夢見るローズガーデン

ガーデニングとインテリアと日々の徒然・・・自由気ままに書いていきます

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ストーンヘンジへ行って来ました

皆様 こんにちは。

ちょっぴり、ブログをお休みしていました・・・


どこへ行っていたかといいますと、ストーンヘンジです♪


ストーンヘンジはとっても有名ですね~。


誰が何のためにこのように巨石を積み立てたのか・・・
いろんな説があり、今もナゾに包まれたまま・・・
12Aug13 093a


ストーンヘンジをぐるっと周りながら写真を撮ってきましたが・・・

どれも同じような雰囲気
12Aug13 090a



このミステリアスな巨石に触れてみたいなぁ・・・と思うのですが、
残念ながら、ロープで囲ってあり、近寄ることは出来ません。
ちなみに、希望者はオーディオ案内を借りて、説明を聞くことができます。
もちろん、日本語もありますよ
12Aug13 108a


この日は日中はお天気も良くて、過ごしやすい一日だったのですが、
ウッカリしたのが、服装・・・
このようなイギリスの原っぱが続くカントリーサイドは、
風が強いことがあり、日本の夏の感覚でお出かけしてしまうと、寒いです!
私は一枚、羽織物を持って行きそびれ、ブルブル震えてしまいました。
日本人の観光の方たちが、バスツアーでいらしていたのですが、薄着で寒そうでした・・・
イギリスは北欧ですから、特に夕方の観光にはカーディガンやウィンドブレーカーなどが
あったほうがいいですよ♪

いつか、ストーンヘンジに行きたいなぁ・・・と思われた方、
寒い思いをしながら眺めているよりは、温かい格好をしてゆっくりと見たほうがいいですから
一枚、上着をお忘れなく♪
12Aug13 117a



ストーンヘンジの近くの町、ソールズベリー(Salisbury)は
歴史的な町並みが美しく、つい足を踏み入れたくなるお店もたくさん!
アンティークショップもありましたよ。

街中のハンギングバスケットや、段々に植えられた寄せ植えのお花たちも綺麗でした♪
12Aug13 005a12Aug13 003ab
12Aug13 008a12Aug13 072a
12Aug13 017a12Aug13 066a


ソールズベリー大聖堂
12Aug13 023b

あまりにも大きくて、どうやって写真を撮ったらよいのやら


この大聖堂には、今のイギリスの憲法にも重要な関わりを持つ、
「マグナ・カルタ(大憲章)」の写本が保管されていることで有名です。
王様といえど、威張り腐って勝手にイロイロと決めてはいけないのだ!
王様だって、きちんと法の支配を受けるべきなのだ・・・というような王様の制限が
いろいろと書かれているのだそうですよ・・・
12Aug13 027a


今回は大聖堂の中には入りませんでしたが、外観を眺めるだけでも満足♪
以前に中は見たことがあるのですが、中庭と回廊が印象に残っています・・・
またいつか行ったら、今度はゆっくりと大聖堂だけを訪れてみようかな。
12Aug13 037a



さて、この赤のやじるしの所にご注目!
これはガーゴイルです。
ガーゴイルは雨どいなんですよね・・・
口から雨水がこんなふうに、どば~っと、流れ落ちると思うんです(笑)

12Aug13 034ab
皆さん、イギリスを観光されるときに、雨が降っていても、残念がらずに
こんなガーゴイルを見て、雨だからこそ見れたわ~ってポジティブな思い出作りをしてみてくださいね!

雨が多いイギリスですが、この夏は本当にいい夏でした。

↑過去形なのは・・・うっすらと秋の気配を感じる
今日この頃だからです(笑)

さて、私はこれからお庭のことを頑張ってきます~!

☆最後まで読んでくださって、どうもありがとうございます☆

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 日々の徒然 | 23:44 | comments:18 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ゆーさん、こんばんわ~。

ストーンヘンジ、巨石が環状に並んでいる様は、
何とも不思議な世界ですね~。。

大聖堂も、物凄い迫力ですね!!

歴史と伝統のある、そして、ガーデンが素敵なイギリス。
いつか、訪ねてみたいものです~♪

| penpen1go | 2013/08/16 00:22 | URL | ≫ EDIT

penpen1goさんへ

おはようございます!
ストーンヘンジはどうしてこんな辺鄙なところに
建てたのかな・・・なんて思うようなところにあります・・・
でも、不思議さはありますね!
penpen1goさんはお庭作りのセンスが高い方ですから、
きっとイギリスのガーデンめぐりをされたらまた違った視点で
満喫できるとおもいますよ♪

| ゆー2010 | 2013/08/16 05:59 | URL |

おはようございます~♪

ストーンヘンジ、いいですね~
一度見てみたいです。
どうやってあの大きな岩を運んで上に載せたのか気になります。

教会のガーゴイル・・・そうか、飾りじゃないんですね~
見てみたいわ。
イギリスは雨、多いんですよね~
こちら、雨が降らなくて来週からまた取水制限がきつくなるの。水不足が心配だわ。

| dreamrose | 2013/08/16 07:35 | URL | ≫ EDIT

おはようございます。

マグナ・カルタ、学校の教科書で
よく出てきました。
こういう大きな大聖堂とても興味があります
これだけの建物はきっと信者の寄付や労力で
少しずつ積み上げたものと思います
この中がどうなっているのか
とても興味があります
マリア様や大天使が並ぶ姿も素晴らしいです
ガーゴイルも何か意味があるものなんでしょう。

| ハコ | 2013/08/16 08:05 | URL |

おぅ!!!ストーンヘンジ!
小さな頃から ミステリーサークルとして
本やTVでお馴染みですが
私にはすご~く遠い存在で(実際遠いですが)
「家族で見に行く」という発想がなかったので
なんか妙にビックリしました。

ゆー様のおうちからだと、私たちが
「1泊して奈良の大仏見に行こうか♪」みたいな
感覚なんでしょうかね?!((^Д^)

ロープで近寄れないというの聞いて、納得。
ストーンヘンジのまわりに人がいる画像って
見たことないですもんねぇ~。

ガーゴイル、面白い!
雨の日に、こんなガーゴイル発見したら
1日中 ハッピーな気分です♪♪♪

| メアリー | 2013/08/16 11:44 | URL |

ゆーさんこんにちは。
ストーンヘンジ!仲間達とイギリス、スコットランド、アイルランドを2が月かけて回ったと時に、私は行きたかったのですが他の人達は石ころ(!)にまったく興味が無くてスルーされてしまったという悲しい思い出があります(笑)。いつか行ってみたい所です。その年は寒くて、8月の朝晩の気温は8度ぐらいで、あまりに寒く、ちょうど最終処分価格になっていたキルティングのコートを買ってしまいました。

どんな小さな田舎町でも歩道に寄せ植えが、街灯にハンギングバスケットがあってどれも素晴らしく手入れされていたのを憶えています。

| りうと | 2013/08/16 15:17 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2013/08/16 15:36 | |

dreamroseさんへ

こんにちは!
本当に、私もどうやって運んで、どうやって載せたんだろうって、
やっぱりきになりますよ~。
どうやら、ウェールズで同じ種類の石があって、わざわざウェールズから
運ばれたらしいんですよ・・・
ガーゴイルは雨水が出ているときこそ、見時ですね(笑)
そちらの水不足、早く解消されるといいのですが・・・
全国的に厳しい猛暑が続いているようですね。お身体気をつけてください。

| ゆー2010 | 2013/08/17 06:11 | URL |

ハコさんへ

こんにちは!
さすがはハコさんですね、私は実はマグナ・カルタって名前は聞いたことがあるけど
なんだっけ・・・って調べてしまいました(笑)
大聖堂はカメラの規制が厳しく、中が撮れないということがあります・・・
昔の人は本当に芸術的というか、よくぞここまで手の込んだことをしたなぁ・・・と
感心してしまいます。
ガーゴイルは場所によっては、なんだか悪魔みたいな怖い雰囲気のもあります。
小さなディテールを見つけるのも観光の楽しみです♪

| ゆー2010 | 2013/08/17 06:16 | URL |

メアリーさんへ

こんにちは!
そうそう、本当にメアリーさんのおっしゃるとおり(笑)
私からしてみたら、奈良の大仏はもう何十年とみていませんから、
ストーンヘンジのほうが身近(笑)
ガーゴイル、ここのは人の顔でしたが、場所によっては
なんか悪魔の化身みたいなのだったりして、どうして教会とかなのに
こんなおどろおどろしいものがいるのかなぁって不思議に思ったりします・・・


> おぅ!!!ストーンヘンジ!
> 小さな頃から ミステリーサークルとして
> 本やTVでお馴染みですが
> 私にはすご~く遠い存在で(実際遠いですが)
> 「家族で見に行く」という発想がなかったので
> なんか妙にビックリしました。
>
> ゆー様のおうちからだと、私たちが
> 「1泊して奈良の大仏見に行こうか♪」みたいな
> 感覚なんでしょうかね?!((^Д^)
>
> ロープで近寄れないというの聞いて、納得。
> ストーンヘンジのまわりに人がいる画像って
> 見たことないですもんねぇ~。
>
> ガーゴイル、面白い!
> 雨の日に、こんなガーゴイル発見したら
> 1日中 ハッピーな気分です♪♪♪

| ゆー2010 | 2013/08/17 06:26 | URL |

りうとさんへ

こんにちは!
りうとさんはあちらこちらへと、フットワークが軽いですねぇ!うらやましいです!
お友達と周ったときに行けなかったストーンヘンジ、きっとこれからも
ずっと未来永劫変わることはないので、ゆっくりと次の機会に訪れてみてください♪
一度みたら、いいかな・・・って思いつつ、なんとなく行く機会があって
4回かな、訪れました(笑)
イギリスは夏らしい夏のときも朝晩は意外と気温が低いこともあるので
暖かい格好も用意しておいたほうがいいですよ~♪
ハンギングバスケット、本当に綺麗で、私のとは大違いでした(汗)

| ゆー2010 | 2013/08/17 06:33 | URL |

鍵コメ様

こんにちは!
そうですね、おっしゃるとおり、いろいろな想像をしてみると面白いですよね!
ミステリアスで夢があるのがストーンヘンジの良さの一つなのかもしれません・・・
そういわれてみたら、街路樹を見なかった気がする!(笑)
小さな公園には緑があったのと、小川が流れていてその両脇にお花が咲いていました・・・・
屋根の上にいるのは鹿です。直接関係があるのかわからないのですが、
白い鹿が矢でいられて、長い距離を走りソールズベリまできて、
今のソールズベリ大聖堂が建てられた場所で息絶えたのだそうです。
そのような伝説(?)にちなんだモニュメントなのかなぁ・・・とおもって撮ってみました♪

| ゆー2010 | 2013/08/17 06:48 | URL |

昔はロープなんかなかった様な気がしますが?
写真を見ているとイギリスってやはりいいな~と思います。時間がゆっくり流れて、否が応でも歴史の流れの中に身を置いて。去年昔住んでいた所へ近所の人を訪ねて行きましたけど、通りの景色も家々も住んでいる人も同じで、こんなに変化がゆっくりなんだと改めて思いました。ゆーさんもそんなイギリスの一員になってどんな歴史を作って行くのでしょうね。穏やかな生活、穏やかな時間、そんなイギリスの印象です。

| nik | 2013/08/17 09:22 | URL |

ストーンヘンジがイギリスどの辺のどんな所にあるのか知りませんでしたので、グーグルアースで調べてみました。
場所も辺りの様子もよく判りました。
4500年前に出来たときはきっと今とはかなり違う状況だったのでしょうね。
どうやって運んでどうやって建てたか、考えるだけ無駄ですね。

| はせがわ | 2013/08/17 16:09 | URL | ≫ EDIT

nikさんへ

こんにちは!
昔はロープがなかったのかもしれません。いたずら書きや、
傷をつけたりする人が増えてしまったからか、このような措置がとられたのかもしれません・・・
イギリスは確かに時間がゆっくりと流れています。
人種の違いがこのような違いをうんでいるのかもしれませんね。
会社も日本と比べるとお休みは長期で取れるし、
残業をしている人は仕事ができないからだというような見られ方があるからか
イギリス人は残業をしないでパッと定時で帰る傾向があります・・・

| ゆー2010 | 2013/08/17 16:43 | URL |

はせがわさんへ

こんにちは!
今の時代はグーグルアースで景色まで見れて便利な時代になりましたよね!
今でもストーンヘンジのあたりは羊がいてのんびりした辺鄙なところにあります・・・
本当にどうやって運んできたのか、不思議ですが
ナゾが解けないままどんどん時が流れていきそうですね。
私たちの現在の暮らしぶりも、4500年後の人々には良くわからない生活ぶりかもしれませんね(笑)

| ゆー2010 | 2013/08/17 16:47 | URL |

こんばんは!

ゆーさん こんばんは!

ストーンヘンジ、日本のTV番組でも良くみます。
こんな大きな石を~~~~それも何組も積み上げるなんてね。重さも半端じゃ無いよね。ミステリアスなのも魅力かな。
日本にも一個有るよね~~~ストーンヘンジに比べたらかなり小さいけど、蘇我馬子の石舞台~~~~なんとなく思い出しちゃった。笑
イギリスは色々魅力的な場所が多いから、楽しめそう!
ソールズベリーの街並み、素敵ね~~~~☆
教会も凄いな〜
実際にこの教会の前に立ったら、鳥肌が立ちそう!
大聖堂~~人の大きさと比べると、その大きさが想像出来ます。古くて荘厳で~~
良いな~~☆マグナカルタ~~世界史で習ったよね。笑

ガーゴイルって言うの?
雨の日も楽しそうo(^▽^)o
イギリスは歴史が古くて、その建物が石作りだから今でも当時のまま残ってて、素晴らしいね。
いつか行ってみたいな~~~☆☆☆

| ako | 2013/08/19 20:20 | URL |

akoさんへ

こんにちは♪
ストーンヘンジ、日本でも扱われているんですねぇ!
というか、日本のテレビって、よくイギリスのことを放送しているようですね。
わーー、懐かしい、蘇我馬子って、日本史にでてきましたね(笑)
そういわれてみれば、石がのっかって、ストーンヘンジのイメージににているかも!!
昔の人は石のパワーみたいなものを崇めていたのかしら・・・
私たちにとって、海外の建物は見慣れていないので、すごいなぁ~って感動が大きいですよね♪
でも、逆にハズバンド君からしてみると、日本の建物が素晴らしいと言います。
私もそう思います。日本の宮大工さんにしかできないような、そして日本の風土に似合った建物!誇らしく思えます♪

| ゆー2010 | 2013/08/20 06:35 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yufeb2010.blog48.fc2.com/tb.php/480-10c8500d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT