夢見るローズガーデン

ガーデニングとインテリアと日々の徒然・・・自由気ままに書いていきます

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

雨の日と祖母との思い出・・・

皆様 こんにちは。

昨日のお庭のお客さんたち・・・
ドシャブリの雨でも気にしないみたいです。
キッチンの窓越しから写真をとりました・・・

鳩さん。
13June2016 006a300


この子はブラックバード。
水はけの悪いお庭に水溜りができて、それがバードバスと化していました(笑)
ここでしばらく水浴びを楽しんでいましたよ。
13June2016 016a20013June2016 017a200

ダンノックちゃん。
この子、かなり長く我が家のお庭に住み着いています♪
13June2016 014a300


自然界にも雨の日、晴れの日があるように
人の心にも雨の日、晴れの日がありますね・・・

先日母方の祖母が亡くなったという知らせをきいてから
昔の事を思い出していました。


私がまだ幼稚園くらいの年齢だったのではないでしょうか・・・
祖父母の家を訪れたときに、覚えたてのひらがなを階段の壁に落書きしました。
こんな事をしても、叱られた覚えはありません。

それからもずっと落書きは消されることはなく、
私が20代過ぎになって訪れたときにも残っていて、
「まだこの落書き消していないんだねー(笑)」なんて聞いたら
その時はじめて祖母が教えてくれたのです・・・

「おじいちゃんがぁ ゆうこが書いたからぁ 消さないでぇくれ~って 言うからぁ
おばあちゃんはぁ 掃除をしても ここだけはそのままに しておいたんだぁよぉぅ。」 


祖母の独特なイントネーションとのんびりおだやかな口調。
なんだか祖母の声が今でも聞こえてくるような気がします・・・


13June2016yuko.jpg

(↑この前母と妹達で静まりかえった祖父母の家を訪れて
落書きの写真をラインで送ってくれました。)


もう40年くらい昔の私の字。
おそらく私の両親でさえも私が書いたそんな昔の字がかいてあるものは
残していないんじゃないかしら・・・


私は祖母の深い愛を感じました。
祖父が亡くなってから、私の落書きを消そうと思えばいつでも消せたのに・・・
家には私や妹達が書いたお手紙など全て大切にとっておいてあったそうです。

今日の私の心には雨が降っているけれど
それは優しい雨。

だから皆さん心配しないでくださいね。

☆最後まで読んでくださってどうもありがとうございます☆

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村












スポンサーサイト

| 日々の徒然 | 04:44 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT