夢見るローズガーデン

ガーデニングとインテリアと日々の徒然・・・自由気ままに書いていきます

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

小鳥のさえずり・・・

皆様 こんにちは。

小鳥のさえずりが聞こえると、平和だなぁ・・・ってつくづく思います。

鳥たちの歌声に耳をすますと、それはそれはたくさんの違った歌声が聞こえてくるのです♪


土曜日の朝、ちょっと変わった鳴き声が聞こえていたので
寒いのを我慢してフレンチドアを少し開けて、家族3人で鳥の声に耳を傾けました。
そしたら・・・たぶんこの子!我が家のプラムツリーに止まっています。

19Mar12wp.jpg
二階の娘のお部屋に急いでカメラをもって撮りにいったのですが、
私の古いカメラではこれが限界・・・小さくしか写っていないのですが
きつつきでした!
調べてみたら、これは日本語ではヤマゲラという名前のようです。
モスグリーンに赤いヘッドがお洒落♪



きつつきが来たからというわけではないのですが、
偶然にも前日に鳥小屋を買っていたので、コニファーに取り付けました!
小さな野鳥用なのですが、気に入ってくれる鳥さんがいるかなぁ・・・
娘も期待しているので、この春に鳥さんの巣作りに役立つといいのですが。
19Mar12b.jpg


ピーナッツと、パンくず。質素なメニューでも鳥さんが遊びに来てくれます。
19Mar12c.jpg


そして、我が家の冬恒例のまつぼっくりを利用した鳥さんのご飯。
19Mar122a.jpg

作り方は以前にも紹介をしたことがあったのですが、だいぶ前なので改めて・・・

用意するもの。
・まつぼっくり
・紐20センチくらい。
・野鳥が好きなナッツやひまわりの種
・ラード(なければバター)

①松ぼっくりに紐を結び、木の枝に吊るせるようにします。
②鳥さんが食べやすいように、大きめのナッツは砕き、ラードに混ぜます。
③松ぼっくりの隙間に②をべったりと埋め込んで、冷蔵庫で少し冷やし固めます。
④程よく固まったら、お庭の木に吊るして、鳥さんが来るのを待ちましょう♪



今日はどんな鳥さんが我が家のお庭に来てくれるかな・・・


☆最後まで読んでくださって、どうもありがとうございます☆

にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村



スポンサーサイト

| garden | 07:15 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

素敵!!!

ゆー様のお宅のまわりには、
自然がいっぱいなんですね!

小鳥さん専用のバードレストというのでしょうか?
いろんな野鳥が集まってきそうですね!

ナッツとラード松ぼっくり、美味しそう♪♪
すごくいい考えですね!
改めてご紹介くださってありがとうございます!
前の記事、読み落としてましたww

なんだか、私も食べたくなっちゃった(爆)

| メアリー | 2012/03/20 09:44 | URL |

No title

こういう、自然に囲まれた生活、うらやましい限りです。
こちらは、本当にコンクリートばっかり!
自宅で、花でも植えないと、緑なんて・・・^^;といった
感じです。

少し、郊外へ行きたいのですけどね~。
なかなか・・・

キツツキなんて、生で見たことないですよ!^^
図鑑なら(笑) こういう図鑑でしか見れないような鳥が
遊びに来てくれるなんて、いいですね~。
子育てにはこういうところがいいのでしょうね~。

パパに転職してもらわない限り、うちは無理だな~^^;

小鳥のご飯に、ラード・・。凄く以外でした(笑)

| まりやん | 2012/03/20 14:48 | URL |

こんにちは~

きつつきが来るおうちってとってもメルヘンチックでいいですね。
鳥さんのご飯も用意してあげて、おうちも作って、
至れり尽くせりですね。

鳥さんが住み着いてくれるといいですね~。
小学生の頃、家の裏にツバメが巣を作っていたのを見に行ってました。庭に野鳥が住んでくれるなんてわくわくするわ。

☆~♪

| dreamrose | 2012/03/20 15:35 | URL | ≫ EDIT

小鳥さん~

きつつきさんが来るなんて、とても自然豊かな環境なんですね!
小鳥のおうち、誰かが住んでくれると嬉しいですね。
松ぼっくりのご馳走も美味しそうです~
鳥さんでなくても食べたくなっちゃいます~(≧▽≦)

ゆーさんのお庭、これから色んな変身を遂げるのでしょうね。
おうちのDIYも素晴らしくて毎回感動をいただいていますが
お庭の変身もこれまた楽しみで、ワクワクします~
あっ、でもくれぐれも無理はしないようにして下さいね。
庭仕事、けっこう重労働ですよね~^^;

| kuni | 2012/03/20 15:38 | URL | ≫ EDIT

癒されますね

ゆーさんのお家大木もあるのですね。
キツツキさんが遊びに来るなんて~
木に穴が開いていませんか?
鳥小屋はこちらでは巣箱と言っているのですが
学校にもあるのですがまだ一度も巣作りしてくれません。

家の庭にはお花の蜜を吸いにヒヨドリやメジロがやってきます。
小鳥の声には癒されますね。
そうそう何年か前にヒヨドリさんが花水木の木に
巣を作りました。
ベランダから手が届く場所でした。
卵からの成長が見られて楽しかったです。
2羽のひなが巣立ちました。

| みずりん | 2012/03/20 23:41 | URL |

No title

きつつき・・うちの近くにも住んでるんですよ(ノ≧∀≦)人(^-^;)
パパが「俺の車にキツツキが!キツツキにつつかれてる!!」と
絶叫してました(笑)
ナゼ、車にコンコンしてたのかは謎なんですが( ̄▽ ̄)ゞ

松ぼっくりを利用した小鳥のお食事。
可愛いわ♪ 昨年、ピーナッツリースを作ってみたのだけれど、
誰も食べに来てくれなかったの。
松ぼっくりもそこら辺に落ちてるし・・・早速作ってみたいと思います(*^-^*)ノ

| らな | 2012/03/20 23:53 | URL | ≫ EDIT

メアリーさんへ

メアリーさん、こんにちは。
イギリスも日本と同じ島国で、小さい国ですが
自然が守られている国のように思います。
実は鳥だけではなくて、キツネやバジャー(アナグマ)も来るんですよ♪
でも、これらは夜行性なので、防犯カメラの映像で見るほうが多いです。
バジャーという動物はピーナツが好きみたいで
よく食べに来ています(笑)

| ゆー2010 | 2012/03/21 01:58 | URL |

まりやんさんへ

まりやんさん、こんにちは。
街中で交通の便が整った環境も便利ですし、
田舎でのんびり、いつバスが来るのかな~・・・なんてのも
いいのか悪いのか・・・という感じです(笑)
野鳥は寒い冬を乗り越えてもらう為に
いつも脂肪たっぷりのご飯を食べてもらっています。
暖かくなってきたら、パンとナッツ類オンリーです。

| ゆー2010 | 2012/03/21 02:09 | URL |

dreamroseさんへ

dreamroseさん、こんにちは。
きつつきは久しぶりに見ました~。
小鳥が住み着いてくれるといいんですけど、どうなることやら。
ツバメの巣でひな鳥がぴーぴーと鳴く姿はとてもかわいいですよね!!
わくわくする気持ち、わかります~♪
親がえさを与えている姿にも感動ですよね。
我が家は長期で家を空けることもあるので、
動物を飼うことができないから、こういった野生の動物が
近くにいてくれると癒されます♪

| ゆー2010 | 2012/03/21 02:15 | URL |

kuniさんへ

kuniさん、こんにちは。
きつつきはずいぶんと久しぶりに見ました~。
常連さんになってくれるのかしら?!
でも、お庭の木に穴が空いたらどうなっちゃうんでしょうね?!
お庭は少しずつ地ならしをしています。
もともと植えてあった古株のバラの枝を結び合って、
アーチ風にしてみたのですが、それが成功するかどうか・・・
最近、地面から赤い新芽がちらほらでていて
芍薬かな、それとも何かほかの植物かしら?と
なぞの芽を発見しました!
もう少し育ってこないと正体がわからないので楽しみです~。

| ゆー2010 | 2012/03/21 02:19 | URL |

みずりんさんへ

みずりんさん、こんにちは!
あーーーー、そうですよね、日本語で「巣箱」でした!!
バードハウスと呼んでいるので、鳥小屋なんて言ってしまったけれど(笑)
小屋といえばもっと大きいものをいいますよね、
ほんとうに私の日本語も怪しいものです・・・
みずりんさんのベランダから手がとどくようなばしょで
卵の成長が楽しめたなんて、素敵ですね♪
そして無事に雛が巣立っていって、うれしいやらさみしいやら
という気持ちになりそう・・・
またみずりんさんの花水木に巣をつくってくれるといいですね!
そしたら、ぜひ、教えてくださいね。

| ゆー2010 | 2012/03/21 02:25 | URL |

らなさんへ

らなさん、こんにちは。
びっくりですね、キツツキが旦那様の車に?!
まさか穴はあけませんでしたよね?!
ピーナッツリース、私は作ったことがないのですが
挑戦してみたいです♪
お庭のオーナメントとしてもかわいらしいですよね。
まつぼっくりのラードは気温が高くなると
だらっとすべるかもしれません・・・
私は春先までで、暖かくなってきてからはパンとナッツ類をあげるようにしています・・・

| ゆー2010 | 2012/03/21 02:28 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yufeb2010.blog48.fc2.com/tb.php/254-a3fbef0b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT