夢見るローズガーデン

ガーデニングとインテリアと日々の徒然・・・自由気ままに書いていきます

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

人間万事塞翁が馬

皆様 こんにちは。

ここずっと普段のブログとはかけ離れた内容になっているので
今日は一言だけ・・・人間万事塞翁が馬

離脱といってもすぐに事が変わるわけではないですし、
残留できなかったからといって、今のスタート地点が最悪かどうかというのは
これから事が進まなければ分かりませんから、
離脱派、残留派というこだわりからステップアップして、
Unitedしていけたらいいなぁ・・・と思っています。



ブラックバードの赤ちゃん。
時折こんなふうに一人で日向ぼっこしています。
かわいい
15June2016 007a300



お庭には相変わらずリスがきて、そしてブルーティットゥファミリーも
群れでエサを食べに来てくれますよ


小さなお客さんたちから癒しをもらっています♪




☆最後まで読んでくださってどうもありがとうございます☆


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村



スポンサーサイト

| 日々の徒然 | 07:27 | comments:22 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

おはようございます♪

イギリス、どんな風になってゆくのか、
正解不正解、メリットデメリットなんてどんな出来事にもつきものですもん、一概には言えませんね。
これからのイギリスを楽しみに見守っております。

ブラックバードのあかちゃん、ムクムクしていてかわいい~♪
とても癒されましたよーありがとうございます!

| ネスカル | 2016/06/29 08:11 | URL | ≫ EDIT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2016/06/29 11:18 | |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2016/06/29 20:43 | |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2016/06/29 21:39 | |

ネスカルさんへ

おはようございます。
本当にそうなんですよね、いろいろな事が絡んでいて一言では言えないんですよね・・・
それぞれの国の歴史なども関わってきて、とくに戦後のヨーロッパの政治的背景は
現代での思想やライフスタイルに大きく結びついているので難しいですよね。
時間はかかるかと思いますが良い方向へ進んでほしいとおもっています。

ブラックバードの赤ちゃんはお父さんと同じくらいの大きさになってきているのに
芝の上でご飯を食べさせてもらっていて、そんな姿もかわいかったですよ♪
こちらこそ落ち込んでいた私にコメントをくださってどうもありがとうございました!

| ゆー2010 | 2016/06/30 02:50 | URL |

鍵コメ1様

こんにちは。
日本でもいろいろなニュースが飛び交っていたかと思います。
ニュースになるのはたいてい大まかな傾向としての取り扱いだとおもうので
あえて個人的なことをブログに書きました。
社会格差が日本よりもずっと大きいということは以前からブログでも書いていましたけど
今回の国民投票でそれがより明かになったという感じでしょうか・・・
これから少しずつでも本格的な離脱にむけて事が進むといいなぁと思っています。

ブラックバードかわいいでしょう♪
ニャンズが増えたのですか~?!羨ましいです!!

| ゆー2010 | 2016/06/30 03:04 | URL |

鍵コメ2様

こんにちは!
うふふ、昔こういう故事成語を中学校で習って今でもふたつ、
つねに心に意識している言葉があるんですよ♪

私こそ言葉を慎むべきでしたが
日本のニュースでは大まかに伝わっているので
私の経験を通した現地の声を聞いていただきたくて、思い切って書かせていただきました。

きっと鍵コメ様にはイギリス在住のほかのブロ友さんもいらっしゃることでしょうから
もしもリファレンダム関連の記事で鍵コメ様や、英国在住者の方で
不快感を抱かせてしまっていたら申し訳ありません。
この場を借りてお詫びをさせてください・・・



| ゆー2010 | 2016/06/30 06:20 | URL |

おはようございます~♪

ここのところの記事、読ませてもらってました。
こちらで見るニュースと違って、普通にイギリスで暮らしてる方の気持ちがよく出てて、なるほど~と読みました。

海外の人がなんと言おうと、英国のことはその国の人が決めたようにいけばいいと思うので、私はただイギリスの未来が明るいことを祈るだけです。

普通の人の気持ちや感覚ってニュースじゃ絶対わからないので
これからも発信し続けてくださいね。

ブラックバードの赤ちゃんの写真、すごくいいですね~~
なごむわ。(*^_^*)

| dreamrose | 2016/06/30 06:30 | URL | ≫ EDIT

鍵コメ3様

こんばんは~。

日本でのニュースはおおまかなくくりで伝わっていると思うので
私の暮らしで身近なことを書かせていただきました・・・
英国国内でも思想によってずいぶんと違う目線で記事が書かれていますし、
国営のBBCも左右の真ん中にはいなくて、残留派寄り。


今回の離脱に関しては本当に一言では言い切れない複雑なことが
いっぱい絡んでいます・・・
戦後貧しくて共産主義をバックグラウンドに持つ移民の方や
アカデミックでグローバル化だけにこだわりたい英国&移民、
ボトムで生活苦から逃れられない英国人・・・
そのほかに宗教なども絡まって・・・
とにかく本当に誰が悪いとかではなくて
方向性の違う人々が島に集まりすぎて、各々が違う方向を目指したくなってしまった感じでしょうか・・・

鍵コメ2様にも申し上げましたが、
きっと今回の英国の離脱で鍵コメ3様も
英国在住のいろいろな方のブログで違った角度からのお話もご存知かとおもいます。
もしも私の書いた記事で不快な思いをされてしまったら申し訳ありません。
あくまでも私の経験をお伝えしたくて書いたものであって、
特定のどなたかを責めようという気持ちはありません。
そのことはきっと鍵コメ3様であればわかってくださっているとは思いますが
念のため・・・

| ゆー2010 | 2016/06/30 07:04 | URL |

dreamrose さんへ

おはようございます♪

そのようにおっしゃっていただけて、少しホッとしました♪
今のこの英国では私のような下の暮らしの者にとっては
大変生活がしずらい国となってきています。
キャメロン首相はイートン校出身のおぼっちゃまで、
私はそのお育ちの良さと、歯切れのよい英語は好きなのですが
今回のリファレンダムでは低所得者層の暮らしが盲点となってしまったようです・・・
ここまでボトム層が不満を抱えているとは誰もが思ってもいなかったのかもしれません。

民族や宗教を越えてわかりあうことは大切ではあるけれど、
それ以前にまずは年齢差を越えて分かり合えること、お年寄りに優しい国でなければ
真の意味でグローバル化は目指せないと私は思っています。
高齢の方は英国の伝統や文化を大切にしているので
若い方達が英国らしさを守っていっていただけたらいいなぁ・・・と思います。


ブラックバードの赤ちゃんはお父さんと同じくらい大きくなっているのに
あまえてお父さんのあとをくっついて歩き回っていることもあるんですよ(笑)
野鳥たちからは癒しをもらっています♪

| ゆー2010 | 2016/06/30 07:32 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2016/06/30 09:23 | |

こんにちは。

ゆーさんのお話と日本のニュース、こうも違うものかと思っています。
日本のニュースでは経済のことが優先で、
今は「離脱を選んだ人たちが後悔している」と、
さも投票した人の多くが後悔しているかのような報道もあります。
どちらかというと残留を選んだ方のインタビューなどが多いです。
ゆーさんのお話を聞いていなかったら「そうなのか~」って鵜呑みにしてしまったかもしれませんが、
でもそれは日本の目から見た「離脱をすると日本の経済にも影響がある」からなんだろうな、という思いで見ています。
これからどうなっていくのか、ゆーさんも不安の中だと思いますが、
前向きに、良い方向に、幸せな方向に向かうことを願っています。
ブラックバードの赤ちゃんの屈託のない可愛い顔を見て
「今日も幸せ」と思えるような日々の暮らしが守られるといいな、と思います。

| るり玉 | 2016/06/30 10:00 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2016/06/30 13:35 | |

鍵コメB様

とんでもないです、鍵コメ様が私に謝ることはひとつもありませんよ!!
鍵コメ様が公平な立場で読んでくださっているのがひしひしと伝わってきてありがたく感じましたよ。
私はこの国で暮らしているとはいえ、今回の投票権はありませんでしたから
本当は黙っているべきなんですけど、どうしてもニュースで伝わらないことを
せめてブロ友さんには知っておいてもらいたくて書きました・・・。

日本の政治ニュース、氷山の一角でイギリスでもそういうことをしてしまっている政治家がいるかもしれません・・・
そうやって国民を裏切る行為はあってはなりませんよね。

鍵コメ様にはいつもポジティブな気持ちをもらっています♪
温かくいつも支えてくださってありがとうございます。

| ゆー2010 | 2016/06/30 16:13 | URL |

るり玉さんへ

こんにちは!
離脱派の一部がメディアに自分の一票は後悔していると伝えたケースがありましたが
それはその一部のかたに限られたことの話で、
離脱派全体が後悔をしているわけではないのです。
でもイギリスでも大きくそれが取り上げられて、国営放送で何度も繰り返していました。
もっとポジティブな意見もインタビューすればいいのになぁとか思ってしまいます。

そして、先日お引越し前のお隣さんを訪れたのですが、
お二人とも80代で、元気に暮らしていますが病院の予約が取りづらくて
そのことが話題になりました。私のようにブログで訴える場もなく
高齢者の方の声は世間に届きにくいものになってしまっていると感じました。
若い方はビデオ等でリアルな声をSNSに発信できるので、メディアにも届きやすいです。
このジェネレーションのアビリティーの差をフォローしてあげられる人が沢山現れて欲しいと思います・・・。

我が家の場合は、この13年間の間にリストラという影響を4回受けていて
(今もまだ契約延期にはなっていないので、これからのことはわかりませんが・・・)
実際に仕事を離れて次の仕事に就けるまでがどん底で、てんやわんやでした。
ハズバンド君が面接へ行って、その第一次審査がわかるのが10日後、
そのあと2時面接へ進んでその結果がわかるのが10日後・・・といったふうに
選考時間はかかるし、お仕事が始まっても〆日とお給料日の関係で
実際にお金が入ってくるまでまたまた時間がかかります・・・。
だからハズバンド君は夜間の仕事に出稼ぎみたいなことしたり、
わずかながらの貯蓄でなんとかやりくりしてきました。
というわけで、家庭内大不況(笑)が何度もあった我が家としては
世界の大不況に耐えていけるとおもっています。

私にとってはお金の問題よりも精神的に質のよい暮らしができればそれで満足なんです。
この地域では移民で人口が急激にあがって、NHSの予約や検査が本当に受けづらくなっています。
救急車が何時間も来ないとか、乳がんの検査が半年待ちとか・・・日本ではありえない現実があります。
住む地域で病院が決まってくるシステムなので、地域によってはもう飽和状態なので
病院を増やすなりしてが解消されていけばいいなと思っています。


ブラックバードの赤ちゃんやお庭にくる野鳥やリスに囲まれて
小さな幸せはいっぱいあります♪ポジティブに過ごしていきたいです♪
長くなってしまいました。すみません。

| ゆー2010 | 2016/06/30 17:51 | URL |

鍵コメW様

こんにちは!
今回、鍵コメを下さる方が多かったので、イニシャルを使わせていただきますね。
I know と言ってくださて、嬉しかったですよ♪

日本も社会格差が開きつつあるようですよね・・・・
弱者の立場で物事を見てくれる政治家の方が地元の先頭に立ってもらえたらそれが一番ですが、
住民のリアルな声をどこまで次へ持っていってもらえるか、届けられるか・・・が
難しいところですよね。

実は今回私のブログにも批判的なコメント等がくるのかなと覚悟していました。
でも、実際には皆さんから私目線でのお話も聞き入れてもらえて嬉しかったです。
どうもありがとうございます♪

| ゆー2010 | 2016/06/30 18:10 | URL |

ゆーさん、こんにちは!
今回のEU離脱の件は正直よく分かっていなかったのですが…(^_^;)ゞ
ゆーさんの記事を読んで「なるほどな~」と思いました。
そして結婚してイギリスに在住されている他の日本人の方のブログで、明らかにアジア人で移民とは無関係なのに現地の英国人に移民だと勘違いされ罵倒された…という記事を読んで、途端にゆーさんの事が心配になってしまいました…。
なので、今回の結果は私も良かったと思っています。
日本にも悪影響が・・とニュースで言っていますが、そこまで生活が困窮するような影響は無いと思っていますし、何よりイギリスに住まわれる方が当たり前の幸せな生活を送ってもらえる事が何より大切だと思っています。
ゆーさんにとっても住み良い国になってくれる事を切に願います☆
とても勉強になったので、また色んなお話を聞かせてくださいね。
ありがとうございました!

| mi-ko | 2016/06/30 22:33 | URL |

mi-ko さんへ

mi-koさん 心配をしてくださってどうもありがとうございます♪

投票後に人種差別的なひどいニュースが増えましたが
今に始まったことではないので、
ある意味この投票は弱者が受けている具体的な嫌がらせが世間に知れ渡って
人々に理解が得られて良かったのではないかと思います・・・。
もちろん受けたほうは辛いですけれども・・・

私の場合は数年前にカレッジのコース申し込みにお出かけしたときに
真冬に水フウセンを学生さんたちから投げられて凍りついたことがありました。
でも、私はどこの学生さんかをつきとめたくて泣き寝入りはしませんでした。
そこには二つカレッジがあったので、どちらの学生さんかを知る必要がありました・・・。
ランチ休憩で学校から出てきた学生さんは時間までに学校内へ戻らないとならなかったので、
犯人が学校の門を急いで逃げて入っていくのを見つけたとき、私もその門のところまで行ったんです。
オフィスにクレームをつけるか迷って、でも結局その時は家に一度戻りました。
その日の夕方に学校へハズバンドくんから連絡をしてもらったのですが
学校側が最初は驚いたようです。
時間帯を伝えたら防犯カメラに私が写っていたから証拠になりました。
びしょびしょのコートのままで説得感があったのかも?!
それで数人の生徒だということがわかって学校側からお詫びのお手紙がきて
それもナイショにしておいてくださいという意味合いもあったので、私もそのまま事は大きくしませんでした。
これから未来のある若い人だから、これをきっかけに考えてもらえたらという期待があったのと、
そのカレッジに日本人の方が勤めているのを知っていたので、この事はお友達には話したことはありません。

リファレンダム後に、ほらごらんなさいよ、国民投票なんてするからこんなひどいことが起きるのよ!
という人もいるけれど、私はそうではなくてもともと日常に起きていることが
今やっと大きくニュースに取り扱ってもらえて、良かった・・・という感じなんです。

未だにネガティブなことをパプリックに訴えている人もいますが
このピンチ(?)はチャンスにすることもできるわけですから
私はこれからのイギリスがどうなっていくのか楽しみでもあります。
mi-koさんのお言葉にあまえて、いろんな話を長く書いてしまいました。
私は幸せ者です、こんなふうにmi-koさんや皆さんから温かく見守っていただけて♪




| ゆー2010 | 2016/07/01 03:54 | URL |

ゆーさん、こんばんは♪
本当、人間万事塞翁が馬、今のイギリスの状態でしょうね。
それぞれの立場のそれぞれの視点があって、国民投票をすることによって、はっきりとパブリックに見えてきたということでしょうね。

アメリカは移民の国であって、元をただせば、誰もが夢をもって憧れをもって、違う国から、違う文化で、違う言語で、違う肌の色で、それでもなんとかひとつの国としてやっていこうとして成り立った国です。今回オバマ大統領がカナダを訪問したときの、国会スピーチに私は感動しました~。

脱線しました。。。

上のゆーさんのコメントの返信を読んで、自分が住んでいた町ではなかったですが、ちょっと離れている町で道を歩いていたら人種差別的発言を叫ばれたり、唾をはきかけられたりしたことを思い出しました(当たりませんでしたが!怒)。本当に頭にきますよね!!と同時に自分が不当に差別を受ける立場の人種であることを、いつも思い知らされていたことを思い出しました。多分ロンドン近郊以外は何処もにたりよったりの生活だと思います。

ゆーさんはイギリスで家族を大事に思い、幸せをみつけて暮らそうとしていらっしゃるでしょう? そしてご自分の夢を形にされようと努力していらっしゃる。本当にすごいことだなと私いつも思っていますし、尊敬していますよ。

長くなりましたが、ゆーさんが気持ち穏やかにイギリスで暮らせることをいつも祈っています~♡

| wilmslow | 2016/07/02 14:57 | URL | ≫ EDIT

wilmslow さんへ

wilmslowさん こんばんは!
やはり・・・wilmslowさんにもそのような辛い経験があるのですね・・・
今のイギリスは神経質になっているから、もしもwilmslowさんが受けた嫌がらせが昨日今日だったら
これも大きく取り上げられて話題になっていたはずです!
今に始まったことではない差別的なことをこれを機会に人々に気がついてもらって
なくしていってもらいたいですね・・・

私は今のアメリカの移民の受け入れ事情は全くわからないのですが、
まだ簡単ではなさそうなイメージがあります・・・
20年くらい前かな・・・私の叔母と従姉妹がビザをとるのは大変そうでした。
国際弁護士さんとかにも手伝ってもらって
永住権をとるまで時間もお金もかかったと思います。
でも、そのくらい厳しいと、やたらと犯罪者が流れ込むことはないから安心ですよね・・・

今のイギリスはイギリスで犯罪を犯しても
つかまらないうちに自分の国に逃げればいいっておもっているような外国人も多いということ・・・
あとは、犯罪を犯しても、それが犯罪者の国や宗教上では犯罪にはならないと主張するケース・・・
例えば女性が肌を見せて歩いていたから性犯罪を犯してもそれは自分の宗教では自分の罪ではないと言い張る!
嫌だったら肌を隠していればよかったんだ、だから女性側の罪と、被害者なのにひどい言われようです。
こういう犯罪には私は憤りを感じずにはいられません。

英国ではちなみに、最近の犯罪はいちいちどこから来た移民のだれだれとは言わないようにして報道されます。
「アジア系男性」みたいに中東風の人もなぜかひとくくりでアジアになってます。
私からしてみたらやめてほしいです。本当のアジア人男性がそれこそ差別を受けているように感じます。


イギリスの暮らしはどうなることやらですけど、
お金の問題ではなくて、精神的に質のある暮らしがしたいです・・・。
wilmslowさんに応援してもらえて嬉しかったです!頑張りますね!!


| ゆー2010 | 2016/07/03 18:41 | URL |

コメント欄が開いていたのですね。ちょっと勇気が必要だったのでは?(笑)
正直私も最初は何て愚かな判断をイギリス国民はしたのだろうかと思いました。私が住んでいたところでも離脱支持が圧倒的だったと聞きました。でもその見方が変わったのはゆーさんのブログを読んでからです。なるほどと理解できる部分が多く、私も住んでいたら離脱に投票したかもと思いました。

日本のマスコミも、そしてそれを聞いた皆の意見も未だにイギリス国民は良く考えずに投票したと今回の判断に厳しい意見が多いですが、昨日のテレビ番組でイギリスに出向いて色々実態を見てきた橋本徹(元大阪府知事)さんががイギリス国民はそんなバカではない、ちゃんと真剣に考えて今回の判断を下している。移民が引き起こしている問題もひどい状況だ。それにEUの実態は酷いものでそれに反発するイギリス国民の意見は理解できるものである、と力説していました。
偶には彼もいいことを言う。(笑)

落ち着いてきて、少しづつ見方は変わってきているようです。

ただ気になるのは離脱を先導していた指導者たちが次々にその場を去っているようですね。ちょっと無責任に感じるのですが。

それにスコットランド含め各地から独立運動が出てきているのも気になります。

しばらくはイギリスも苦難が続きそうですね。と言うかそれがイギリスらしい所なのかもしれません。将来、あの判断は正しかったと言われるようになってほしいです。

| nik | 2016/07/05 14:39 | URL |

nik さんへ

nikさん こんにちは。
ちょっとというよりも、凄く勇気が必要でしたよ(笑)
私個人のフェイスブックアカウントでは残留派がいろいろな事をかいていましたから
きっとこのブログで私が正直な気持ちを書けば、残留派からの言葉の暴力は避けられないとおもっていました。

現在のイギリスの社会格差がピラミッドだから
今回の国民投票では数でボトム層の声が届いたのだと思いますが、難しい問題ですよね。
現在上の暮らしをしている人々は、もしもこのまま英国が離脱していなかったら
いつしか上層部の学校問題等も大きくなり、居住地域の犯罪が増え、10年後、20年後には
今の私たちが抱えている問題に面していたのでは?!
勝手なセオリーかもしれませんが、今の残留派も20年後は離脱派となっていたのではないかな?
なんて思ったりしてしまいます。
それともアカデミックなバックグラウンドの人達だから、他の国で暮らしやすい場所を見つけられるのかな・・・

日本の番組で橋本さんが英国の生きた国民の声を力説してくれたのですね?
今もしもそのような力説を私が街角でしたら、間違いなくヤリが飛んでくるとおもいます。
離脱派は今はおとなしくしているべきという風潮があります。
(私には投票権はなかったので、私が自分は離脱派というのは説得力ありませんが、気持ちの上では弱者の味方だし、自分も貧しいですから、こちらに入るのですね・・・)


離脱派のリーダーが今回自分のポジションから離れたのは
ご想像できるでしょうが、そうとうな言葉の暴力を浴びてきて、ネットや新聞でもひどく叩かれ
パプリックでは護衛がいないと町なんて歩けない状態だし、
そんな反感を抱かれたままではまとまるべき国民がまとまらないという気持ちにさせられた面も
あるのではないかと思います。
いずれにせよ引き続きリーダーをしていても叩かれるし、やめても逃げたと叩かれるし
だったら、今までのゴシップを全てこのまま引き受けて一歩下がろうと、私だったら思うと思います。

スコットランドの独立運動はまた問題になりそうですね・・・
もしも独立してしまったらユニオンジャックのデザインが変わるんでしょうね・・・。
そこまでしてEUの傘下でいたいのかなと私には不思議に感じてしまいます。

EUが発足した頃と、今現在のEUとでは内容が変わってきているし、
人、モノ、資本が自由に移動できるということがメリットと思うかデメリットと思うかの違いは大きいですね・・・。
例えば今貧しい国から英国へ来て暮らしている家族にとっては、メリットが大きいと思います。
この10年間で相当な数の移民が英国に来ていますが、
質の良い暮らしができて、自国の親や親戚等へ送金ができて幸せであればそれはそれでよいことです。
でも、違った角度から考えて、働き盛りの人口が他国へ流れて貧しい国の働き手人口は減少、
移民の子供達は英国で育ち、自国の言葉はもうよくわからない。
だからこのまま英国で暮らす・・・となったとき、貧しい自国へ帰る人は少ないでしょう・・・。
貧しい国で暮らしづらいと感じる人達が国を離れていくことを助長していると
やがて人が流れ出てその国の本来の文化や伝統さえもが流れ出ていってしまうということですよね?

経済的にはEUはお金を生み出せてよいものなのかもしれませんが、
移動をしなくても、その国で豊かな暮らしができるような政策に切り替えていかないと
貧しい国(という言い方をしてはいけないですけれども)は更に弱い国になっていってしまいます。
私の考え方がおかしくて間違っているのかもしれませんが、
時代と共にグローバル化して行くことは良いことなのかもしれませんが
その裏側でナショナリズムが失われていくことが良いことなのかどうか、
ここが今回の離脱に深く関わっているのではないでしょうか。英国の高齢の方は自分たちの国の事だけで
この結果を選んだわけではなくて、それぞれの国が長く発展していけるようにという気持ちもあったはずです・・・





| ゆー2010 | 2016/07/05 17:23 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yufeb2010.blog48.fc2.com/tb.php/888-de2e64b1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT