夢見るローズガーデン

ガーデニングとインテリアと日々の徒然・・・自由気ままに書いていきます

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

猫足のお風呂? 鳥足のお風呂!

皆様 こんにちは。

現在の我が家のバスルームには相変わらずドアもなく、お風呂は仮り置き状態です
こんな状態だからお友達が呼べません

これからフロアーにはタイルを貼るので、その作業の時には一旦また浴槽を廊下に出すことになります・・・
排水パイプも直ぐに外せる状態なのですが、水漏れもなく大丈夫です!
フロアーが終わったら、ドアの設置などはその後にとりかかります。
まだまだ先は長いです~。

18Feb14 010a 27Jan14 002a
25Jan14 006a 25Jan14 014a
猫足のお風呂とか、猫足バスタブなんて日本では呼ばれますが、
本当は猫足ではないんですよ、ご存知でしたか??

私が選んだものはクロウフィートと呼び、鋭い鳥の足がボールを鷲づかみにしているデザインです。
エレガントかと思いきやちょっと怖い感じ?!
ドラゴンの足なんかもあるんですよ。
猫足のお風呂はこちらではロールトップバスと呼ばれています。

前にもお話しましたが、イギリスのお風呂は日本のお風呂のように
ざぶ~んとお湯をこぼして入ることは出来ません
ざぶ~んができないのは残念ですが、郷に入れば郷に従え・・・仕方がありませんね。

最近はウエットルームといって、ザブザブとお湯をフロアーに流せる造りも
流行ってきていますが、我が家の場合はバスルームが二階なので、リスクを考えて諦めました。
また、ウエットルームのDIYはもっと難しそうだったので、それも諦めた理由の一つです。

ところで・・・
日本ではどうやらこの猫足のお風呂は掃除が大変だし、
不衛生になりがち・・・と思われているようですが、
実際には私はとても衛生的だと思います。
なぜかというと、浴槽の真下も掃除ができるからです♪

これは私の憶測なのですが、イギリスでは猫足バスタブは外側にジャージャーと
水がかぶることは想定されていません。
日本で販売されている日本のお風呂用の猫足バスタブは大丈夫なのかもしれませんが、
輸入物のバスタブは身体を洗う洗い場の隣に隣接してしまうと、
お掃除が大変になってしまうかと思います・・・
私のお風呂を見ている限り、ちょっとこの足の部分を濡らすのは勇気がいります・・・

イギリス人はこの浴槽の中で身体を洗うというライフスタイルなので
日本人のライフスタイルに合わせて使うのであれば、
別に洗い場があったほうがいいかな・・・と思います。

我が家はスペースが限られているので、シャワーブースで身体を洗うことになります。
とても狭いんですけどお掃除スペースも狭くなるとおもって、デメリットをメリットに(?)
できるだけポジティブに考えるようにしています(笑)

ちなみに、こちらでは一人ずつバスタブのお湯を入れ替えるのが普通なので
湯船を使いまわすというなアイデアはないようです。
日本にあるような「追い炊き」機能はイギリスのお風呂で見たことがありません。

また、お風呂の残り湯で洗濯物を洗うということもしません。
(あ?!でも、今の日本はもう残り湯で洗濯しない時代かな???)
なのでイギリスでは洗濯機はユーティリティールームか、キッチンに置きます。
こういうライフスタイルの違いが家の造りを変えるという点は面白いですよね。


我が家はシャワーブースが完成したら、バスタブのお湯を一人ずつ新しくするのではなく、
シャワーの後に温まるように、使いまわししようと思います。
というか・・・一緒に向かい合って入るつもり
え?誰と?って決まってるじゃありませんか~。うふふ。



☆最後まで読んでくださって、どうもありがとうございます☆

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村











にほんブログ村 インテリアブログ クラシックインテリアへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| Sweet Home | 08:19 | comments:28 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんにちは。
生活習慣の違いを楽しみながら上手に受け入れている
ゆーさんの前向きな姿勢にいつも元気を頂きます。
お風呂のお湯お洗濯に使いますよ♪
あっ、でも最近流行りのドラム式では難しいのかなぁ?
うちのは古いから残り湯OKです(笑)
バスルームの完成が待ち遠しいですね。

| 55スマイル | 2014/02/25 10:24 | URL | ≫ EDIT

こんにちは、ゆーさん♪
バスタブ素敵~。
これだとゆっくり湯船に入って、読書も楽しそう♡
え~、お嬢様まだ一緒にお風呂入ってくれますか?(決めつけている私って、笑)

我が家のファミリーバスルームには天窓がついているのですが、冬は無茶苦茶寒いです!日本のようにお風呂につかることはないので、熱いシャワーでバスルームを先に湯気で温めておかないと、アトピーの娘にはぬるま湯シャワーなのでバスルームが寒いんですよぉ。(勿論バスルームにもヒーターはついているのですが。。。)

日本は追い焚きシステム(って言うのでしたっけ?)とかあるから本当に便利ですよね。こちらにもそんな湯船が欲しいです~!

| wilmslow | 2014/02/25 10:55 | URL | ≫ EDIT

おしゃれな足のバスタブ~かっこいい!
バスタブの外が濡れないということは
今はやりのルンバ(ロボット掃除機)があれば
バスタブの下も掃除してくれるってことですね!
(どこまでも ズボラな妄想~(^_^;))

日本は、おそらく「エコ」ということで
お風呂のお湯を洗濯機がポンプで吸い上げてくれる
タイプが主流になっていると思います。
うちのドラム式も残り湯を吸い上げて、
残り湯を殺菌してから洗濯につかってくれる仕様に
なっていますが…

残念ながら洗濯機置き場がお風呂から遠い><

以前はダラダラとホースを引いて
残り湯つかっていましたが
ホースの出し入れの手間に負けて
今は水道水オンリーです~(^_^;)

あ、いや、郷に入っては郷にしたがえ!
ですよね♪♪ どんまい、どんまい♪

| メアリー | 2014/02/25 12:57 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2014/02/25 14:27 | |

え~!猫足って英語の直訳かと思っていましたが違うんですねーw(゚o゚)w
猫足のくるんとしたデザインがもちろん好きなのですが、
猫好きの私としては、そのネーミングのお陰でますます虜になってしまっていたりします(笑)
でも鳥足であっても、素敵なバスタブですね♪
水栓もオシャレですし、出来上がりが楽しみです~(*´∀`*)
一緒に入るのは、旦那さんですか?( ´艸`)
私も主人とは一緒にお風呂に入りますが、母や女友達とは恥ずかしくて、一緒には入れません…(^_^;)

| mi-ko | 2014/02/25 16:44 | URL |

こんばんは~♪

とってもおしゃれな鳥足バスタブですね~
バスタブは空中に浮かんでるんですね~
お湯をざぶざぶ流せないのはなんとなく物足りない気がするのは長年の癖でしょうね。
ビンボー症だから、一人でお湯を捨てちゃうのが勿体ないし・・・でもオットとはお風呂入りたくないから、日本に住んでてよかった~~笑

| dreamrose | 2014/02/25 22:29 | URL | ≫ EDIT

なるほど~色々と興味深い内容がてんこもりです!
私たちが知らないコトがいっぱい~当然だけど^^;

ゆーさんもなじむまで時間がかかりましたか?
でも、新鮮な感じで魅力的でもありますね。
違う感覚でお風呂を楽しめそう~♪

お風呂のお水は洗濯物に使っています^^

| のりりん | 2014/02/25 23:50 | URL |

使うのが勿体無い

こんばんは~

お風呂にもいろいろお国事情があるようで…・
そちらの特にゆーさんのお風呂は使用するのが
勿体無いような素敵なお風呂ですね。
水栓などのデザインも素敵。

我が家の分譲マンションでは追い炊き設備がなく
ここに住むようになってからシャワーだけを
使用するようになりました。
歳をとってもシャワーだけでも何んともありません。
泊り客のある時だけお風呂を使用しています。
年に10回もないわ。

| みずりん | 2014/02/25 23:53 | URL |

55スマイルさんへ

こんにちは!
まぁ!うれしい♪私もいつも55スマイルさんや
ブロ友さんから元気をもらっているから、そういうふうに思ってもらえると
やる気アップ(笑)これからも前向きに頑張ります!
お風呂のお湯、お洗濯物につかっているのですね♪
私も日本にいたころは実家で再利用していたので
イギリスで丸ごとお風呂のお湯を捨てるって、もったいないなぁって
カルチャーショックを受けました。
今ではイギリスの家事と導線にも慣れてきました♪

| ゆー2010 | 2014/02/26 07:45 | URL |

wilmslowさんへ

こんにちは!
娘は私と一緒に入ってくれますよ~♪
日本の実家にいるときなんて、私と娘と母も一緒に入ったりするし(笑)
ファミリーバスルームに天窓があるなんて、気持ちよさそう~♪
我が家は今はバスルームにセントラルヒーティングがないけど
ドアもないから他のお部屋からの温かい空気は流れているみたいです(笑)
日本の追い炊きシステムはすごいですよねー。ボタンで音声で温度も教えてくれるし!
日本のお家のレベルにイギリスはほど遠いです(我が家が?!)

| ゆー2010 | 2014/02/26 07:55 | URL |

メアリーさんへ

こんにちは!
ルンバ、日本で見ましたよ!!
自分で充電しに戻ったりして、なんだかペットみたいでかわいかったです♪
ルンバ欲しいなぁ・・・
それにしても、すごいですね、日本の洗濯機は残り湯の殺菌機能とかもあるのですね?
そういう菌をやっつけるところ、すごく日本は充実しているけど
イギリスって、どうもアヤシイ(笑)なんか悪い菌と暮らして免疫ついてきたかも?!
そうそう、郷に入っては郷に従えですよ~。

| ゆー2010 | 2014/02/26 08:04 | URL |

鍵コメ様

こんにちは!
うふふ、そうですねぇ、二つのタイプがありますね♪
おそらくほとんどが小さい人と一緒です♪
それにしても、ちょっと、わらっちゃうじゃないですかーーー!
想像してみましたよ~、きっとすごく大きなお風呂だったのでしょうね!
教えてくださったブログ、これから訪れたいと思っています。
どんなだろう~♪わくわく!
どうもありがとうございます♪

| ゆー2010 | 2014/02/26 08:09 | URL |

mi-ko さんへ

こんにちは!
猫足って、日本で言いますよね♪そうそう、くるんとした形が猫足っぽいからですよね。
でも、鳥足ってきくと、なんかあまり色っぽくないですよね(笑)
ネコちゃんってみんなかわいい足だけど、鳥さんは種類によってイロイロですねぇ。
雛鳥ちゃんはとってもかわいいあんよでした♪
一緒に入るのは時間帯的に娘とのほうが多くなると思います♪
ハズバンド君はシャワーオンリーかも?!
mi-koさん、お母様ともはいらないのですか~?はずかしいだなんて~♪かわいらしい!
私は実家に買えると母も娘も一緒に入ったりしますよ(笑)

| ゆー2010 | 2014/02/26 08:24 | URL |

dreamroseさんへ

こんにちは!
そうなんですよねぇ、私もざぶざぶができないのは物足りない気がします。
イギリスではユニットバスがないから仕方がないですねぇ・・・
鳥足は今日も私を支えて踏ん張っていました。いい加減体重計買わないと(汗)
それにしても、あはは、もぅ~!!!dreamroseさんたら、そんな事をおっしゃって!
でも、お風呂って一人でのんびりリラックスしたいですよね。

| ゆー2010 | 2014/02/26 08:32 | URL |

のりりんさんへ

こんにちは!
ライフスタイルの違いって興味深いですよねぇ。
お風呂の違いに馴染むまではそれほど時間はかからなかったかな・・・
それよりももっとイギリスでの不思議に慣れるまで、時間がかかりました。
というか未だに理解できない、納得いかないことなんかもあります(笑)
イギリス人には普通のことでも私たち日本人からしてみたら普通じゃないことがあったり。
どこの国にも一長一短はあるかもしれませんね♪
またイギリスのいいところも悪いところも機会を設けてお話してみたいとおもっています・・・

| ゆー2010 | 2014/02/26 08:44 | URL |

みずりんさんへ

こんにちは!
お風呂一つに国の違いがでますね♪
この水栓は私も気に入っているんですよ♪
これは昔からある伝統的なスタイルなんです。
今の時代は新しいデザイナーさんのシンプルなスタイルや、カッコイイスタイルの水栓も
出回っていますが、この古くからあるスタイルは流行がありません。
これから長くずっと使えます♪
私もシャワーだけのときもありますよ♪
実は私は腰痛持ちで、腰が痛いときは湯船につかります。
畑やお庭をやるとき腹巻しちゃいます(笑)腰周りを冷やさないようにして
頑張っていますよぅ♪

| ゆー2010 | 2014/02/26 08:55 | URL |

おはようございます

バスタブの足がゴージャスですね。
まるでホテルに滞在しているような気分になれますね。
マナーハウスのバスルームみたいです。
ローズオブザマナーのお風呂、このようなお風呂でしたよ。
でも、湯船に肩までは浸かれそうですね。
ホテルのお風呂は浴槽が日本人には大きいのですが、浅めなのでいつも、身体をおせんべいを焼くみたいに、うつ伏せになったりして、上下を温めます。
習慣の違いをポジティブにとらえて、生活をエンジョイしていらっしゃるんですね。
また、楽しみにしております。

| sweetjuliet | 2014/02/26 09:47 | URL |

すごくきれいな形のバスですね!
私もこういうレトロなデザインが好きです。

残り湯で洗濯のくだり、ちょっとくすっときました(笑)。
こっちの人がバスタブに湯を張る事ってめったにありませんから残り湯がないんですよね。それか、残り湯は入浴剤で色がついてしまっているから使えないとか(笑)。

| りうと | 2014/02/27 04:43 | URL |

sweetjuliet さんへ

こんにちは!
小さなお家の小さなお風呂場ですが、でもきっと完成したら
やっとくつろげる~!ってお風呂の中で喜べそうです(笑)
今はまだ工具に囲まれて、壁もでこぼこで、入りながらDIYのこと考えて
あまりリラックスしていないかもしれません・・・
こちらのお風呂は確かに浅めですよね。
イギリスの暮らし方にもだいぶなれてきました♪
sweetjulietさんは私よりもずっとあちらこちらを周られて
素敵な場所をご存知ですね!ローズオブザマナー・・・行って見たいです!

| ゆー2010 | 2014/02/27 07:44 | URL |

りうとさんへ

こんにちは!
わぁ♪りうとさんもこういうレトロ系がお好きなのですね!
時代の移り変わりを気にせずに長く使えるからふるっぽいのが好きです。
私が日本にいた頃はお風呂のお湯を洗濯機につかっていたので、
イギリスに来たときはもったいないなぁって思ったんですよ(笑)
入浴剤で思い出した!日本には昔バスクリンっていう結構濃い色の入浴剤があったんですけど
(私が子供の頃だから、りうとさんは知らないかな~?!)
その色がついたのでも母は洗っていた!!!(笑)今思うとあれは大丈夫だったのかな?!

| ゆー2010 | 2014/02/27 07:55 | URL |

こんにちは♪

今日のお話を聞くまでは、
こうした足のついたものは全部猫足だと思ってました!
ほんと、よく見ると鳥さんの足ですね!それも、結構鋭い・・・笑。
でもなんか、カッコイイですね。
あ~おしゃれだわ~。
こんなお風呂に入ったら、私、気分は女優になれそう。

お風呂の残り湯が使えるのは大きいですよね。
洗濯機に専用のホースがついてて、なおかつフィルターもついてるので、
残り湯も楽に抵抗なく使えますよ。
でも、キッチンに洗濯機があったら、そっちのほうが家事動線的には便利かな~って思ったりもしますね~。

| るり玉 | 2014/02/27 13:01 | URL |

るり玉さんへ

こんにちは!
うふふ、そうですよね、猫足とか呼ぶからかわいらしいネコちゃんの足だと
思いますよね♪私もイギリスでお店で見るまではこういうデザインになっているって
気がつかなかったんです・・
気分は私も女優を気取りたいけど~・・・なんせまだまだ壁はでこぼこ
天井も石膏ボードでつぎはぎになっているから見渡していると大工気分(笑)
日本のお風呂と洗濯機の関係ってなんだか仲良しでいいですよね♪いいカップルというか・・・
フィルターもついているなんて知りませんでした!
いつか日本で暮らしたらまた日本の暮らし方に今度は慣れて行かないとだめだわ、私!

| ゆー2010 | 2014/02/28 02:08 | URL |

猫脚のバスタブって絵本の世界。あこがれのお姫様の世界ですよ~((〃゚艸゚))

水栓もお洒落! 日本ではデコラクティブな水栓ってまず見掛けないし、あったとしても値段がビックリするほど高い。外国製のを取り付けると故障した時に部材入荷まで時間が掛かる・・など、生活に遊び心を・・というのが取り入れづらい現実があります(´;ω;`)

実用性を重視して開発されている日本では、見た目の洒落感は後回しって気が・・ゆーさんのブログで素敵なインテリアを見る度に、日本は西洋化しているといっても、そうでもないなと実感します(笑)

浴槽も設置されて、いよいよ終盤に入ってきましたね♪
残りの作業も頑張ってください^^

| らな | 2014/02/28 12:27 | URL | ≫ EDIT

らなさんへ

こんにちは!
猫足のバスタブはなんとなく外国のお風呂の代表?みたいな感じです(笑)
水栓もいろんなデザインがありますが、この形がトレンドを追わず
昔ながらの形です♪
日本のお家も欧米化が進んで、畳や障子を入れないお家も増えてきたようですが
それぞれに伝統的なその土地にあった家の造りがあるから
全く和室がなくなってしまうのはもったいない気がしますネ・・・
私は畳と床の間と雪見障子のある家に将来住みたくて、
そして和洋折衷でトトロのめいちゃんとさつきちゃんのお家が憧れです♪

| ゆー2010 | 2014/02/28 20:24 | URL |

コメント欄を閉じておられるのでここにお便りします。人生って色んな起伏があるものですよね。それに日本と比べても、イギリスの社会はとても起伏が激しい社会の様に、イギリス友人の人生を見ていても思います。そしてそれが普通の事なんですよね。日本人の様に安穏とサラリーマン生活を続けると言う事余り無いみたい。でも皆それぞれ自分の道を開いて頑張っているし、ここはハズバンド君を信じていて大丈夫ですよ。
イギリスももうすぐ春ですね。菜の花畑を楽しみにしてます。

| nik | 2014/03/04 09:25 | URL |

nikさんへ

nikさん、どうもありがとうございます。そうですねぇ・・・イギリス社会はとても起伏が激しいですね。日本はなんだかんだいいながらもヤッパリ裕福な国だなぁと感じます。企業に勤めたら同じ会社に定年までいるという割合が高いですよね。イギリスはそれが珍しいほうになるのかもしれません。今後どのような展開になっていくのか私も全くわかりませんが、しばらくは猶予があるので、その期間内でチャンスがあるといいな~。実はこんな世の中なので彼の親友が半年くらい前に今の私たちと同じ状況になりました。親友家族はカナダへ行くことになりました。私もイギリス国内でチャンスがなければ、どこへ行ってもいいなとおもっています。本当は日本がいいけど~♪

| ゆー2010 | 2014/03/05 02:50 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2016/05/31 18:25 | |

鍵コメさま

ただいまそちらへコメントをいたしました。
お力になれず申し訳ありません。

| ゆー2010 | 2016/06/01 01:05 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yufeb2010.blog48.fc2.com/tb.php/582-42ae20a0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT