夢見るローズガーデン

ガーデニングとインテリアと日々の徒然・・・自由気ままに書いていきます

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

キッチンのドアのDIY(続き)&アンティークドアパーツ・・・

皆様 こんにちは。

今日はキッチンのドアのDIYの続きです・・・


こんなふうにドアが取り付けられたところまででしたね~。
30June13 169a

このドア自体は既製品です。
このような新品のドアを買うときに、サイズをもちろん確認するのですが、
縦横何センチまでは削ってサイズ変更ができる・・・といったインフォメーションがあるので
それらも確認して買いました。
無垢のドアは削って調整が利くから本当に便利!

今回の我が家の場合は、ドアの縦横は削らずにすみました。
これはとってもラッキーなことです。
その代わり、ドア枠の位置をずらす必用がありました。


ヒンジにとりつけてから、ドアがきちんと閉まるか確認します。
閉まらない場合は、ヒンジのチェック、ドアを削ってサイズ調整したり
もしくはドア枠の位置を変えたりという作業をします・・・


ドア枠の付け直しはこんな感じです・・・
こういったパーツも上手に取り外して、位置を少しずらしてまた付け直す~。
30June13 157a

これが上部のドア枠を取り外したところ。
ドアとドア枠がフィットするようにアジャストして、小さい釘で打ち付けなおします・・・
(またこのドア枠はペンキをぬらなければなりませんが、それはまたの機会に・・・)
30June13 166a


ドアがフィットしたところで、早速ペンキを塗ります!
空気中の湿気などで、木が収縮するので、
特にキッチンは直ぐに塗ってしまうほうが良さそう~。

新品ドアには、ちょっとしたヒミツがあって、
ペイントがしやすいようになっています!

それは、このガラス部分にフィルムが貼ってあって、
ペンキがガラスに付かないようになっているんです。
思い切りペンキ塗りができるというわけなんです。
(もちろん、いつか色を塗り替えるときには今度はマスキングテープを使います・・・)


ではでは、これから色を塗りますよ♪

私が選んだ色は Hemp Beige 。
壁の色と合うかな~・・・と、この色を選んでみました。
ペンキの缶に見えているとおり、1829年からのペンキメーカーで、
ヘリテイジカラーを扱っています・・・

ペンキの色は毎年のように新色や流行色がでるのですが、
そういった色はあとから、もう手に入らない・・・なんてこともあるので
老舗の伝統色はそういう意味では安心♪
リビングのドアもお揃いでいつかは交換したいので、
同じ色で塗れるように、手に入りやすいトラディショナルカラーから選びました。

30June13 173a 30June13 175a
30June13 192a 30June13 198a

左側の小さめのドアはパントリーのドアなのですが、ついでにお揃いの色で塗ってみました♪


全体を塗って、乾いてからセカンドコート・・・

30June13 202a


そして、窓に貼られているフィルムをよく切れるカッターで木の縁から切り離してはがします・・・
フィルムを全部はがすと、こんなふうにガラスがスッキリ。
30June13 204a


このアンティークキーが今も、そしてこれからもずっとキッチンで使うことになっていく・・・
27July13 010a


鍵穴は彼が糸鋸(?)とヤスリで整えましたが、まさかそのままにはしませんよ~。
(だってねぇ、前方後円墳みたいな綺麗な形じゃないんだもん
これから、鍵穴専用の金具を取り付けます。

27July13 002a

こういうどうでもいいようなドアパーツもアンティークなんですよ~♪
こんな鍵穴につける金具なんて、みなさん、あまり意識してじろじろとチェックしたことは
ないかもしれませんね(笑)

アンティークドアにはこういったものが付いていることが多いので
みなさんがアンティークドアを買われるときには、ドアのサイズや形はもちろんですが
このような細部のパーツも是非チェックしてみてください!
ディテールに凝ったアンティークドアには、そのドアを使われていた方の思いが詰まっているはずです・・・



ちなみに、この真鍮のマイナスのビスがアンティークの証拠・・・
イギリスのアンティーク品を買われるときにはこういうところをチェックしてみてください。
古いものにはマイナスのビスが使われているのだそうです・・・
27July13 007ab



ドアのカチャンの部分はドアの側面にぴったりと収まりましたよ♪
鍵穴の金具のとりつけには彼のコレクションの中から古いマイナスビスを探してもらって
似合うものをつけました・・・
こういったツマラナイビスやネジなども蚤の市で見かけたら買っておくと、
こんなときに役にたつものなんです~。
せっかくのアンティークパーツを、新品のビスで留めたら台無しだとおもうのです・・・
27July13 009a 27July13 022a
27July13 020a 27July13 016a

鍵穴の金具はトップがスウィングするものを選びました。
鍵を差し込まないと、鍵穴は見えない仕組み。
この金具も色がゴールととシルバーとがあって、
ドアノブの色と丁度マッチさせることができました♪


これで、出来上がり~ わ~い!
27July13 018a

もう一度、ペンキを塗る前のドア・・・ 
30June13 169a

たったのドア一枚のDIYを二回にまたがって日記にしてすみませんでした・・・
でも、アンティーク好きな方に、イギリスのドアの細部を
お伝えしたかったのです・・・。


こんなふうに新しいドアでも、取り付けるドアノブや鍵穴の金具などで、
少し古めかしい雰囲気を作り出すことができます。
試してみてくださいね~。

☆最後まで読んでくださってどうもありがとうございます☆

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

| Sweet Home | 07:22 | comments:19 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

すごい、うらやましい・・・

ドア取り付けブログ、何というか、読んでいて血が湧きます。
格子のデザインが何とも言えないドア、アンティークの取ってと鍵、いいな~。それにしても色んな工具を持ってますね。さすがイギリス人。(笑)それにご主人、何でもできてしまう。これが日本人の男だとこうは行かないですからね。イギリス人のご主人で良かったですね。(笑)それにしてもゆーさんは記録係?イギリス人の女性らしく、ご主人と一緒に汗まみれになって・・・?(笑)
こんなアンティークのカギを使ったドア、自慢できますね~。最高!

| nik | 2013/07/31 08:35 | URL |

こんにちは~

形や色はもちろん、小さな金具やビスの1本まで
こだわって自分で選んで作ったドアには愛情を感じてしまいますね。
お引越しする時はどうするのかしら?
外してもっていくのかな?
おいていくのはもったいないし・・・
おうちのDIY,また見せてくださいね。
楽しみにしてるから・・・

そういえば、種どうなってるのかしら?
遅いですよね??

| dreamrose | 2013/07/31 08:52 | URL | ≫ EDIT

こんにちは

ドア自体は既製品ですか
なんか安心したような気持ちになります
先のコメントで書きましたけど
まさかDIYかと思ってました
ガラス部分にフィルムが貼ってあるのが
ミソですね、このペンキ塗りはけっこう
大変そうだし、今後の参考にできるな
と密かに期待してました。
私もフェンスに木の枠が使われているので
うまい方法があればと思っていたところです。

| ハコ | 2013/07/31 09:39 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2013/07/31 11:13 | |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2013/07/31 11:57 | |

こんばんは!

ゆーさん こんばんは!

ドアの色、凄く良いね~☆
横のパントリーのドアと同じ色にしたら、統一感が出てスッキリお洒落~☆
ドアにここ迄拘るから、建物も長く使えるのね。
鍵穴のカバーがスイングするのも、良いねo(^▽^)o
ドア枠の付け直しとか~~~考えただけで、大変そう!
やはりハズバンド君は、DIYが、本当に好きなのねo(^▽^)o
うちの主人が見たら、卒倒するかも。笑
DIYが得意だと夢が広がるね~~o(^▽^)o

| ako | 2013/07/31 22:20 | URL |

スゴイ!

二日分見せていただいたのですけれど・・・・
二人ともすごい。
ご主人は道具もそろっていて器用でやる気十分。
ゆーさんも色んな事詳しいのね。
コレクションにも驚きです。
家なんかドアが壊れたら業者さんに来てもらって
終わりです。
日本のほとんどの旦那様はそうではないかしら…
ペンキの色選びなども なるほどねとうなずかされました。

| みずりん | 2013/08/01 00:15 | URL |

nikさんへ

こんにちは!
ドアの取り付けは引っ越す前の家でも挑戦したことがあって、
そのときはまともな工具がなく、かなり面倒だったみたいです。
私たちは古い家が好きなので、ボロ家を買って、工具もそろえてお家作りに挑戦です(笑)
日本のお家は新築が多いし、中古を買われる方もリフォームを済ませてから
入居されたりするから、そこがイギリスとは違うかもしれません。
今のイギリスはお給料に対して、お家の値段やローンの率が高くて
家を買うのが難しくなってきています。
ローンが終わる頃には・・・この家、やっぱりボロかもです(笑)

| ゆー2010 | 2013/08/01 05:29 | URL |

dreamroseさんへ

こんにちは!
先日、dreamroseさんのコメントにも残しましたが、
私も種の到着が遅いなぁと思っていたんです。
同日に送った方が今日届いた方もいらしたのですが、
紛失も考えられますので、近日中に再送しますね!
お引越しをするとしたら、さて、どうしましょうね(笑)
ドアノブだけは持って行きたいかもしれません~。

| ゆー2010 | 2013/08/01 05:57 | URL |

ハコさんへ

こんにちは!
ドアは既製品です~。
オーダーメイドで職人さんに作ってもらうと、
やはりお値段が高いから、手が出せません・・・
でも、このドア、ちょっと古めかしい雰囲気で好きなデザインです♪
これからハコさんもペイントの計画があるのですね?
外は気温が高いからペンキがすくに乾きそうですね・・・

| ゆー2010 | 2013/08/01 06:08 | URL |

鍵コメ様

こんにちは!
お知らせくださって、ありがとうございました。
良かった~♪
私もまた楽しみが増えましたよ。

ドアノブ、ずっとしまいこんでいて、
やっと生活の一部に役立てることができました~。
新品のドアはこれからスクラッチや凹みなどが生活の中で自然とついて
いつしかもっと古めかしくなるかなとおもいます♪

| ゆー2010 | 2013/08/01 06:20 | URL |

akoさんへ

こんにちは!
ドアの色、無難すぎたかな・・・という気もしたのですが、
オリーブグレイの壁の色にはピッタリでしたね♪
パントリーとお揃いの色になって、良かったなぁって思っています。
こういう機会がないと、わざわざパントリーのドアだけを塗るってこともないですし(笑)
うふふ、akoさんのご主人様はDIYはされないのですね?
卒倒だなんて(笑)
我が家みたいな古い家はDIYが好きな人が買うことが多いです♪


| ゆー2010 | 2013/08/01 06:28 | URL |

みずりんさんへ

こんにちは!
私たちも今だからこんなふうに自分たちで頑張りますけど、
一通りの修理やメンテナンスが終わったら
あとはできるだけ現状保持で生活したいと思っています(笑)
ドアは上が半分ガラスにも関わらず、無垢だからすごく重たくて
これをあと20年後に抱えてできるかといったら、どうかな~・・・
業者さんにお願いしたいかも(笑)
ペンキの色選びも今まで、ちょっと塗ろうとおもったら
もう発売されてない・・・なんていう経験があったので
失敗から学びました。私たち、こんなDIYを前の家からしてきて10年・・・
なかなか終わりません~。

| ゆー2010 | 2013/08/01 06:37 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2013/08/01 07:37 | |

鍵コメ2様

こんにちは!
良かった~、これで安心です~♪
思っていたよりも時間がかかりましたが
無事に着いてなにより!
お花が咲いてくれますように♪
楽しみが増えました~。

| ゆー2010 | 2013/08/02 02:17 | URL |

改造トーナメント

お部屋改造トーナメントより寄らせていただきました。
ドアに鍵穴がつくと一気にアンティークっぽくなりますね。うらやましいです。ねじにまで凝っていらっしゃって参考になります。また遊びにきますね。

| ukachiko | 2013/08/02 11:27 | URL |

ukachiko さんへ

こんにちは!
トーナメントからきてくださったのですね!
コメントまで残してくださって、どうもありがとうございます!
まだゆっくりと改造トーナメントのみなさんの記事は
拝見していないのですが、お部屋の改造や模様替えが大好きなので
きっとたのしそう!
これからukachikoさんのところへ遊びにいきますね♪

| ゆー2010 | 2013/08/03 04:05 | URL |

こんにちは〜。
こだわりのドアになりましたね!デザインも色もステキ!

うちのドアはディテールのないフラットなタイプなので、全部取り替えたいぐらいの勢いなのですが、いつか自分で作りたいかも(?)という曖昧な気持ちがあるので、今はとりあえず時間があるときに既存のドアを1枚ずつペンキ塗って、ノブだけ可愛いのを探しているところです。ゆーさんが取り付けたようなガラス製のノブもあちこち見たのですが、結構お値段張るんですよね。ポーセリンも。最終的にはフツーので落ち着きそうな雰囲気です。笑

| Motoko | 2013/08/03 10:05 | URL | ≫ EDIT

Motokoさんへ

こんにちは!
ドアが新しくなって明るくなりました♪
我が家のドアもフラットな感じですよ。
たぶん、この年代はシンプルでフラットなドアが流行っていたのかなぁって思うんです。
ご丁寧に、お部屋側と、廊下側で色が違うんですよ(笑)
Motokoさんなら、ドアもお手製で作れてしまいそうですね!!
そのときがきたら、ブログで見せてください~。
ドアノブもいろいろあるから、なんかお部屋ごとに違ったノブをつけるのも面白いかなぁ・・・
なんて思うけれど、それってちぐはぐすぎるかな(笑)

| ゆー2010 | 2013/08/04 06:09 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yufeb2010.blog48.fc2.com/tb.php/467-e6176075

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT