夢見るローズガーデン

ガーデニングとインテリアと日々の徒然・・・自由気ままに書いていきます

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

新中学生のママ頑張って!

皆様 こんにちは。

今日は日々の徒然・・・

去年の今頃は一番下の妹が30代でガンになるという
大変ショックな出来事がありました。

胃の3分の2を取る手術をして、その後はダンピングで辛い思いもしていましたが
少しずつ回復してきました。
おかげさまで今ではだいぶ普通の暮らしができているようです♪

その妹の長男、私のかわいい甥っ子君なのですが、
今年の春から中学生になりました。
学級委員になって、張り切っているらしいです
ちなみに、甥っ子君は元モデルのパパさん譲りの超イケメンで
足は長いし、バスケットも上手~。
そして優しい良い子に育ってくれています♪

今日妹からラインでメッセージがきました。
この春から英語の授業が始まった甥っ子くんから質問されたのだそうです・・・

「Tea という単語の a は読まないのに、なぜ a を付けるの?」って聞かれて
どう説明するの?
・・・新中学生ママになった妹は悩んだらしい(笑)


これは・・・
フォニックス(phonics)で英語を覚えていくと解決できる事なのです。

実は私、恥ずかしながら娘がこちらの学校でこのフォニックスを習うまで、その存在を知りませんでした。
この画期的なフォニックスを知ったときは感動しました。
こんな方法でイギリスの子供達は英語を覚えるんだぁーーー!
すごい、これなら絶対に誰もが発音と同時につづりが覚えられてしまうではないの
そして、どうして日本ではこうやって英語を教えてくれなかったのだろう・・・と思ったのです。

恐らく日本の中学校では先生が「ティー イー エー、tea, はい、皆さんも先生に続いてリピートしてください!」
生徒達「ティー イー エー tea」

なんていう授業になるとおもうのですが、
イギリスでは違います。

T (トゥ)」 ea (イィ) tea 」
と、フォニックスで覚えていくのです!

そして今回の甥っ子君の素朴な疑問のa ですが、
これはフォニックスのeaで覚えるといいんです♪
そしてこちらの学校では同じフォニックスの音の言葉を子どもに覚えさせてしまいます。

例えば・・・
dream
read
meat
cream

こんな具合に!

フォニックスを覚えて、繋がるルールが理解できてくると
子どもは音で単語を覚えて、スペルも書けるようになっていくんですね・・・

イギリスの学校では教科書はつかわないのですが、
娘はこのOxford Treeシリーズの本を学校から毎日借りてきて、お家で読んでいました。



甥っ子君には我が家にホームステイをして英語をお勉強しにいらっしゃい!
と何度も何度も声をかけているのですが、バスケット仲間やお友達との楽しい時間もあるし
去年自分の親がガンになって離れたくないという気持ちもあるのかもしれませんね・・・

ちなみに、下の甥っ子君はプリスクールに行っていたので英語がペラペラ。
なんと、私よりも発音が上手で、ユウコママの英語まちがってるよ~って教えてくれるんです
私がウルフ!なんていうと、違うよ、 w だよ、w、Wolf!って
甥っ子君は数年で発音をマスターしてしまったのに、
十何年もイギリスにいる私が思いっきりジャパニーズ英語・・・悲しい。
英語は早い時期から始めて損はありませんね・・・


☆最後まで読んでくださって、どうもありがとうございます☆

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




スポンサーサイト

| 日々の徒然 | 06:04 | comments:18 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

メッチャ勉強になりました💛
英語からは遠ざかっていましたが、なんだか興味が湧いてきます。
子供に知っているか『フォニックス』聞いてみます

| ケセランパサラン7 | 2016/04/12 07:32 | URL |

おはようございます~♪

英会話の教室に通ってる時に
フォニックスのことを教えてもらって
目から鱗の気持ちになった懐かしい記憶があります。
日本の学校じゃフォニックス教えないんですね~

写真はいまだにオートですよ。
カメラとレンズが変ったので
きっとそのおかげです。
私はずっとキカイオンチです。(-_-;)

| dreamrose | 2016/04/12 07:56 | URL | ≫ EDIT

こんにちは♪

主人の姉がアメリカに住んでますが、やはり言ってました。
「日本の英語教育はおかしい」って。
結局「受験」のための英語教育なんですよね。
文法ばかり頭に入れたって、いつまでたっても英会話できないですよね(≧▽≦)
甥っ子ちゃんは英語がお得意のようで素晴らしい!

妹さん、少しずつ快方に向かっているようでよかったですね。
子供たちの成長を見られるのは何よりの生きがいであり活力になりますね。
甥っ子ちゃんたちはイケメンだし、ゆーさんのお嬢さんは美人さんだし、
美しいご家族でうらやましいわ!

| るり玉 | 2016/04/12 15:29 | URL |

なるほど~!
よくわからないけど
わかりやすい気がする(笑)。
フォニックスって言う言葉も初めて聞きました。
うちの子は英語が嫌いだけど
きっと勉強の方法が違えば
好きになっていたかもな~
それにしてもイケメン君の顔が見たい!( *´艸`)

| 木香*moka | 2016/04/12 23:10 | URL |

妹さんお身体回復されて良かったですね。

私も若かったら英会話にでも挑戦したかったけど・・
憧れですね・・甥っ子さんすごいです^^
ゆーさんみたいにイギリスでの生活・・私も縁があって
そんな暮らしをしてたらどうだったか?
やっぱり今の平凡な暮らしが似合ってます~^^;

| shioko | 2016/04/13 06:30 | URL |

こんにちは!
私なんて英語は学生以来、社会人になって1年ほど友達と遊び感覚でECCに通ったくらいでさっぱりです。
でも、甥っ子くんの疑問ってすごいと思いました。
私なんて「そういうもんだ」って思ってしまい、疑問に思うことすらなかったです(^_^;)
中学英語で「これはリンゴですか?」「いいえ、これはバナナです」という現実にあり得ない内容でも何ら突っ込むことはなかったですし(笑)
妹さん、昨年は大変でしたが、今は回復されたようで、ご家族の充実した暮らしぶりが伺えて安心しました(*^^*)
ホームステイが気軽に出来る環境ってことも何だか羨ましいです♪

| mi-ko | 2016/04/14 22:23 | URL |

ケセランパサラン7 さんへ

こんにちは!
お返事が遅くなってしまいまして、申し訳ありません・・・

フォニックスが分かると英語が面白くなるかもしれませんよね。
私はでもまるっきり英語がダメ。
どうしてこんなにできないのにイギリスにきちゃったんだろう~(笑)

| ゆー2010 | 2016/04/15 02:38 | URL |

dreamrose さんへ

こんにちは!
お返事が遅くなってしまいまして、もうしわけありません。

dreamroseさんは英語が得意だから、フォニックスを習って更に納得されたことでしょう!
まさに目からウロコ・・・ですよね。

あのお写真達はオートだったのですね?!
カメラは難しいから私もオートオンリー・・・
でも、dreamroseさんの撮る写真の見所やアングルが上手なのは確かです!!
私はセンスがなくてダメ~。

| ゆー2010 | 2016/04/15 02:43 | URL |

るり玉さんへ

こんにちは!
お返事が遅くなってしまいまして、申し訳ありません。

こちらは英語が母国語だから教え方に工夫があります。
日本での英語はどうしても文法に偏り勝ちかもしれないですね。
英会話としての授業ではないから仕方がないのかもしれませんが・・・。
でも日本での「国語」の授業は子どもに道徳心が芽生えるような物語を多く取り込んでいて
素晴らしいです。イギリスにも親子で一緒に勉強できるような良い教科書があればいいのにと思ってしまいます。

おかげさまで本当に妹は元気になることができました♪
私は単なる親ばか、甥っ子&姪っ子馬鹿でもあるのですが、
みんな良い子に育ってくれていて安心しています。

| ゆー2010 | 2016/04/15 03:37 | URL |

木香*moka さんへ

こんにちは!お返事が遅くなってしまいまして申し訳ありません~!

フォニックスはまだあまり日本に馴染んでいませんよね。
英語は確かに勉強方法というか、先生にもよりますよね~。
私は中学校に入って初めて習った英語の先生は凄く好きで楽しくお勉強もしていたのですが
その次の先生がつまらない先生になって、いっきに英語がつまらなくなりました!
だからお嬢様の気持ちがわかるなぁ・・・
甥っ子君はカッコカワイイタイプなんですよ~♪
きっと学校でモテモテです(笑)

| ゆー2010 | 2016/04/15 03:53 | URL |

shioko さんへ

shiokoさん お返事が遅くなってしまい申し訳ありません。

おかげさまで妹は本当に元気になってくれて、
私は今は安心してイギリスで暮らしていられます♪

うふふ、shiokoさんたら~。私も平凡な暮らしをしていますよ(笑)
今の私からしてみたら、日本で暮らせたらどうだったかな・・・って時々考えますよ。
だから将来は憧れの平屋で暮らしたいなぁっていう夢があるんです。
実は憧れている平屋はもう見つけていて、帰国して通りからまだあるのが分かるとホッとします(笑)
大切に住まわれているのが伝わってきて、それはそれは素敵なんです♪

| ゆー2010 | 2016/04/15 04:23 | URL |

mi-ko さんへ

mi-koさん こんにちは!
うふふ、私の中学生時代の気持ちをmi-koさんがそのまま代弁してくれたようなコメントに
くすっとなってしまいました♪
そうそう、私もどちらかと言うと教科書どおりそのまま受け入れてきました~。
今思えば、例文がかなり可笑しなことになっていますよね(笑)

妹は今年の春は幸せな気持ちで桜を眺めることができたと思います♪
ホームステイにおいでーって声をかけても学校が休めないしでなかなか来てもらえません~。

| ゆー2010 | 2016/04/15 04:41 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2016/04/16 12:38 | |

鍵コメ様

こんにちは!
そうなんですよね、学びたい言語の国へ行くのが一番ですよね~。
でも私みたいな年齢だと、もう正しい発音が体に入っていきません(汗)
子どもが音楽を学びながら絶対音感を身につけていく感覚と
英語の発音を学ぶ感覚は同じらしく、できるだけ年齢が低いうちに
正しい発音を耳で聞くことが大事らしいです。
鍵コメ様の夢がかなわなかったのは残念だったかもしれませんが(?!)
美しい地での暮らしは私にとっては羨ましいですよ~。

| ゆー2010 | 2016/04/18 05:26 | URL |

こんにちは、阿井田あみ(HN)と言います。

素敵なブログに引き込まれてしまいました。

私もたまに英語の勉強をしているのですが、
発音って、とっても難しいです。

フォニックスのことは、初めて知りました。
わかりやすそうですね!

また遊びにきます☆

| 阿井田あみ | 2016/04/18 09:58 | URL |

阿井田あみ さんへ

こんにちは!
英語は私はもう諦めて勉強はしていないのですが(汗)
なんとか少ない語彙を使いまわして生活しております。
フォニックスは英語の勉強に役に立つはずですので
お子様と一緒に楽しみながら学ぶとよいかもです♪

反抗期について私なんかがあみさんへ助言できる立場ではありませんが、
私もだいぶ反抗期に慣れてきたので(笑)
日記として記そうかと思います。
もしよろしければ読んでくださいね♪
私もまたあみさんのブログへお邪魔させていただきますね。

| ゆー2010 | 2016/04/18 21:57 | URL |

ゆー2010様
フォニックス、とって気になります!
ぜひぜひ、子どもの反抗期の記事も、いつか、upしてください。
ゆー2010さんのブログ、素敵なので、
毎日きますね。
更新、楽しみにしています。
おやすみなさいませ☆彡

| 阿井田あみ | 2016/04/18 22:58 | URL |

阿井田あみ さんへ

こんにちは!
こちらの二回目のコメントに今気がつきました!
いつも皆さんへのお返事を書いてから新しい記事を更新するように
心がけているのですが、失礼をしてしまいました・・・ごめんなさい!
反抗期の事についての記事、アップしましたよ♪

昨夜は私もまたあみさんのブログを読ませていただいておりました。
あみさんは同居をされているのですね。
そちらも読ませていただきましたよ。
あとはリストラや減給のこと・・・あみさんの不安はお察しいたします。
私たちは結婚式直前に彼がリストラにあい、
スタート地点からつまづきました(汗)
その後も勤め先で何百人という人減らしがあったりして
今も条件付の契約で仕事をしているので、契約延長がなければ仕事はなくなります。
イギリスは企業がいとも簡単にオフィスまるごと閉めることが得意です。
アッサリ全員仕事がなくなります。

でも私もリストラ覚悟の生活には慣れてきました。
それに、リストラに関わらずとも、
毎年日本に行きたいと思いながら極貧の節約生活をしているので~
日ごろから私の生活ってとっても質素なのです(笑)
今仕事がなくなったとしても、今年は日本へ行かないから
4ヶ月くらいは今と同じような暮らしが続けられると思います。
それでもまだお仕事が見つからなかったり、見つかっても生活が難しいようであれば
家を売るか、貸して、私たちはもっと小さなところへ移ろうと話し合っています。
全く何の参考にもなっていませんが(汗)あみさんが少しでも将来の不安なきもちよりも
毎日が楽しく過ごせたらいいなぁ、と思い書きました・・・。
またわたしもあみさんのブログへお邪魔させてもらいますね♪








| ゆー2010 | 2016/04/19 17:43 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yufeb2010.blog48.fc2.com/tb.php/860-152d7644

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT