夢見るローズガーデン

ガーデニングとインテリアと日々の徒然・・・自由気ままに書いていきます

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

イギリスで暮らすようになってから・・・

皆様 こんにちは。

ブロ友さんから聞かれました・・・

イギリスで暮らすようになってから、
私のインテリアの趣味や好みなどがかわったかどうか・・・

といった内容です♪

1May2016 043a500



答えとしては・・・
実はあまり変わっていません♪

自分のお部屋をもらったのが確か8、9歳の頃なのですが、
そのときは母の好みのカーテンや壁紙でした。

お部屋に置いていた机は母の学生時代から使っていた古いもの、
ベッドは父が学生時代から使っていた古いもの・・・
中学だか高校の頃に自分でアイボリーのペンキを塗り、
それらを私はお嫁に行くまでずっと使っていました。

妹達は新品のものをそろえてもらっていたけど、
私は「お古」に特別感が味わえていて好きだったんです。
(たぶん、妹達は、お姉ちゃんがボロを持っていってくれてラッキーっておもっていたかも・笑)

中学生の頃から好きだった雑誌は「私の部屋」とか「私のカントリー」でした。
お友達が芸能人関係の雑誌とか買っている中、私はインテリア系(笑)


でも、私は和室のすっきりと何もない雰囲気も好きでした。
同じ敷地内で暮らしていた祖父母の家が和洋折衷で、
応接間は洋風で、その趣はクラシカルなものでした。
それも好きでした・・・

祖母は掃除が苦手な人で、汚部屋にしてしまう人だったから、応接間やキッチンとか
納戸みたいなスペースはすごいことになってましたが(笑)
さすがに和室はすっきりさせておかないと恥ずかしかったのか、
当時はまだ美しい和室だったのです。
(汚部屋は年末の大掃除で叔母、母、私、妹たちが総出で手伝っていました。)

そんな祖母から毎週私は茶道を習っていたのですけど、
床の間には季節のお花が活けられて、掛け軸も季節ごとに変わって・・・
今でも雪見障子からのお庭の風景を四季ごとに思い出せます。
何度もお茶をたてて、ふくさの決まりごとも覚えたはずなのに
もうそれは思い出せませんが(汗)

和室で過ごす四季が心地よく、夏は欄間があったせいもあり四方から風が抜けていたし、
冬は寒かったけれど、その分火鉢の中の炭が大切なものと思えました。
茶釜の湯気もまた静かな空気に似合っていました・・・
そして、色味のない静かなしつらえの中、襖の絵だけが雅やかでした。



こんな思い出などがあり、私は実は和の雰囲気も大好きなのです。

だからいつか日本で暮らせたら憧れの平屋で暮らしたいとずっと思っています。
その憧れの平屋は実は川崎市にあって、
時々帰国して、そのお宅を遠くから見てはまだある!良かった・・・とホッとしています(笑)


なので・・・
あまり回答にはなっていないかもしれませんが、
私の好きなインテリアや好みは
お部屋ごとに好きな雰囲気があって、それはずっと変わっていないのです。

イギリスではイギリスの暮らし、
日本にいたら日本の暮らしを楽しんでみたいです。
子供の頃は障子の張替えを家族みんなでしていました・・・
そういうお家を作る思い出が、きっと楽しかったのだと思います。

心に残っているお部屋の風景を作りなおせるなら
そんな空間で本当は暮らしてみたいのです♪

☆最後まで読んでくださって、どうもありがとうございます☆

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 日々の徒然 | 04:36 | comments:20 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんにちは♪

とってもよく分かりますよ~。
お部屋がそうであるように、お花もまたそうですもの・・・。
華やかで可愛らしい西洋花も好きだし、
清楚で凛とした山野草なども好き。
野に群れるような小花も手元で育ててみたいと思うし、
バラも咲かせてみたいと思う・・・。
自分が心地よいと思えればそれでいいのですよね。
ゆーさんのインテリアに対する気持ち、素敵だと思います( *´艸`)
大切なご家族との思い出がインテリアとリンクしてるのも素敵なことだな~って思います。

| るり玉 | 2016/05/02 10:56 | URL |

イギリスの風景ですか?とっても キレイで
しばらく じっと 見てしまいました( *´艸`)

(静止画なのに)
そよ風が吹いていそうな 気持ちよい写真(^^♪(癒されました~☆)
・・・
ゆーさん 中学生の頃から ペンキ塗りですかっ!?
すごいですねー(*^-^*)
昔から 好きな事って 
大人になっても 結構好きだったりしますよね(#^.^#)

ゆーさんの センス 大好きですヽ(^。^)ノ
ウェストテイルより♪

| ウェスト テイル | 2016/05/02 19:38 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2016/05/02 20:59 | |

おはようございます♪
私も読んでいましたよ~、その雑誌!
今でもあるのかしら?
姉は明星とかのアイドル雑誌を読んでいましたが、私も昔からインテリア系が好きで、そちらの雑誌を読んでいました。
あ、でも大学生の頃は、女子大学生らしいファッション誌も読んでいましたが(笑)。

それぞれの季節や暮らしの中に、大切な家族の思い出があるって素敵ですね。それがきっと今のゆーさんの一部でもあるのでしょうね。
今日のお話し、素敵でした♡

| wilmslow | 2016/05/03 01:36 | URL | ≫ EDIT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2016/05/03 02:48 | |

るり玉 さんへ

こんにちは♪
本当にお花の魅力はなんとも範囲が広いですよね~♪
祖母は活け花もできる人だったから、
床の間のお花の拝見はお茶菓子の次くらいに楽しみだったかも!?(笑)
沢山のお花を見てきたけれど、後に、今になって一番印象に残っているお花はゴージャスなものではなく
ひっそりと一輪挿しに入ったネジバナなんです・・・
たぶんそのときにあれれ、今日はお花これだけなんだ・・・って思った気もするのですが
その私の気持ちを読み取ったのか、
お庭に咲いたお花を活けたとききました。
祖母の茶道の時間では少しウンチク(?)みたいなお説教みたいなものがありまして(笑)
ひっそりと美しく咲くお花にも気がつけるように・・・貴重なお花がいっぱいあります
みたいな事を聞かされたように思います。

家族との思い出がインテリアとリンク・・・というお言葉
すごい分析力です~。そういう事なのかもしれませんね♪
るり玉さんに言われて初めて気がつきました!


| ゆー2010 | 2016/05/03 05:21 | URL |

ウェスト テイル さんへ

こんにちは!
毎年この季節になると菜の花畑が現われます。
それまではどこに菜の花畑があったのかと思うほど、普通に緑だった場所が
ぱっと明るい大地になるんですよ♪
昔からペンキとか好きなんですよねぇ~(笑)
お絵かきとか塗り絵が好きだったから色を塗るというのは
何でも好きなのかも?!
三つ子の魂百までも・・・ではありませんが
幼い頃に好きだったものが結局はずっと好きなんでしょうね♪

| ゆー2010 | 2016/05/03 05:31 | URL |

鍵コメ1様

こんにちは♪
こちらこそ、どうもありがとうございます~。
むぎゅっ!のハグ頂戴いたしました!(笑)

美しい良い思いでばかりではないのですが、鍵コメ様のお言葉を一部借りて言わせていただくと
祖母から一つ引き出しを与えられました(笑)
良かったことも、悔しかったことも、まあ多々あります(笑)
髪型がだらしないわね!(普通に下ろしている状態)結わいて出直し!
目上の人への挨拶がまるでなっていない!(小声でのおはようございますとかこんにちは)
身なりをきちんとしてちょうだい!(ミニスカートでひざがでているなんて、イマドキの子はだらしがない!)
みたいなこと、ああだこうだと、私だけでなくその矛先が母へいくと
自分が責められるよりも嫌な気持ちを味わいました・・・。

今までブログで触れたことはないと思いますが、
実は祖母から「詩吟」も習わされていて(汗)
とにかく唄に心がこもっていないだの、きちんと言葉を理解しているのかしら?だのいわれているうちに
唄の気持ちや感情、言葉の解釈などについても考えさせられざるをえなくなり、
おかげで国語の勉強はせずとも成績は困ることはありませんでした。
今思えばありがたかったのかもしれませんね・・・
大掃除を手伝ってあげていたわりに、とっても厳しい人でしたよ(苦笑)

写真は昨日お出かけしたときに撮ってきた菜の花畑です♪
日本の品種よりも大きめかもしれません?!
昨日は風があったので、あまり菜の花の香りは味わえなかったのですが、
お天気が良く風のない日の菜の花畑はむせ返るほどの香りがして、
それはそれはもう自分が蜂さんになったような気分になります(笑)
遠くから見ていると寝転がってみたいけれど、近くでみると、意外とゴツゴツの石がいっぱいです。





| ゆー2010 | 2016/05/03 06:08 | URL |

wilmslow さんへ

wilmslowさんも、インテリア雑誌好きだったのですね!!
今もあると思いますが、もっとお洒落になっていそうですね。
学生の後半は私もファッション誌も好きでした。
an anが特に好きでしたよ~。
懐かしいなぁ・・・

私と祖母は特別に仲良しではなく、お互いに一定の距離があるまま私は大人へなりました。
祖母の期待を裏切って私は私の好きな事をすることにして、
余計にかわいがられなくなったのかもしれません(汗)
でも、いろいろな事を教えてもらったことには感謝しています。
この祖母がいなかったら、嫌な思いもしなかったけど、知ることも少なかった(笑)


| ゆー2010 | 2016/05/03 06:26 | URL |

鍵コメ2様

こんにちは!
お元気ですか~。ときどきブログにはお邪魔していたのですよ・・・

本当に鍵コメさまのおっしゃるとおりです!
今の私って、結局は過去の自分のそれぞれの年齢の積み重ねがあっての自分という気がします。
遠回りしたこともいくつかありましたけど、
それは誰にでも、良くある事なのかもしれませんね・・・

あるポイントに辿り着いたときに振り返ってみると、
無駄なことではなかったんだ・・・
大切な出来事だったんだ・・・
と後で分かることもあったり。
まるで点と点が線で結ばれて星座が浮かび上がるかのように
やっと完成されて、そしてまた次の星座作りが始まるかのような気さえします・・・
この冬の間、少し持病が辛い日もありましたけど
やっと春もきて、また頑張れそうですよ♪
私の方こそ鍵コメさまを見習わせていただいていますよ!!!
好きな事を究めるということは並大抵の努力ではできないことだとおもいます・・・
綺麗なお写真も楽しみにしていますからね♪



| ゆー2010 | 2016/05/03 06:41 | URL |

ワ~~菜の花畑、きれいだろうな!
高速走っていると今まで何でもなかったところが突然黄色く輝いて、そんなイギリスの景色が好きでした。冬を抜け出した、と思えるときなんですよね。

日本の現状の家は見た目はきれいだけど新建材を沢山使っていて重厚感はなく安っぽいですよね。おまけに自分でDIYはやりにくい。その点イギリスの家は生木を沢山使って壁も漆喰壁が多く、しっかりしていてDIYもやりやすい。
そう言う意味では古い日本建築の方がイギリスの家と共通点が多いような。

前言いましたよね、男にとっての一番の幸せは、イギリスの家に住んで、アメリカの会社に勤めて、日本人の奥さんもらって、中華料理を食べる、だそうですよ。
ハズバンドさんに中華料理を出したら3つまで男の夢がかないますね。(笑)

| nik | 2016/05/03 08:49 | URL |

nik さんへ

こんにちは!
やっと菜の花の季節になりましたよ♪
nikさんにみてもらいたかったから、良かった!
本当におっしゃるとおりで、このイエローフィールドを見ると
春が来た気持ちになりますね。

古い日本のお家はどっしりとした重厚感がありますよね。
今の日本のお家は確かにDIYが難しそうです。
というか、綺麗なので、必要ないですよね(笑)
でも、インテリアのブログを見ていると、
皆さん修繕ではなく、アップデートのためのDIYをされていて
そのビフォー&アフターはお洒落です♪

うふふ、覚えていますよ!
ハズバンド君はラッキーですね~?!
この前たっくさん餃子を作ってあげたから、夢がかなったかなぁ?!

| ゆー2010 | 2016/05/04 07:02 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2016/05/05 09:26 | |

鍵コメ様

まぁ、鍵コメさまが伝えてくださったのですね!
どうもありがとうございます。
自分からいちいち見てください!とお願いするのもどうかな・・・と
受身でした(笑)

この菜の花立ちは作物で、オイルになるんだと思います。
こんな大地でも育てられるんだ・・・とおもうコンディションだったりしますけど
チョークみたいなのが混ざった土質は仕方がないのかもしれませんね。
またお天気が良かったら黄色い風景を見にお出かけしたいと思っています。

| ゆー2010 | 2016/05/06 18:21 | URL |

ゆー2010さんのインテリアへの思い入れは幼少時代からなのですね。古いものへの愛着 使い込まれたものを受け継いでもらえて家具を作った方も家具もうれしいでしょうね(*^^*)
茶道のたしなみもあり 和の趣を自然に受け入れるなんて羨ましいです。しかも海外で住んでおられると より和を大事に思う気持ちを持たれるのでしょう?
インテリアだけでなく ガーデニング、食器や食べ物までひとつひとつ 生活を大事にされているのが伝わります☆

それにしても美しい景色ですね

| ケセランパサラン7 | 2016/05/09 08:08 | URL |

おばあさまのお話、興味深く読ませていただきました。
厳しいおばあさまだったのですね。
でも、その厳しさも良い思い出になっているのですね。

雪見障子に欄間、床の間の掛け軸、
ふだん暮らしていると気づかない和室の良さを
ゆーさんのブログで気づかせていただきました。
うちは和室が多いので、白い壁の洋間に憧れているのですが、
和室って日本の暮らしや気候にあっているのでしょうね。

今日の私のブログにて、ゆーさんのブログを紹介しているのですが、
リンクフリーなので大丈夫ですね?
事後報告になりすみません。
どうぞよろしくお願いします(*^-^*)


| kuni | 2016/05/10 00:03 | URL | ≫ EDIT

ケセランパサラン7 さんへ

ケセランパサラン7さん、こんにちは!
お返事が遅くなりすみません!

祖父母の家は今思えば大正ロマンを感じるような(笑)和洋折衷の建物で
建物の雰囲気は好きでした。
私の机もベッドはお嫁にでたあとも、しばらく私の部屋はそのままにしておいてくれたのですが、
実家の立替のときに処分しました。
私が大切にしていたからお伺いをたててくれて、その場にいたら諦められなかったとおもうけど
今はイギリスにいるからお別れを見なくてよかったのかも・・・

生活を大事にしたいと思いつつ、なかなかできておりません~?!
なんか忙しいと手抜きご飯になっちゃうし(笑)でも、丁寧な暮らしを意識していきたいです♪

| ゆー2010 | 2016/05/12 06:28 | URL |

kuni さんへ

kuniさん、お返事が遅くなってしまってすみません!
私のブログを紹介してくださったなんて、嬉しいです~!!!
どうもありがとうございます♪光栄です~♪

祖母は厳しいというより、なんでも自分の思いどおりにしないと
気がすまないタイプ(汗)

和室は日本の暮らしに合っていますよね♪
祖父母の家で人寄せをするときは襖を開ければ(外していたのかな・・・)
隣のもう一つの和室とつなげられたので大人数がきても対応できてました。
和の暮らしってとっても機能的なんですよね。
ちなみに、私、ちゃぶ台をわざわざアンティークショップから買ってきて
私のお部屋においていたんです。
ちゃぶ台の足をたたんで普段はベッド下とかにしまっておいて、
お友達がきたらちゃぶ台でお菓子食べてお茶のんで・・・
ハズバンド君は温泉にあった囲炉裏を気に入って、
いつか日本で暮らせたら囲炉裏がほしいんだそうです(笑)
でも、私もそんな贅沢なお家じゃなくてもいいから平屋で縁側のあるお家で暮らしたい~!

| ゆー2010 | 2016/05/12 06:38 | URL |

ゆーさん、おはようございます!

ずっとコメント欄閉じられているのに、コメントすみません!
でもでも、ゆーさんのオダマキがこちらでも咲き始めたので、どうしてもお伝えしたくて~!

私の好きな色合いの子ばかりでとても可愛いです!
ありがとうございます!


私もカナダに移住して自分のインテリアなどの好みは変わっていません。
一番変わったのはやはり自然とより近くなったということくらいでしょうかー。

| hana | 2016/05/25 21:42 | URL | ≫ EDIT

hana さんへ

hanaさん、オダマキ咲いたのですね~!!やったやったー!!
なんだか家のお庭から旅してhanaさんのところでかわいがってもらえているとおもうと
嬉しさ百万倍~(笑)

hanaさんもインテリアの好みなどは変わっていないのですね。
イギリスも自然は多いけど、私が子供の頃の実家周りは緑が多かったので
初めてイギリスで暮らしだしたとき、彼がいない間一人で探検に行くのが楽しかったです(笑)
私は都会よりも田舎が似合っているみたい♪

| ゆー2010 | 2016/05/27 05:29 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yufeb2010.blog48.fc2.com/tb.php/868-d8e96d87

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT