夢見るローズガーデン

ガーデニングとインテリアと日々の徒然・・・自由気ままに書いていきます

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

古代いにしえの香り?!

今日は先日話題にしたジェントル・ハーマイオニーの香りについてです・・・

デイヴィッド・オースティンのサイトでは、
このバラの香りについてこのように説明してありました。
「強く、温かいオールドローズ香があり、少しミルラの香りがのります」

ふむふむ・・・・

オールドローズと聞けばなんとなく、オーソドックスなバラの香りかな~って
想像できるけど、ミルラの香りって聞いても、ミルラって何?!
って私も実は知らなかったのでちょっと調べました。

簡単に説明すると、
ミルラ(またはミル、Myrrh、)は樹木から分泌される樹脂。没薬(もつやく)とも呼ぶ。

ギリシャ神話や聖書にもこの香りの名前が登場する・・・
古くから香として焚かれたり、鎮静薬としても使われていた・・

そして古代エジプトのミイラ作りでは防腐処理のためにも使われていた!
ミイラの語源はミルラからきている説がある!
ミイラの香りなんですね?!

というわけで、あまり上手に説明できませんでしたが、
紀元前数千年も前から好まれて使われていた歴史ある
古代いにしえの魅惑的な香りとでも申しましょうか・・・

う~ん、だから・・・それってどんな香り?
もう自分で確かめちゃおうという方にはこちら・・・お手に取ってお確かめいただこうかな・・・
           
イングリッシュローズ:ジェントル・ハーマイオニー大苗5号角鉢




にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村

☆今日も応援してくださりありがとうございます!!☆









スポンサーサイト

| 日々の徒然 | 00:08 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ミルラ

おはようございます~♪
ミルラに限らず、オースティン社の説明のフルーツのかおりだとかオールドローズの香りとか、言われても???ばっかりのdreamroseです。
実物をかいでも、バラの香りだ~としか思わない鈍感な鼻はどうしようもないですね。
私はエマハミルトンの香りとガブリエル、あと青バラさんの香りが好きです。

| dreamrose | 2010/02/16 08:00 | URL | ≫ EDIT

香りの調合師

こんにちは
デビット・オースチンのカタログには
香りのことがいろいろ書いてある
ミルラの香りという表現はよく出てくるけど
ヨーロッパでは不思議に当たり前のよう。
香りを調合する専門の人がいる見たいです
7つも8つも香りを感じる人がいて
いろんなことを書くらしい。
ヨーロッパの人(限定しちゃうと失礼だけど)
日本のようなお風呂の週間がなくて
体が臭いらしい、ヨーロッパの人からは
日本人は臭いらしいけど。
なのでけっこう香りというなんていうのかな
香水みたいなものが発達したらしい。
オールドローズの香りというのはよくわかる
実際うちにもオールドがあって、100メートルくらい
離れていても感じる甘い香り、となっちゃうので
私もあまり香りを感じないんです。

小山内健さんみたいに香りでバラの名前が
わかるようになりたいです。

| さをり | 2010/02/16 09:40 | URL |

No title

フルーツ香が一番分かりやすいちいです^^
ミルラ・・・初めてこの香りを知った時に 
ミムラって勘違いしちゃって 
誰?・・・(汗)
しばらくこの状態だったけど
フムフム・・なるほどぉ~^^
ミイラの香りなんですねぇ~



| ちい | 2010/02/16 10:37 | URL |

No title

素晴らしい解説ありがとう!
そのうえミイラの語源までお勉強できました。
やはり薔薇にまつわるどんなお話も
どこかロマンチックな香りがしますね。
ん?
ロマンチックな香り?
いったいどんな香りでしょうね
v-266

| はるすみ | 2010/02/16 17:33 | URL | ≫ EDIT

dreamroseさんへ

確かに、オースティン社の説明ってハテナってことありますね(笑)
ちょっとラズベリーの香りとか、ちょっとバナナの香り
なんていわれると、どんなだろう~って興味わいちゃいますよね!

| ゆー2010 | 2010/02/16 23:08 | URL |

さをりさんへ

そういえば、(おお)昔、中学の頃に、先生から聞いたことがありました!
フランスの王宮とかで貴族たちが毎晩のように晩餐会をしていて
お風呂なんてはいらないから、体臭が臭くて、
それをごまかすために香水が発達した!みたいなこと!!
臭いを匂いでごまかすなんてー?!って日本人からはありえませんよね!

| ゆー2010 | 2010/02/16 23:13 | URL |

ちいさんへ

ちいさん、面白いです、ミムラを勘違いしちゃったコト(笑)
でもミルラって、日本語で聞いててあまり聞きなれた言葉じゃないですよねー。私は匂いに名前があったのかぁってカンジでした・・・。

| ゆー2010 | 2010/02/16 23:18 | URL |

はるすみさんへ

私もまさかミルラの香りのお話がミイラにまで繋がるとは
思ってもいなかったので、楽しい発見でした!
きっとはるすみさんが疑問を問いかけてくれなかったら、
しらなかった「へぇぇぇぇぇーー」なお話だったとおもいます。
そうですね!ロマンティックな香りですよ!

| ゆー2010 | 2010/02/16 23:22 | URL |

おはようございます

おはようございます♪
コメントありがとうございました。

ミルラの香りと聞くと、ミイラの香り?と本の解説を読み違えていましたが、強ち間違ってはいなかったのですね^^;

最近よくいく園芸店の店長さんがデルバールのナエマの香りを三矢サイダーの香りと言われるのですが、
そう聞くとちょっと安っぽく感じるのは私だけかしら。
本の解説だとピーチ・杏などのフルーツの香りとなっています。

| 初桜☆彡 | 2010/02/17 09:27 | URL |

No title

とても、分かりやすい解説ですね!すらすらと読んじゃえました。
香りで楽しむのもこれまた楽しいですね(^^♪
香りや花姿って、今その人の心情や環境で常に変わってとらえられるものですよね(^^)

そこもまた楽しさでもあり、美しさでもあり・・・ハマってしまう大きな理由のような。。

勉強になります~( ..)φメモメモ

| anemone1225 | 2010/02/17 09:27 | URL |

初桜☆彡さんへ

ナエマが三つやサイダーの香り?!
それは惹かれますね~。爽やかでスッキリする感じということかな。
バラの良いところは見た目に美しいだけでなく
香りがいいところですよね!
それにしてもナエマが気になる!

| ゆー2010 | 2010/02/18 07:21 | URL |

anemone1225さんへ

今回は私も新しい発見ができて自己満足でした(笑)
バラの香りも好きですが、私はフリージアやチューリップも好きです。
とくにチューリップは子供時代を思い出します。
お庭に咲いていたからかな・・・
私は香りから懐かしい昔を思い出すことが多いんです。
それだけ年とっていて思い出が多いってことかな~。

| ゆー2010 | 2010/02/18 07:28 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yufeb2010.blog48.fc2.com/tb.php/9-4ab241bb

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT