・
近代科学の本当の驚異の1つですにはビックリです
今では当たり前のものですが、当時は珍しかったんでしょうね。
ポチっ☆~('(ェ)'*)♪

| みぽりん♪ | 2010/11/11 20:23 | URL | ≫ EDIT

No title

こんばんは♪

こんな静かな花の絵が大好きです(^^)
華やかなものより
こう、根が張ってるような素朴な花姿に魅かれます。

洋書、日本でものすごく流行っています(*^_^*)

| あねもね | 2010/11/11 21:58 | URL |

こんばんわ~

洋書って置いておくだけでも素敵に見えてしまうのは言葉のわからない日本のおばさんだけでしょうか…?
でもやっぱ絵になるなぁ。。

代々伝わる本があるなんて素敵!
いずれはお嬢様に受け継がれていくのですね。。

はい。英語のわからないおばさんも翻訳サイトでオチを理解できました~(笑)

| baramaru | 2010/11/12 00:51 | URL |

フレデリックさんへ

フレデリックさん、こんにちは!
今の世の中はデジタルカメラでパッと撮った写真が確認できて、
昔と比べたらすごい便利な世の中ですよねぇ・・・
幕末の人たちにもカメラは相当面白いアイテムだったのでは・・・と思います。

こちらでは本の内容を選ばなくてよければ
アンティークな見かけの本は手に入ります。
初版のレアものや、人気のものにはそれなりのお値段がついています。
かわいらしい絵本は難しい活字の本より高い場合もあって、
値段の基準はまったく理解できません(笑)

| ゆー2010 | 2010/11/12 05:50 | URL |

dreamroseさんへ

dreamroseさん、こんにちは!
ぐりとぐら、あの本を読むと絶対におなかがすきますね!!
素朴な温かみのある絵本っていいですよね。
それにしても、dreamroseさんって、チャレンジャーですね?!
英語で源氏物語を読むなんて、すごく難しそう・・・
私が英語で読めるのはせいぜい子供向けの本です。
英国にいるのに私ほど英語のできない人はいないと思います(汗)

本当に今の時代は動画も見れてしまうから、便利な世の中ですよねぇ。
おまけに3Dの時代で、私でさえも、マジックのようだわ~なんて思います(笑)

| ゆー2010 | 2010/11/12 05:59 | URL |

みぽりん♪さんへ

みぽりん♪さん、こんにちは!
ぐりとぐら、空色のたねも、かわいらしいお話ですよねぇ!
みぽりん♪さんのお子様たちも好きなのですね♪

アンティークの本、名作ときいて買ったはいいけど
ぜんぜん読む気がなく飾りのようになっているものもあります(笑)
英語の詩集や、図鑑みたいなのが私には合っているみたい。
英文を読んでいるとそのまま夢の世界へ突入ーーーー。
カメラのお話をかいた人が今の時代を味わったら
感動したでしょうねぇ(笑)

| ゆー2010 | 2010/11/12 06:04 | URL |

あねもねさんへ

あねもねさん、こんにちは!
ハーブの本、ひっそり感が魅力かもしれませんね!
地味かわいい感じ。

日本では洋書がはやっているのですね?!
なんとなくインテリアの飾りとかに使えるそう・・・
私には、眠れない夜に開いて、読み出したとたんに眠くなる・・・
魔法の英語の本という感じです(笑)

| ゆー2010 | 2010/11/12 06:11 | URL |

baramaruさんへ

baramaruさん、こんにちは!
日本人の私たちからすると、洋書がなんだか素敵に見えますよね(笑)
でも、イギリス人からしてみると、日本の本や雑誌がカッコよくみえるそうですよ!
私が読んでいる日本語の本をのぞいて、それはどっち向きに読むの?とか
ク~ル!!なんて言ってきて、興味深そうにのぞく人もいましたよ。

ハーブの本は読みたい葉っぱのところだけ読めるから
読む気がするのですが、お話の本はもう私は無理!!
詩集や図鑑とかが好きです、あとは絵本とか(笑)
実は最近文庫本の字がすごくよみづらくて、目が疲れちゃうんですよー。
体調がよくないと長い間読めなくなってしまいました(汗)


| ゆー2010 | 2010/11/12 06:33 | URL |

No title

子供の絵本って大切ですよねっ^^
ちいはノンタンと一緒を 親に買ってもらってましたっ
そしてそれを子供達に受け継がせてます^^
子供の頃にちいが書いたイタズラ書き付きで・・・・(あはっ)
「ゆうこのあさごはん」この絵っ大村百合子さん?
グリグラちゃんの絵に似てるっ 同じ人が書いたのかしらっ^^

| ちい | 2010/11/12 08:25 | URL |

No title

アンティークの本をお持ちなんですね!
書かれている内容もですが、
表紙の色合いや古びた風合いが素敵ですね。
小さな頃に読んだ思い出の絵本と再開された時の
ゆーさんの嬉しかった気持ちがよく分かります。
私も本が好きだったので、小学生の頃は毎月自宅に届く
児童全集の本が来るのを待ちわびていました。
本は捨てられないと言って、母が物置にしまってくれています。

moreも読みましたが、英語が苦手なので
翻訳サイトのお世話になりました(^^;)
カメラのことだったんですね。
普通に考えると不思議な箱ですよね!
昔の人はカメラに写されると魂を抜かれるなんて
言っていたと何かに書いてあったのを思い出しました。

| kuni | 2010/11/12 17:02 | URL | ≫ EDIT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2010/11/12 21:24 | |

こんにちわ!

ゆーさん こんにちわ!

秋にふさわしく本の記事で、とても興味深く拝見しました。

小さい頃の絵本って子供達は案外覚えているんですよね。
ママとと一緒じゃないと読めない絵本、きっとお嬢ちゃまの思い出の一冊になるんじゃないかな。
素敵なお話ですね。

イギリスでは本を贈るときにメッセージを裏表紙に書いちゃうんだ......。
日本では余りしないよね。お国柄かな。
私がメッセージの書いてある本を貰ったのは、自費出版した友人が二人。
一人は地元の歴史本でもう一人は写真が趣味の人の写真集、どちらも、AKO様へ、○○よりで終わっています。

今は安いデジカメにも動画機能が付いてる時代、魔法の箱から100年チョットで凄い進歩よね。
使いこなすのも中々だけどね。(笑)

| ako | 2010/11/13 15:14 | URL |

ちいさんへ

ちいさん、こんにちは!
ノンタン、なつかしい~、知っていますよ~。
妹のお気に入りでした!
親子で同じ本を読めるなんて、いいですね♪
イタズラ書きつきというところがポイント高いです(笑)
ところで、調べてみました、「大村」さんは旧姓でしたよ!
温かみのあるタッチの絵柄ですぐにわかってしまいますね!

| ゆー2010 | 2010/11/14 07:26 | URL |

kuni さんへ

kuniさん、こんにちは!
私も子供の頃に毎月本を取ってもらっていて、
届くのが楽しみでしたよ~。
kuniさんの本はお母様が取っておいてくれたのですね、
いいなぁ~、うらやましいです。
今思うと、本は何年たっても子供に読ませてあげられるから
とっておけばよかったなぁと思います・・・

そういえば、昔の人は魂が抜かれるなんて言っていたみたいですね!
今はとても便利な時代になりましたね、
地球の反対側にいてもメールが瞬時に送れるなんて、
昔の人は想像もしていなかったと思います・・・

| ゆー2010 | 2010/11/14 07:33 | URL |

akoさんへ

akoさん、こんにちは!
本当に、おっしゃるとおり、子供の頃の絵本って
すごく新鮮に思い出せるんですよねぇ・・・
よく祖父が読み聞かせてくれて、本だけでなくその頃の思い出も蘇ります・・・

akoさんのお友達の本、貴重ですね!!
地元の歴史本が書けるなんて、素敵!
年月がたって忘れ去られてしまったことなどを知ったときって
とても得した気持ちになります。
そして、写真集だなんて、すごいなぁ~。
魔法の箱の時代では、美しい写真を本にして、
写真集にするなんて、きっと想像もつかなかったでしょうね?!

| ゆー2010 | 2010/11/14 07:47 | URL |

こんにちは♪

今日もため読みさせてもらっています♪

うちにもメッセージ入りの本ありますv-352

私の住むアパルトメントは 430世帯。なんだか小さな村?
ゴミの日は、そりゃーすごい量のゴミが出ます。

その中に古本を捨てるコーナーがあるのですが
よく、素敵な絵本が捨てられています。
「よかったらお持ち帰りください」と書いてあることもあれば
無造作に捨ててあることもありますが 
私は、そっから気に行ったものがあれば よく拾ってきます(笑)

おばぁさんが大事にしていた銀のスプーンが
ふとしたことでなくなってしまうのですが
小さな仲間たちの手をへてもどってくるというお話。
どこかのおばぁちゃまから、お孫さまに贈られた一言が
表紙の裏に入っていました。

いい本は、いつまでたっても輝きがうせることはありませんよね。
図書館や 児童センターの 本のいれかえのときも
捨てられる本を見に行ったりします♪

ハーブの本もステキですね!
娘さんに そっと引き継がれていく本なのでしょうね♪

| メアリー | 2010/11/23 12:28 | URL | ≫ EDIT

メアリーさんへ

メアリーさん、こんにちは!
すご~い、大型のマンションなんですね?!
古本のリサイクルコーナー、ちょっとうらやましい~。
素敵な本との出会いも多そう。
メアリーさんがもらってきた本、かわいらしいお話ですね♪
メッセージ付きが温かみプラスしてくれますね!
ハーブの本、なんとなく娘がいつかは大切にしてくれるのかしら・・・
古い本だけど、昔ならではの薬草としての扱いも書いてあって
なかなかおもしろいです。



| ゆー2010 | 2010/11/24 02:59 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yufeb2010.blog48.fc2.com/tb.php/126-150f1bfd

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT