夢見るローズガーデン

ガーデニングとインテリアと日々の徒然・・・自由気ままに書いていきます

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

バスルームDIY5 *配線の移動&排水パイプの作業*

皆様 こんにちは。

古いお風呂を破壊してしまったから、私たちはお風呂に入れません~!

という事はありません!大丈夫です♪

さすがにキッチンのシンクでお風呂は代用できませんから



新しいお風呂は届いていて、リビングで待機していました♪

24Jan14 080b 24Jan14 035abc
先日の写真ではわかりづらかったとおもいますが、
既にお風呂用のタップ(水栓)はここにできています。↑
(もちろんこれは先日破壊した古いお風呂↑)

この位置に新しいお風呂を仮置きして、もちろん排水パイプも仮止めして、現在はお風呂に入れる状態です♪
でもDIY作業のときにはシーツを被せたり、移動したり・・・新しいから汚したくなくてドキドキしちゃう(笑)



さて・・・
フェイクウォールを取り壊したときにプラスターボードの中にはいくつか電線が配線されていました。
これらを新たなプラスターボードの裏側に隠れるように移動させます。
床下と天井に穴をあけて、電線を移動・・・
天井からロフトにもって行った電線は彼がまたきちんと処置をしてくれました。
もちろんこの間は電気は止めて作業です。

彼はこういった電気とかも得意なんですよねぇ。(私なんて電球も怖いから電球の交換も彼の役目)
でも!!!得意といっても・・・所詮はド素人のDIYですから、間違っていたり、
知らぬが仏でテキトウなところもあるかもわかりません
あくまでも我が家のDIYの日記ですので、レクチャーではありませんよ~
こうやるんだー?なんて真似して失敗のないようにしてくださいね!

25Jan14 034a 25Jan14 046a


次にフェイクウォールの天井部分の残りを撤去。 (赤線の部分です↓)
25Jan14 042a 17Jan14 006abc

配線作業と、新しくシャワーが取り付けられるようにパイプの作業もしてからプラスターボードを設置しました。        (アフター↓)                  (ビフォー↓)
25Jan14 050a 21Jan14 064a

この水色のプラスターボードは水周り専用(ここにシャワーを設置したいので)のものです。
通常のプラスターボードよりもズッシリしています。運ぶのが大変そう・・・

我が家のバスルームはユニットバスではないので、このような特殊なプラスターボードが必要でした。
日本のお家も水周りはこのような水周り専用のプラスターボードがあるのでしょうか???
お家の造りも日本の規制とこちらでは違うでしょうから、いろんな資材の違いがありそうですよね!
こういうところはとても興味深いです♪
日本のお家は耐震性もあるので、参考にしたいことがたくさんあります!



イギリスのお家はレンガが二重に積まれて壁ができています。
最近は内側にはブロックを積んで、外側だけがレンガというのが普通のようですが
この時代(1950年代)は外側が赤レンガ、内側はベージュのレンガだったようです。
排水パイプを家の外側に通すために、内側のレンガと外側のレンガに穴を開けました。(黒い○で囲った部分)
もちろん、パイプを通して周りは隙間だらけでスカスカですから、
きちんと最後には壁の処置をしなくてはなりません。このままだと隙間風が入りすぎちゃいますからね(笑)
25Jan14 058ab 24Jan14 028a
↑赤のやじるしたちが今回新たに設置した排水パイプ。
ピカピカの銅管は先日設置した水道の供給パイプです。
新たなレイアウトに伴い、このような見えない部分の作業は本当に大変そうでした・・・

早く私が手がけられる内装の段階になって欲しいのですが、(電球に触れない私でも、タイルを切って貼ることはできるのです♪)
平日は彼も仕事があって、少ししか進んでいません・・・
でも、確実に一歩一歩完成に向かっているので待っていてくださいね♪



☆最後まで読んでくださって、どうもありがとうございます☆
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| Sweet Home | 08:01 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT