夢見るローズガーデン

ガーデニングとインテリアと日々の徒然・・・自由気ままに書いていきます

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

キッチンのドアのDIY&アンティークのドアノブ・・・

皆様 こんにちは。


以前にチョッピリと予告をしていたのですが、
実は我が家のキッチンの古いドアにガタがきてしまい、
とうとう交換をすることになったのです・・・・

それで、数週間前になりますが、ドアのDIYをしました。
今日はそのときを振り返っての日記です。


キッチンのドアは、廊下にも明るさが取り入れられるように
上部にガラスがはめ込まれているものにしました。
このドアは以前から私が目をつけていたドアです。
アンティークのドアが入れられないなら、絶対にコレにしよう・・・と決めていました(笑)
格子の入り方が好きです♪


30June13 004ab


ドアのカチャンとなる金具の部分は、古いドアから取り外して再利用します!
なので、このようにはめ込む位置やサイズを確認して、ドリルで彫ります。
30June13 012a 30June13 019a
30June13 021a 30June13 064a


こんなふうに、カチャンの部分(名前が分かりません)が木に収まるように、
サイズを確認してさらに削っていきます・・・
(よく見るとまだ、金具は木の上で、全体が収まっていません・・・)
おそらく、この作業がドアのDIYのなかでは面倒なところかも。
30June13 074a

イギリスのドアはこのように再利用できるところを使いまわすので、
この金具の部分は何十年と古いパーツだったりするんですよ♪

アンティークのドアが高い理由は送料がかさむ上に、
細かいパーツや、意外とレアな付属パーツに価値があることもあるので、
それなりのお値段がつくのだとおもいます・・・


ドアノブは私のアンティークコレクションから・・・。
このドアノブをしまいこんで数年が経ちますが、やっと日の目を見ます・・・。
アンティークならではの深みのある質感が好きです
30June13 029a


なぜか、金属部分が、ゴールドとシルバーで色違いなのですが、
おそらくこのドアノブを使っていた方は、お部屋のコーディネートに合わせて
色を変えられていたのだとおもうのです。
30June13 034a

最近はアンティークに似せたフェイクのドアノブもたくさんでまわっていますね。
本物のアンティーク品に興味がある方は、こちらを覗いてみてください↓ (私のアンティークノブと似ています。)




さて、次に・・・
ドアノブをつけるための穴や鍵穴を作ります。
我が家の家の中のドアには実は全てに鍵がかけられるようになっています。
それも私が大好きなアンティークキーを差し込むスタイルです。
もちろん毎日その鍵をかけて過ごしているわけではありませんよ(笑)

30June13 115a 30June13 124a
30June13 130a 30June13 153a
話がそれますが、二コール・キッドマン主演の「アザーズ」という映画をご存知ですか?
その映画の中で、彼女がいちいちお部屋のドアに鍵をかけるのですが、
私が家の中のドアにも鍵をかけるのは、彼が出張で夜にいないときや
長期で家をあけるときだけです・・・


こんなふうに取り付けましたよ!
ドアを取り付けるヒンジの部分も、もちろん再利用です。
30June13 155ab


とりあえず、こんな感じ・・・
30June13 169a


これから色を塗っていくのですが、長くなってしまいそうなので、後半は次回・・・

またのご訪問をお待ちしています♪


☆最後まで読んでくださって、どうもありがとうございます☆

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| Sweet Home | 07:27 | comments:16 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

おはようございます。

なんでもDIYしてしまうんですね
細かい仕事、位置を合わせるのも一苦労
私には絶対無理です
金具も再利用、キッチンの古いドアが
綺麗になってますね、これからペンキ塗り
どんな色になるのかも楽しみです。
まさかドア自体は既製のものでしょうね。

| ハコ | 2013/07/30 08:40 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2013/07/30 09:40 | |

こんにちは! 本当に、なんでもできてしまうご主人さん素敵です~(*^_^*)

本当に、器用ですよね~^^ DIY用のドアとかが売っているのですか?? 一から板を加工して…とかですか?? 

少しずつ、綺麗にゆーさん色に変化していますよね~おうち^^

楽しみです!

| まりやん | 2013/07/30 10:38 | URL |

お見事ですね~
私もご主人と結婚したくなりました。

| はせがわ | 2013/07/30 17:39 | URL | ≫ EDIT

こんにちは~
古いものでも使えるものは使いまわすのが、イギリス流なんですね。
なんでも新しくしてしまう日本と違う暮らし方ですね。
細かいDIYを全部やってくださるご主人様はありがたいですね~
日本にはこういう男性はとても見つからないですね。
次回も楽しみにしてます~~

| dreamrose | 2013/07/30 17:39 | URL | ≫ EDIT

こんにちわ!

ゆーさん  こんんちわ!

ホントに、ハズバンド君、凄いよね。いつもの台詞になっちゃうけど、日本ではもう、業者さんの領域だわ。  笑

良いな~何でもゆーさんの言うものをDIYしてくれて。

好みの物を組み合わせながら、段々ゆーさんちらしい雰囲気に変って来るよね~~~

アンテイーク、私は不勉強で、余り良く解らないんだけど、イギリスでは、古い物が大切にされてるんだなって、ゆーさんの記事で良く解ります。

日本では、洋風の建物が年代と共にお洒落に進化していくから、古い物を使うときはヨーロッパから取り寄せるのかもね。

キッチンドア、どんな色に仕上がったのか?次回の記事を楽しみにしています。

| ako | 2013/07/30 18:43 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2013/07/30 21:42 | |

アンティークなドアノブ、素敵です!
ドアを開け閉めするたびに、心がときめきそうです。
ドアもこれからどんな色になるのか、すごく楽しみです。
ドアのパーツまで再利用するなんて、日本では考えられないですね。
イギリスは、リユース、リサイクルの先進国なんですね。

↓お庭の宝物、とても可愛い~~!
お庭に出る楽しみが増えましたね。
成長を見守ってあげて下さい~~

| kuni | 2013/07/30 22:20 | URL | ≫ EDIT

ハコさんへ

こんにちは!
確かに位置を合わせることは難しそうで、
確認しながらやっていましたよ・・・
できあがったらノブの位置が反対!なんてならなくて良かった(笑)
ドアはもちろん、既製品です。
ホームセンターみたいなところで、いろんな種類のドアが買えます。
ドアの取り付けも人に頼むとお金がかかるから、
私たちみたいな庶民はこういうことを自分でやって節約です(笑)

| ゆー2010 | 2013/07/31 02:20 | URL |

鍵コメ様

こんにちは!
あらまぁ・・・そうだったのですね(笑)
タネあかしをして、ばらしてしまいましたね・・・
後ほど伺わせてくださいね♪

| ゆー2010 | 2013/07/31 02:22 | URL |

まりやんさんへ

こんにちは!
イギリスのホームセンターみたいなところで売っているドアは
ほとんどがDIY用なんですよ♪
お店には契約のビルダーさんやプロの取り付けやさんがいるとおもうので
必用であれば紹介してくれるはずなんです。
本来ならドアはそれほど簡単に壊れるものではないんですよね・・・
我が家のキッチンのドアは無垢のドアではなかったので、寿命だったのかもしれません。
これから少しずつドアも交換していきたいけれど、かなりマイペースに進みそうです~。


| ゆー2010 | 2013/07/31 02:32 | URL |

はせがわさんへ

こんにちは!
あははは、それは大変!
最近の日本も、古民家再生や、中古住宅の再生をされている方が
増えてきているようなので、こういったことが家族代々、受け継がれていくといいなぁ
なんて思います。
彼は普通の会社員で、こういったことは彼のお父さんから学んだそうですよ。
彼のお父さんも別に大工さんではありません。
家のことが好きなんでしょうね♪

| ゆー2010 | 2013/07/31 02:35 | URL |

dreamroseさんへ

こんにちは!
そうなんです、イギリスって、使えるものはとことん使います。
そして、古いものがこれまたつくりがシッカリとしていて長持ちするんです。
日本のお父さんはお仕事も忙しそうだから、
休みの日に日曜大工なんてして疲れたくないかもしれませんね・・・
あとは、日本だと家主さんが新しく建てたり、
中古住宅をリフォームしてから入居したりするから
我が家みたいにボロ家に住みながら・・・というのは少ないかもしれませんね・・・

| ゆー2010 | 2013/07/31 02:40 | URL |

ako さんへ

こんにちは!
わぁ~、日本だと、業者さんの領域ですか?
今度日本にいったら、お家の修理やサンとして出稼ぎに出そうかな(笑)
日本だと確かにいろんな洋風スタイルがありますね。
ぱっと見はヴィクトリアンスタイルのイギリス風かな~なんていう建物に
パルテノン神殿風の柱をつけている輸入住宅とか、家主さんの夢がいろいろつまっているんだなぁっておもったりします。
長い歴史の中で、建物にいろんな文化が吹き込まれていくことは普通にありますから
お家もお好みで楽しく作るのがいいのかもしれませんね♪
アンティークは私も特別にお勉強しているわけではありませんが、
やはり本物に触れる機会は多いので、自分が好きな種類のものは特にこだわって見てしまいます(笑)

| ゆー2010 | 2013/07/31 03:03 | URL |

鍵コメ2様

こんにちは!
DIY好きのお父さんに育ててもらったおかげで、彼もDIYはだいたいのことはできます。
素人のDIYですが、ここまでできたら助かりますね♪
別件のこと、教えてくださって、ありがとうございます!
実は私も紛失かな~と心配になってきていたところだったのです。
近日中に発送しますね!


| ゆー2010 | 2013/07/31 03:19 | URL |

kuniさんへ

こんにちは!
このドアノブ、素敵なんですよぅ~。
自分で自慢しちゃうのは恥ずかしいことなのですが、本当にお勧めの一品です!
イギリスは古いものを大切にしたり、使えるものは使うという考え方の人は多いです。
おそらく最近の新品のものが安っぽかったり、直ぐに壊れたりするせいもあるのかもしれません(笑)
お庭の宝物、かわいいですよね!!
雨が降って心配なのですが、巣はまだあるから大丈夫なんだとおもいます。
今日は親鳥がぱたぱたーっと別の木へと飛んで、でも様子はきちんと見ていました。
雛鳥の飛行訓練はいつ始まるのかしらね、楽しみなんです♪

| ゆー2010 | 2013/07/31 03:30 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yufeb2010.blog48.fc2.com/tb.php/466-f83fc572

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT