夢見るローズガーデン

ガーデニングとインテリアと日々の徒然・・・自由気ままに書いていきます

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

西の魔女が死んだ

皆様 こんにちは。

以前にブロ友の小糸さんから教えてもらった梨木香歩さんの本、
「西の魔女が死んだ」を読んで以来
お庭のワイルドストロベリーパッチをみると本の情景が心に浮かびます・・・

4July2016 023a300

この本はタイトルのごとく死からは避けられない物語ですが
「生き方」を優しく美しくわかりやすく教えてくれるような、
いつか私もこんなふうに孫に大切なことを教えてあげられたら・・・と思うようなお話。


文章や使われている言葉も難しくないので
日本のお子さんであればきっと小学校高学年くらいから読めるお話かと思います。
夏休みの読書感想文で読む本に迷われていたら、お勧めの一冊です!


ここからは
週末に撮りためたお庭の写真たち・・・

たぶんこれは キンシバイ ヒペリカム ヒデコート ?
4July2016 008a300

秋頃に適当に枝を刈ったりする程度で、これといったお手入れもしていないのに
こんなにお花をつけてくれます。
4July2016 004a500



ジュビリーセレブレーション
4July2016 015a300


アジサイが綺麗なシーズンになっていきます・・・

4July2016 001a300

4July2016 012a300

ヒマラヤンハニーサックルはバッサリ切っても元気に伸びてきます・・・
4July2016 024a300

ラベンダー
4July2016 016a300


ティッシュのような薄い花びらのポピーは夕方になると閉じてしまいます・・・
4July2016 018a300


このブラックバードは尻尾が短いのか、ないのかなぁ・・・でもちゃんと飛べるので心配なさそう♪
雛の為に一生懸命えさを集めているんです。
4July2016 038a300

木の茂みの中に上手に巣を作っていて、
雛の姿は見えないのですが、親鳥がエサを持って近づくと鳴き声が聞こえます♪

☆最後まで読んでくださって、どうもありがとうございます☆

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| garden | 06:36 | comments:11 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ゆーさん、
いつもありがとうございます!

ため息が出るほどすてきな写真ばかりです。。。
美しすぎる。

いつか、こんな素敵なブログにしたいです!

癒されました。(#^^#)

| あみ | 2016/07/07 11:35 | URL |

西の魔女が死んだ、私も好きな本です♪
あんなおばあちゃんになりたいって、私も思いました(笑)
私は忙しくて、時々心がなくなりそうなときに、パラパラと読んで、落ち着かせたりします。

この梨木さんの本、「家守綺譚」もいいですよぅ。

6月の終わり頃から、鳥の赤ちゃんが我が家の庭でも飛行の練習をしています♪ 先日は、マッキ―が驚かしてしまって、茂みの中から飛び出て来た雛が、主人に体当たりして、雛も主人も驚いていました(汗)

| wilmslow | 2016/07/07 12:43 | URL | ≫ EDIT

ゆーさん、こんにちは🎵
私も『西の魔女が死んだ』読んだことあります(*'ω'*)
仰る通り、大人も楽しめるけど、子供に読んで欲しい本ですね。

本を読んでていつも思うことは、よく目にする草木や花々でも
名前を知らないから、リアルなイメージを思い浮かべる事が
出来なくて、ぼんやりしたイメージになっちゃうんです(/ω\)
ゆーさんみたいに自分で育てて、名前も沢山知ってると、
本ももっと生き生きとしたイメージで読めるんだろうなぁ(*'ω'*)

ゆーさんのブログで、お花の名前を知ることが多いです(^-^)
いつもゆーさんと、お庭のお花達に癒されてます(^O^)/

| 55スマイル | 2016/07/07 12:44 | URL | ≫ EDIT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2016/07/07 13:50 | |

こんにちは♪
西の魔女はタイトルくらいしか知らなかったのですが、おススメと聞くと気になるので(笑)ちょっと調べてみたのですが、こんな名言があるのですね・・・

『自分が楽に生きられる場所を求めたからといって、後ろめたく思う必要はありませんよ。』

・・・何だか心が救われる気持ちになりました(TwT。)
イギリス人のお婆ちゃんという事で勝手にベニシアさんをイメージしてしまいましたが、
温かい気持ちになれそうな本ですね。私も読んでみたいと思います!

お庭のお花たちが綺麗ですね~♪
ゆーさんのお庭で咲いているアジサイは何ていう品種ですか?
とても綺麗にドライにされているので気になりました(笑)
もし分かれば教えてください☆

| mi-ko | 2016/07/07 16:10 | URL |

あみ さんへ

こんにちは!
こちらそ、いつも褒めてくださってどうもありがとうございます♪
今のお庭はバラのピークは過ぎましたが、
それでも少しお花があって、鳥さんたちが遊びにきて
和やかなムードです。
でも、昨日はめずらしくすごく大きなスズメバチみたいなのが前庭にいて
怖かったです・・・気温があがると珍しい虫が来やすいみたいです・・・。

| ゆー2010 | 2016/07/08 00:20 | URL |

wilmslow さんへ

こんにちは!
wilmslowさんも「西の魔女が死んだ」お好きなのですね~。
確かに心を落ち着かせてくれる本ですね♪
「家守綺譚」、早速オーダーしようと思います!

鳥の赤ちゃんがご主人様に体当たり?!
ほんとうに、どちらもびっくリだったでしょうね(笑)
でもあたたかく見守ってくれるご家族のお庭で飛行訓練できる赤ちゃん、
ラッキーですね♪

| ゆー2010 | 2016/07/08 00:32 | URL |

55スマイル さんへ

こんにちは!
この本、思春期の若い人からおばあちゃんまで
幅広い世代で楽しめて、きっと年齢ごとに違った何かが心に残りそうな気がしました・・・
私がもしも中学生の頃に読んでいたら・・・どんな気持ちになったのかな(笑)

お花はいろんな種類があって覚え切れなくて、
それでブロ友さんが教えてくださる事も多いんです。
この本にはいろんな植物が登場しますね♪

私のほうこそ55スマイルさんから癒しをもらっていますよ。
いつも温かいコメント、ありがとうございます。

| ゆー2010 | 2016/07/08 00:43 | URL |

鍵コメ様

こんにちは!
はい!いつもの記事にもどりましたよ♪

本当に親鳥の健気な姿には感心しきりです。
巣にエサを持って行って、休む間もなくまた探しに行くんです。
ときおりコンポストビンをひっくり返すとみみずがいっぱいでてくるので
わざとトップにおいておきます。

ジュビリーさんおそろいなのですね!
私の子はなんだかいまいち株が充実していなくて、お手入れが下手みたい。
ある方のブログで満開で、沢山のお花をつけている姿を拝見して
本当はこういうふうになるのねぇ?!って驚きました(笑)
イギリスも今は過ごしやすいです。フレンチドアを彼が開けっぱなしにするから
夕方からは寒がりな私はブランケットをひざにかけています(笑)

| ゆー2010 | 2016/07/08 00:49 | URL |

mi-ko さんへ

こんにちは!
この本のおばあさんの口調、丁寧で好きなんです♪
恐らく日本人のおばあちゃんと孫であれば、もっと砕けた言葉づかいになっていたとおもうんです。
でも、外国人が日本語を習うとき、丁寧な言葉遣いで習うから、それがこのおばあちゃんには表れているんですよね・・・
そういう作者のさりげない構成にも奥の深さを感じました。

ベニシアさんってだれかな・・・と調べてみました(笑)
ハーブの研究家でガーデナーさんなのですね♪

私のアジサイはもともとこのお庭にあったものなので
残念ながら品種がわからないんです・・・。
でもmi-koさんのピンクのと似ていると思います!
お庭のアジサイは秋の気温差が関係しているのか、
毎年青みをおびたり、緑や朱がいりまじった感じとか違う色になります。
イギリスは霜から芽を守るためにお花を付けっぱなしにするので
ドライのアジサイは秋に株がダメージを受ないようにバランスをみて切っています♪

| ゆー2010 | 2016/07/08 01:12 | URL |

おはようございます
「西の魔女が死んだ」は私は映画を先に見て
本を買いました。
ドキッとするタイトルですが
内容は心に残るものでした。

丁度、うちの娘も難しい時期で
娘もつれて見に行ったんです。
そのあと、八ヶ岳の撮影された
魔女の家も見てきましたよ。
ワイルドストロベリーの丘でしたっけ?
素敵でしたよね。
それからミントのハーブティーを
虫よけに使うとか 不眠に玉ねぎとか
生活に根付いたハーブの活用も
とても参考になりました♪

うちのお庭は蒸し暑さで花が少なくなりましたが
ゆーさんのお庭は花盛りですね(#^^#)

| 木香*moka | 2016/07/10 06:35 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yufeb2010.blog48.fc2.com/tb.php/889-bed74ce8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT