夢見るローズガーデン

ガーデニングとインテリアと日々の徒然・・・自由気ままに書いていきます

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

キッチンのフロアータイル

皆様 こんにちは。

今日はキッチンのフロアーについて・・・

当初の計画では自分たちでタイルを貼るか、無垢のウッドフロアーにするか
ゆっくり考えてDIYの予定でした。
でも、ビルダーさんが夏休みを延長したいから、そのかわりに休み明けに
少し安くフロアータイルの作業をしてくれるという話がでました・・・。

安く・・・なんて言っても・・・
聞いたら私には高い~
でも、ハズバンド君がオッケーしてしまったから
ビルダーさんにやってもらうことになったのです・・・・

とはいえ、タイル、接着の素材、目地の素材は
私たちで揃えることになりました。


8月25日
タイル屋さんからサンプルを2枚購入♪色違いです。
壁紙やペンキと同様に、タイルも実際自分の家に持って帰ってきて
色や質感が空間とマッチするかを確かめます・・・
00325aug12.jpg
空間全体がわりと明るい色なので、床は引き締めカラーでいこうと思います・・・
そして将来、壁の色はまたペンキで塗り替えすることもたびたびあると思うので、
フロアーはどんな色でも合うようなタイルにしたいと思います。

表面に少し凹凸があって、色が微妙にミックスされているタイルを選びました。


キッチンのキャビネットの下にも置いてみて色合いを確かめます。
00125aug12.jpg
左側は黒&グレー、右側はグレー&ダークグリーン。

右側のグレー&ダークリーンのほうがこのキッチンに似合いそうです♪
決まり~☆

面倒ですが、キッチンのサイズを確認して、
タイルを貼る面積を計算します。
そして、タイルの大きさから、何枚購入するべきかを計算。
このときに、必要なタイルにプラス10パーセントほど多く数を揃えます。
そうすることによって、うまくサイズが収まらない場合に調節したり、
サイズカットの失敗も何枚かは犠牲にできるし、
後にアクシデントで一部割れてしまっても、残しておいたタイルで
将来直すこともできるのです♪
初めてのタイル貼りではなおの事多めに購入しておくのがベスト。

また、個人でタイルを購入するときには、
必ず同じ製造ロットで揃えるようにしたほうがいいです!!
これも壁紙同様に、同じブランドの同じデザインであっても
製造ロットで微妙な色の違いがある
からなのです。

どうしても同じ製造ロットでタイルが揃えられなかった場合は
タイルを貼るときに一度箱から全てのタイルをだして、
違う製造ロットをミックスしてごまかす!というのが隠し技かも?!


幸い私はお店の在庫が同じロットで揃えることができたのでラッキーでした。
貼る面積がそれほど広くないから在庫で間に合ったのです♪



ビルダーさんには、ただ真っ直ぐに並べるのではなくて
こういうふうにしたい・・・とちょっとわがままを言わせてもらいました。
私がしたかった、あみだくじ(?)風の並べ方。
8月28日
29aug12 02828aug12
タイルを貼ったら解説書に3時間後はその上を歩いてもいいですよ・・・・
とか目地を入れてもいいですよ・・・
と書いてあっても、もう少し長めに時間を置いたほうが良さそうです。
プロのビルダーさんも長めにやっぱり接着剤が落ち着くのを待つとのことでした。


8月29日
翌日きっちりと接着剤が乾燥して、目地入れの作業が施されました。
29aug12 02929aug12


アップでみるとこんな感じです。
このあと、タイルに残った目地の素材を洗い流す作業をします・・・
29aug12 03029aug12
その洗い流す作業は私たちの役目~。
その面倒な作業が含まれていないから少し安いのかしら?!
(でも、一体全体どこが安かったのか、私には分からないくらい高かったです←しつこい!でも悔しいわ~。タイルなんて自分で貼ったほうがやっぱり安いし、その分で日本への飛行機のチケット買ったほうが良かったと今でも思っています

一つ大切な事を言いそびれました。
DIYをするときにタイルを選んだらその次に目地の色に気をつけてください。
私のタイルはグレーが基調のカラーだったので
目地の色もグレーを選びました。
白いタイルであれば白い目地、
というようにすると仕上がりが自然ですし、DIYでもそれほどヘタに見えません。

白いタイルにグレーの目地を入れてオシャレに仕上げたい!
なんていう場合はタイル貼りを少し練習して
腕前があがってから試したほうが良さそうです・・・

また、私の経験上、薄いタイルのほうが切りやすいと思います。
慣れてしまえば少し分厚くても切れるようになれるのですが
初めて挑戦してみよう~と手を出す場合は薄いタイルがオススメです♪



☆最後まで読んでくださってどうもありがとうございます☆


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






スポンサーサイト

| Sweet Home | 03:48 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT