夢見るローズガーデン

ガーデニングとインテリアと日々の徒然・・・自由気ままに書いていきます

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

モティス・フォント・アビーの続きです

みなさま こんにちは。

今日もモティスフォントの写真です・・・

ここはバラ園が有名ですが、バラだけではなくいろんな生き物や
水、緑、光、影、全てが調和してトータルでとても美しいところだと思います。

私が行ったときは白鳥さんがゆったりと川を泳いでいました。
motiswan1.jpg


モティスフォントの「フォント」は英語で「font」 「泉」という意味がります。
このように清水が湧き出ていることにちなんだお名前なのですね・・・。
DSC06650.jpg


近くへ寄ると、美しく澄んだ湧き水に吸い込まれそう・・・とても深いそうです。
私はいつも忍野八海を思い出してしまいます。
izumib.jpg


この建物の中へ入るとなんだか昔にタイムとリップしたような気持ちになります・・・
気分はお姫様?!
motihouse.jpg


この建物からバラ園までは歩いて5分くらいかな・・・
私はついつい早足になってしまいます(笑)

ここからはバラ園の写真です。
motistyoutyou.jpg


バラだけではなく、実に色々なお花たちが植えられています。
あ!!!あれは!!!
motisram1.jpg



ラムズイヤーという、ブロ友さんのところで見たお花。
葉っぱが本当に子羊の耳のようにほわほわ~。
色よし、手触りよし!!姿もよし!
これは絶対にお庭に欲しいです・・・。

ramu.jpg



motisroa.jpg



motisrob.jpg



motisroc.jpg



motisrod.jpg


この雰囲気、いかがでしょうか?
スペクタキュラ~!!ファンタ~スティック!!
言葉にならないくらい美しかったのですが、一部しかカメラに納まらなくて残念。
motisroe.jpg


バラ園を一回りして出口に向かったら、白鳥が今度は芝生に上がっていました。
すると、川のバラの橋のところにももう一羽・・・
今日ここに来なかったらこんなワンシーンも見れなかったんだわ、と思った瞬間でした。
motisswan2.jpg


今日でモティスフォントの日記は終了です~。
長らくお付き合いくださいましてありがとうございました。


☆いつも応援してくださって、どうもありがとうございます!!☆


にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| garden | 06:07 | comments:20 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

おはよう!

ゆーさん おはよう!

柳に川、アーチ型の橋......これに睡蓮が咲いていたらモネの庭になっちゃうくらい素敵。睡蓮の代わりに白鳥、良い絵になってるね。
泉、凄く綺麗な色。
イギリスは緑と水のイメージが有るよね。

お城も素敵ね。イギリスはお城も多いし、今も住んでるお城も有るでしょ。石造りの文化は素晴らしいですよ。中の調度品や壁画、天井画も素晴らしいし。

全体的にはオールドローズが多いのかな。葉の雰囲気がオールドっぽいです。

レンガの壁をバックにそれぞれの高さで変化が出て......見事な植栽の仕方です。良い参考になります。
下から二枚目の手前のピンクのバラと紫のお花の後ろの
右側に有るピンクのバラ、品種は何かな?
綺麗なブッシュになっていますね。

芝生の上に白鳥、柳の下にも白鳥、綺麗ね。

昨夜、イギリスの湖水地方の緑のボランテイアをしているTVを見ました。ナショナルトラスト、歴史も古いんですね。ボランテイアの方々が外来種のヒマラヤホウセンカ? を駆除してました。地道な活動があの湖水地方を守ってるのね。意識の高さに脱帽でした。何もかもが本物ですね。

| ako | 2010/06/21 10:35 | URL |

こんにちは~

I found it really fantasutic and fabulous!
Thanks for your extremely nice report.
I'd like to visit there someday in the future.

久しぶりにcompositionの勉強になりました。笑
最近英語を話す機会も書く機会もなくて・・・ちょっと書いてみようかな~と・・・
あ~イギリスに1ヶ月くらい滞在してお庭めぐりと観光に明け暮れてみたいです。
モティスフォントも行って、ゆーさんのお庭のバラを見せていただきたいわ~
貯金しなくちゃ~♪



| dreamrose | 2010/06/21 11:11 | URL | ≫ EDIT

No title

写真で見ても・・実際に見ても・・言葉にならなさそぉ~
うわぁ~!!すごいわぁ~
ここまですごいと管理をどうしてるんだろぉ~・・
そっちかい!(あはっ)
芝生のお手入れだけでも 大変なはずなのに・・

ちい家の近くに沼があって 白鳥さんもくる所だけど
ちい母さんが アヒル?いえいえ・・白鳥です!
田舎でしょぉ~(あはは!)
こんなに近づいても 白鳥さんは逃げないんですね!
近くでみてみたいわぁ~^^

| ちい | 2010/06/21 13:39 | URL |

こんばんは^^

お久しぶりです^^
あ~~イギリスいいな
私も1度は行ってみたいですし 住んでみたい・・・
また色んな所みせてくださいね。

| mikurin | 2010/06/21 20:42 | URL |

蝶がいた!

こんばんは(^^)
3日分のレポート一気に見させて頂きました
出てくるのはため息ばかりですよ~
さすがイギリス! どの葉っぱも繊細です
水、緑、光、影すべて調和・・・写真でもその素晴らしさが
伝わってきますが実際はもっと素敵なんでしょうね(*^_^*)
調和は私が一番心がけてることなんですよ~
ガーデナはさしずめ指揮者ってとこかしらね
なかなか上手にタクトは振れませんが(^_^;)

| ねもふぃ | 2010/06/21 21:10 | URL |

こんな世界があるの?

お花だけでなくすべてが美しいですね。
何度行ってもまた行きたくなるようなお庭ですね。
薔薇の香りに包まれて・・・想像しただけでも
幸せ気分です。

| みずりん | 2010/06/21 22:41 | URL |

風景

どの写真もどの写真も、まるで風景画を切り取ったような美しさで
見惚れてしまいます。
本当に海外の絵画で見るような、そんな光景があるんですね。
ラムズイヤーの葉の色、質感はいい感じですね。
こんな感じの葉の色大好きです。
ところでイギリスは島国でも移民の方多いんですね。
かつての大英帝国は、太陽の沈まぬ国と言うことで
今も多くの国々がイギリス連邦の一員として存在してますし
イギリスは金融大国ですので、そう言うことで求心力もあるのでしょうか。
素敵な風景に歴史の重みを感じます。

| フレデリック | 2010/06/22 01:53 | URL | ≫ EDIT

何度も見ました!

素晴しいです!
モティス・フォント・アビー、何度も見てしまいましたよ~。
何度見ても素晴しいです。
ゆっくり堪能させていただきました。

ゆーさん素晴しい所が近くにあっていいですね。
良いお手本を毎年見られるのですから。
私も、見せて頂いて嬉しいです。
ありがとうございました。

| 八重桜 | 2010/06/22 02:31 | URL |

akoさんへ

akoさん、こんにちは。
写真は私の腕がイマイチで、もっと実際は美しいので
ぜひいつかホンモノを確かめていただきたいです・・・。
したから二番目の写真、写真を撮ることに夢中で、ネームタグの撮影を忘れました!
申し訳ありません、きちんとバラの名前を伝えられなくて・・・
もっとしっかりレポートせねば(汗)
こちらにはオールドローズが中心に350種以上が植えてあるそうです。
日本にいるときにおもったのですが、日本ではよくイギリスの様子を伝える
番組がありますよね・・・
このモティスフォントもナショナルトラストの管轄です。
湖水地方は訪れたことがなくて、いつかいってみたいところです!

| ゆ-2010 | 2010/06/22 04:52 | URL |

dreamroseさんへ

dreamroseさん、こんにちは~。
わぁ~、良かった、私のレポートを楽しんでいただけたようで、
嬉しくなりました~。
なんとなく英語での感想がこみ上げてきそうな、そんな場所かもしれないですね!!
私のお庭は、とても小さくてものの一分で見終わってしまいますが、
モティスフォントは一日楽しめますよ~。
バラを見て、ランチをして、そして川辺をお散歩して。
午後は紅茶を頂いて・・・そんな風に一緒に過ごす日がいつか訪れるかもしれませんね?!
お待ちしています~。

| ゆ-2010 | 2010/06/22 05:18 | URL |

ちいさんへ

ちいさん、こんにちは~♪
私もこんなに広い場所、どうやってお手入れするんだろうって思っちゃいますよ~。
芝はもちろん、芝刈り機に人が乗ってぶぅ~んって走りながら刈っています。
バラ園のほうは私が行ったときに花ガラつみをしているスタッフをみかけましたよ。

ちいさんのお家の近くに白鳥さんがくるのですね?!
わぁ~、きっとお子様たちも喜ぶでしょう?
自然が豊富なんですね!!

| ゆ-2010 | 2010/06/22 05:22 | URL |

mikurinさんへ

mikurinさん、こんにちは♪
この時期のイギリスはとても綺麗なので、6月はオススメですよ~。
私にしてみたらmikurinさんの素敵なお庭があるお家のほうがうらやましいですよぅ~。
我が家はとても小さなお庭なので・・・。

| ゆ-2010 | 2010/06/22 05:24 | URL |

ねもふぃさんへ

ねもふぃさん、こんにちは~。
お天気がいい日だったので写真写りもちょっといいかな?!
私の腕がもっとよければいいのですが・・・。
実際にはどこをどう写真を撮ったらいいんだろうとおもうくらい
360度見応えがありますよ!
バラの香りも楽しめますし。
ねもふぃさんはもう上手にタクトを振ってますよ~、
センス良く寄せ上を作られているではありませんか!
雑貨やさん風のコーディネート、好きです!

| ゆ-2010 | 2010/06/22 05:29 | URL |

みずりんさんへ

> お花だけでなくすべてが美しいですね。
> 何度行ってもまた行きたくなるようなお庭ですね。
> 薔薇の香りに包まれて・・・想像しただけでも
> 幸せ気分です。

みずりんさん、こんにちは!
イギリスの今の季節はバラも咲いて、そして緑が溢れて絵になります・・・。
こんなところに白鳥さんがいてくれるとより美しく見えますよね。
私はここが大好きで何度も行ってしまいますが、
娘はもう飽きてしまったみたいです・・・。
そんなわけで先日は一人で娘が学校に行っているあいだに見にいったんですよ。
一人で見るバラ園はゆっくり見れました(笑)

| ゆ-2010 | 2010/06/22 05:37 | URL |

フレデリックさんへ

フレデリックさん、こんにちは。
イギリスは6月はバラが溢れ、緑も輝いて、
そんなところに白鳥さんがいるととても映えます・・・。
ラムズイヤー、綺麗な色合いですよね!
イギリスではこういう色合いの葉っぱをシルバーって呼んだりします。

イギリスはとても税金が高く、身近なところでいうと、
消費税は17.5パーセント取られます!
この国は福祉国家で、国が生活保護を手厚くしてくれるところは
良いのかもしれませんが、最近は単に仕事をしたくない人々が
仕事がないなどといって、生活保護をうけるようになってきて、
税金の使い道に問題がでてきているようです・・・

| ゆ-2010 | 2010/06/22 05:54 | URL |

八重桜さんへ

八重桜さん、コメントありがとうございます!
良かった、喜んで下さって。
そうですね、毎年良いお手本が見れてありがたいのですが、
スケールがあまりにも違って・・・
私の小さなお庭はもティスフォントの片隅にも及びません(笑)
それでも同じお花が家にも咲いているとおもうと、嬉しくなります。

| ゆ-2010 | 2010/06/22 05:58 | URL |

No title

モティス・フォント・アビーってキレイなところですね~♪
バラもすごくキレイだけど、他のお花も素敵e-266
ラムズイヤーは私も欲しいです。
うちのワンコのエピヌの耳の手触りがホワホワなので、今のところそれで我慢してますが。(笑)
昔、ロンドンに住んでいたころ、ハムステッドヒースによくピクニックに行ったのですが、ある日なぜか丘を白鳥が歩いてきて、追いかけられたことがあります。ちょっと怖かったです。あと、リスにも追いかけられたこともあります。なんでだろ?

| Nonnie | 2010/06/23 08:23 | URL |

Nonnieさんへ

こんばんは~。
毎日とってもよいお天気で、暑いけど、Nonnieさんのところもそうかな?
モティスフォントアビー、きれいですよ、バラの季節がお勧めです!
ナショナルトラストの管轄です。

白鳥やリスに追いかけられてしまうとは?!
えぇ~、笑っちゃいけないけど面白いです・・・。
ラムズイヤー、かわいいですよね。
本物のワンちゃんがいたらそっちのほうが断然かわいいけど!

| ゆー2010 | 2010/06/24 06:29 | URL |

美しい景色ですね。

ゆーさん こんにちは

モティスフォントの景色すばらしいですね。
何回も往復して見とれてしまいました。
実物がみれるゆーさんがうらやましいです~~

素敵な画像を有難う~

| mewmew | 2010/06/26 08:52 | URL | ≫ EDIT

mewmewさんへ

mewmewさん、こんにちは!
モティスフォントはとっても癒される場所です!
流石にプロの人が面倒をみているだけあるなぁ~ってため息です。
ここへ行くと、夢だけはやたらと膨らんでしまい、
家に帰ってきてしぼむ・・・という感じかな(笑)
夢をみているバラのお庭になるまではまだまだ時間はかかりそうです・・・がんばります~。

| ゆー2010 | 2010/06/27 08:29 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yufeb2010.blog48.fc2.com/tb.php/80-1b1612f2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT