FC2ブログ

夢見るローズガーデン

ガーデニングとインテリアと日々の徒然・・・自由気ままに書いていきます

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

バイリンガルの仲良しグループ&バイリンガルの努力と苦労





今日は日曜日のお散歩風景写真とともにひとり言です♪


20180923_121325a500.jpg


この新学期から娘のチュータークラスに転入生の女の子が来ました。

ハンガリーから来たそうなのですが
女の子は英語が全く話せないのだそうです。

先生からご指名を受けて娘と仲良しのお友達二人も
転入生の女の子のお世話係をすることになりました。


20180923_121023.jpg

娘の仲良しグループは
それぞれ英語プラス違う言葉を操るバイリンガルの子たちです。

3人とも言葉を身につけるための努力や苦労などを経験してきている子たちだから
英語ができないお友達の辛さやもどかしさとか
共感してあげられる事もあるんじゃないかな・・・・

毎日一緒にランチを食べて
転入生の子もちょっとずつ慣れてきているようです♪

IMG_3300a500.jpg


私は娘が生まれてからずっと日本語で話しかけていたので、
娘は幼稚園に入るまではなんと日本語ばかり話していて
あまり英語は話せませんでした。
だから昔は娘とハズバンド君の間の意思疎通は
私が間に入らないとスムースに伝わらないということも多々ありました。


娘は人見知りをする子でしたし、英語が分からないのもあって
余計に幼稚園に行くのが嫌だったんだと思います。
毎朝泣いて嫌がるので、もう少し心の準備ができてから・・・と
入園を約3か月遅らせ、
私自身も自分の子育てが間違っていたのだろうかと悩んだ時期もありました。


また、幼児ダンスのクラスで、
先生が黄色いフラフープを持ち上げて、「これは何色~?」って子供たちに聞いたときに
皆は「イエロー!」って大声で答えていたんですよね。
そして娘は「キイロー!」って言っていて
「ママ、あれはキイロだよね?」ってキョトンと私の顔を見つめたんです。
その時の情景が強烈に今でも心に浮かびます・・・

まだ小さかったから、英語ではイエロー、日本語ではキイロ
という使い分けができていなかった頃の事なのですが
こんな感じで
間違っていないんだけど、違う・・・といった戸惑いを
娘は何度感じたことか・・・


20180923_120730.jpg


なんだか・・・私の子供になっちゃったから
こんな思いしているんだよなぁ~~~
他のお母さんの子供だったら
こんな思いしなくて済んだのにねってこと多いです

だけど・・・
今回のように
英語がわからない転入生の子のお世話係を仰せつかって
お友達の力になれているんだと思うと
言葉の努力と苦労があってよかったんだろうなぁと思えます


娘にとってもとても良い経験だとおもうので
お世話係を楽しみながら、友情が築けたらいいなと思っています♪




地元のドッグフレンドリーカフェ
寒くなってきたので、お散歩のあとにちょっと寄れるのは嬉しい。
20180923_130833a200.jpg20180923_131730a200.jpg


☆長文にお付き合いくださって、どうもありがとうございます☆

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 日々の徒然 | 01:11 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT